忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

FBI失踪者を追え!3#23「暗殺者の素顔」

ガンバ将軍、反乱軍からみると悪人らしい。
でもガンバだよ。
♪しっぽを立てろ〜、ほっほっほ〜、ほっほっほ〜(笑)

リサーチ会社勤務のペイジ・ホブソンが、刑事がたずねてきたのを見て慌てて失踪。
彼は偽刑事だった。
人権や環境保護活動に熱心だったペイジは、高校生ジュリアの妊娠相談にも親身に耳を傾けていた。
失踪前、そのジュリアに大金を手渡していた。
帯封からおろした銀行を突き止めると、それが偽名の口座と判明。
ペイジは何に関わっていたのか…。

ペイジが本当に殺したかったのはガンバ将軍ではなく、側近の男の方だと信じたい。
でも彼女の口から「彼を殺しても何も変わらない」と聞いちゃったしなあ。
人権保護には熱心だったけれどそれとテロ活動をイコールにはしてなかったんじゃないのかな。
そこを恋愛をからめてプチ洗脳(言い過ぎかな?)したのがアディーサ。
制圧されているマキーバの人々を助けるために、金をかすめては送金。
しかしアディーサがその金で計画したのはガンバ将軍の暗殺。
「どんなことに使われるか知らなくても気づいていたはず」はずるい言葉だ。
フィルターかけられちゃったペイジの目を期待したってことでしょ。
反乱軍に加担していると見られ、逃げようとすると可愛がっていた高校生ジュリアを殺害して誘き出される。
このジュリアの死がペイジの「きっかけ」。
これがなければ反乱軍の意に沿う行動をとったとは思えない。

後味はよくないけれど、事件は解決。
マーティンとダニーがアディーサを護送して終了、という時前方のバンの後ろ扉が開き、護送中の車に銃を乱射。
アディーサへの報復に巻き込まれた二人の運命は…?

えっ?という一瞬のクリフハンガー。
ダニーさん、油断しすぎでは?おうちに帰るまでが…ですよ。
てっきりヴィヴィアンの手術で引っぱられると思っていたので、インパクトありました。

ヴィヴィアンといえば、ジャックは旦那さんよりおろおろ。
夢とはいえ殺しちゃったことに罪悪感でもあったのかな?(笑)
「来ないでって言ったのに」「ごめん」って感じがお母ちゃんと子どもそのもの。
手術は成功したので来期は元気なヴィヴィアン登場ですね。
あとはマーティンとダニーだ。
きっと防弾チョッキも着てないぞ。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Anne
  • URL
  • 2007/09/21(Fri)12:34
  • Edit
こんにちは!
わたしも絶対にヴィヴの手術でクリフハンガーを
仕掛けてくるな…と思っていたので、今回の攻撃は、
油断した隙を疲れたというか、思いがけない終わり方でした。
ペイジがいい子だっただけに、彼女の通らなければならなかった道が、
なんとも気の毒です。そしてガンバ将軍という名前…
なんか日本人的には力が抜けるような。
TBさせていただきます。

無題

  • by まめ
  • URL
  • 2007/09/21(Fri)19:50
  • Edit
ガンバ、何かかわいい名前だな、と思っていました(笑)
そして、夢のお告げに、余計な行動おこしまくりのジャックに大爆笑。
そりゃそうだよ。手術前の病室なんて、一番近い家族が入るところじゃないか(^^;
そんなときでも、やさしいヴィヴは、おっきい人です。
こんな人を、夢でも殺したなんていえませんね!(爆)

あぁ、ほんとダニーったら、護送中に無事終わったじゃないでしょう!(^^;
シーズン4の1話を知っている私にも、
とんでもなくインパクトあるエンディングでしたよ〜(TT)
あとは、無事吹き替え版をNHKで4月からみられることを祈るばかりです!

無題

  • by atsumi
  • URL
  • 2007/09/21(Fri)21:13
  • Edit
ガンバ、私にとっては『今季は調子いいよね〜っ、赤組を蹴散らせー』なのでした。もう一つのガンバはyasishiさん、ヒットです!
えーときっとフロントグラスが防弾仕様になっててーなわけないか。
容疑者移送の割にはのほほんとした道中でしたよね。黒いワンボックスカーは不吉だー。

無題

  • by さとうさんた
  • URL
  • 2007/09/21(Fri)22:53
  • Edit
>ダニーさん、油断しすぎでは?おうちに帰るまでが…ですよ。
笑! 二人ともまったりしちゃっていましたよね〜任務中なのに。

生きているとは思うんですが、S4最初から包帯ぐるぐる巻きとか痛々しい姿だったらどうしましょ・・と心配しています。

ガンバ将軍、私はサッカーチームを連想していました。(笑)

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2007/09/22(Sat)01:04
  • Edit
私にとってもガンバ将軍は大阪人です(笑)
失踪者がCSI
確かにリンジーなら思い込んだとたん銃を構えちゃうかもしれないけれど。

しっかり和ませておいてラストに一瞬のクリフハンガーは秀逸なエンディングだったと思います。

無題

  • by りり・か
  • URL
  • 2007/09/22(Sat)07:57
  • Edit
こんにちは!
前回のジャック夢物語でずいぶん油断していたのでビックリでした。
シーズン4があるのできっとお二人さんは大丈夫なんだろうけれども相当の重傷ですよねきっと。シーズン4の1話目がぜったい見逃せないですね。
やっぱり“ガンバ”なのですね。この名前はやっぱりガンバ大阪を連想してしますね。
こんな重い話でもちゃんと笑いをくれるジャックに天晴れです。(笑)

無題

  • by yasishi
  • 2007/09/22(Sat)10:16
  • Edit
みなさん、ガンバはサッカーなんだ…(笑)。

◇Anneさんへ
心臓動かなかったりしましたからね、あれで「ヴィヴィアンどうなるの?」と終わらせる気か?と思ってしまいますよ。
ペイジの信じていることを利用された感じがして空しいような…。
永住権欲しさの方がよかった気がしてしまいます。


◇まめさんへ
ジャック、手術関係者の誰よりもあたふたしてましたよね。
夢のせいで相当焦ってたんでしょうか。
ヴィヴィアンは「困った子だね〜」と再認識したことでしょう。
ダニーさんにしてはツメが甘いですよね。
あのセリフがマーティンのものだったら仕方ない気もしますが(笑)。
まめさんのところのS4#1の紹介、NHKを信じて我慢しました。


◇atsumiさんへ
やっぱりサッカーに関心ないからガンバの冒険なのかな?
ドラマ中、ずっと頭の中を歌が渦巻いてました。
護送する車はきっと装備も厳重なはず、防弾仕様になっててもいいと思います。
降りるなよ〜と祈ってます。

無題

  • by yasishi
  • 2007/09/22(Sat)10:27
  • Edit
◇さとうさんたさんへ
ダニーさんらしくない油断です。
マーティンと入れ替わっちゃったみたいです。
死んだりしないとは思いますが、マーティンもダニーさんも怪我したら失踪班はジャックとサムだけですよ。
いろんな意味でとても心配です(笑)。


◇Garotoさんへ
>一瞬のクリフハンガーは秀逸なエンディング
同じ銃撃クリフハンガーなのに、比べずにはいられないですよ。
そうか、リンジーはもともとNYにいたんだ〜と脳内物語は膨らみましたが、この結末は…。
結果としてテロへ加担してしまいましたが、根本は高校生の仇だったと思いたいです。


◇りり・かさんへ
ジャックはボスなのに、お笑い担当でいいのでしょうか?
きっとS4の#1は目覚めたジャックに会えるんじゃないかな〜と期待したいです。
ガンバはやっぱりサッカーで大阪なのですね。
年のせいですか?

TRACKBACK

Trackback URL:

FBI失踪者を追え!3-#23.暗殺者の素顔

  • URL
  • 2007/09/21(Fri)
WITHOUT A TRACES3-#23.Endgame*ネタバレあります。*エピソードガイドは、週明けになってしまいますが、こりゃ〜週明けまで待っていられるか!みなさん...

WATS3 「暗殺者の素顔」

  • URL
  • 2007/09/22(Sat)
怒涛のごとく訪れるシーズンファイナル。 今週は3本目か・・・ でWATの場合はプチ・クリフハンガー。 ずっとヴィヴの手術の事で不安感を引っ張っておいて 手術成功でほっと一安心と...

FBI失踪者を追え!3 第23話「暗殺者の素顔」/Endgame

  • URL
  • 2007/09/22(Sat)
シーズン最終話 前回のジャックの夢物語のおかげでジャックが出てくるたびに頬緩みっぱなしで見ていたら、最終回はまじめなお話でした。単なる個人的な失踪ではなく重いストーリー...

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]