忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

殺人の追憶

殺人の追憶
アミューズソフトエンタテインメント
ソン・ガンホ(俳優)キム・サンギョン(俳優)キム・レハ(俳優)ソン・ジェホ(俳優)ポン・ジュノ(監督)
発売日:2006-06-23
おすすめ度:4.5

ある村で女性の連続殺人が発生。ソウルから助っ人刑事がやってくるが地元の刑事(ソン・ガンホ)と捜査方法で対立。対立してる間に殺人を重ねる犯人。そして有力容疑者が浮かび上がるが…。

実際にあった未解決の女性連続殺人事件が元になっているとか。戒厳令下だったという時代背景も事件の恐ろしさを際立たせている。連続殺人もそうだが、田舎刑事の尋問という名の拷問のすさまじさ。証拠のでっちあげ、自白の強要、ソウルの刑事が止めに入らなければ冤罪まっしぐら。こうやって無実の罪で服役している人がいるのかと考えると二重に恐ろしい。村民の安心を考えた結果、という見方もできるけれど。
「書類は嘘をつかない」とこだわり冷静な判断をしてきたソウルから来た刑事が、真犯人だと確信のある男をその書類のせいで逮捕できないと知った時の落胆、刑事としての道を踏み外しかけたのを引き止めたのが自白の強要を厭わなかった田舎刑事。ここは見所だった。
CSI等を見ていると、この容疑者は二つのDNAを持つ特異体質だったのかな?という想像もできるが、なにせ1986年のソウル、DNA鑑定だってアメリカに依頼しているくらいだもの。
未解決事件らしい恐ろしいラストに言葉もありません。

映画情報番組か何かで見たソン・ガンホの飛び蹴りはやはり秀逸。この人、役作りは一切しない、カメラが回る直前まで普通の話をしていると聞いたことがある。天才なのかな?

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2007/12/13(Thu)19:31
  • Edit
早速こちらにお邪魔します♪お引越しお疲れ様でした。
こちらでもまたよろしくお願いします。

映画館で観ましたが、最後までどっぷりと作品の中に浸って観ていました。韓国映画らしいなと思いつつ。
ガンホ様(いろいろな意味で偉大な方なので様づけです)ってどんなキャラクターでも演じられるのがすごいです。そして親しみがもてるところが素敵だなと思います。

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2007/12/14 09:07
いろんな意味ですごい映画でした。冤罪は許せないですが、戒厳令下の田舎での猟奇的殺人、とりあえずの安心を求める気持ちもわからないでもないです。でも、ガンホ様(笑)はそんな深いこと考えていそうもなかったですけどね。
ガンホ様は二つに分ければブサイクさんだと思いますが、役によってハンサムにも見えるから不思議です。シュリやJSAはハンサムでしたよね。あれで役作りをしてないなんて。照れ隠しでしょうか。

こちらにもお邪魔します♪

  • by めみ
  • URL
  • 2007/12/13(Thu)21:20
  • Edit
偶然にも、先週、DVDで見ました!
残酷な事件を扱っているのに、なぜかユーモラスな空気が漂っていて、そのバランスが絶妙でした。
何よりも、ラストのガンホの表情!
素晴らしかったです。

Re:こちらにもお邪魔します♪

  • by カクテキ
  • 2007/12/14 09:16
DVDで見ましたか。私は年末の録画ラッシュに備えてHDDの整理を兼ねました。ちなみにリスト№1でした。いつ録画したのでしょ(笑)。
恐ろしさを物語るラストの表情、最高でした。飛び蹴りと並ぶ名シーンです。役作りをしないというのは本当なのか疑いますね。

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]