忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

CSI:NY3#4「見せしめ」

大学寮パーティーで首なし逆さ吊り死体が発見される。
頭部は後にTシャツにくるまれ公園で見つかり、間をおかず第二の被害者が目玉をくりぬかれ寄りかからせた木に眼窩から止め具を打ち付けて固定されていた。
両被害者とも暗号の隠されたTシャツを着せられており、解読していくと次なるターゲットは元検死官のホークス先生…?

今回のエピソードを一言で片付けると「大学寮って…」だな(笑)。
これは「異常犯罪捜査班」で扱ってもらいたい。ジャック・ヘイルには解決できないかもしれないけど。
ギリシャ神話をモチーフとかまさにあそこで扱いそうな事件だ。
こっちの犯人には兄を自殺に追い込んだ復讐という理由があったわけだけど。
第三の被害者(未遂)はホークス先生ではなく居眠り弁護士、つまり犯人には被害者たちは安易に兄を終身刑へ導いた悪人だった、という理屈。
マックが暗号を解読し犯人を捕らえたが、なんと逃走。遣り残した仕事をしに舞い戻ってくるのだろうか。
で、大問題なのがこの兄ちゃん想いの弟犯人シェーンがかつて美少年と呼ばれたEdward Furlong(別にファンではない。知識として知ってるだけ)。
顔の造作はそりゃ美しいのでしょうが、ドンちゃんに追われて逃げる姿は「…逃げ切れないな…」と私にもわかる悲惨な状態。は、腹が…!彼に逃げられちゃった警察官はクビだな(笑)。
IMDbによると本当にまた出てくるようだ(ついでにドンちゃんの人よりも一つ年上というのもびっくり)。
ホークス先生を狙いにくるのかな。言い掛りにしか思えないけど。

今日のドンちゃんは、例の見せ場はなし。その代わり、逃げる犯人にタックルして捕獲♪
それなのに手錠をかけたのはダニー(怒)。刑事さんに任せて下さい。
ダニーの目も犯人シェーンを「唯一まとも」というくらいドンちゃんといい勝負だとわかったのは収穫。腰みの姿に速攻後悔してたけど。「唯一まとも」は「酔ってない」って意味だったのかな?

以前の事件で娘と同じ年頃の少女の死体に胸を痛めるシドに少しがっかり(注:家庭があることに)したが、離婚経験者と判明し何だかほっとしてみたり(笑)。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by びち
  • URL
  • 2008/01/28(Mon)10:25
  • Edit
今回だって娘さんと同じくらいの女の子なのに、シドは楽しそうでしたねぇ。
ホークス先生は、検死官=変人と思われるのがいやなんでしょうか?
一生懸命シドを抑制してますね。面白いです。
ドンちゃん、今回は逮捕だと思ったのに、あの控えめな態度は問題かも。
残念だけど、ドンちゃんって足あんまり早く見えないですよね。
犯人を追うシーンがあると、ドキドキします。転んじゃいそうで、、、その後泣いちゃいそうで、、、爆
ジャック・ヘイルは、変人に対して天才なので、シェーンを見たら犯人だと直感するはず。
理由もなく、あいつが犯人だ!で、即逮捕だろうな。笑
TBさせていただきます。

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2008/01/30 10:37
びちさん、こんにちは。
必死でシドを押さえるホークス先生は、検死を離れて初めて自分のへんてこさに気がついたのでしょうか。
>ドンちゃんって足あんまり早く見えないですよね
あまり気にしてなかったうえに、今回は犯人があれで逃げられると思っている姿に圧倒され(笑)またもやノーマークでした。
今度は走るドンちゃんを見逃さないようにしないと。
>ジャック・ヘイルは、変人に対して天才なので
理論も何もあったもんじゃないですよね、彼は。
そこが異常犯罪捜査班たるところなのでしょうが。

無題

  • by Anne
  • URL
  • 2008/01/29(Tue)12:05
  • Edit
カクテキさん、こんにちは。
今回の死体のグロさはうえぇ~っと思いましたが、
事件そのものはおもしろくて、食いついてみちゃいました。
マックも頭のいいところを見せていたし、よかった。
この事件に決着がつくのは、いつ頃なんでしょう。
続きがとても気になります。シドについては…。
やっぱり死体オタクなあたりが離婚の原因でしょうか?

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2008/01/30 10:55
Anneさん、こんにちは。
もう見せしめで殺すのが目的ですから、ひどいのなんの。
ちょっと前に目玉ショックが続きましたが、今回は眼に突き刺したものがあったので覚悟できていたのでいくらか大丈夫でした。
でもマック、手の中で弄ぶようなしぐさしてませんでした?(笑)
>シド
検死官はどうしてもそうなっちゃうのでしょうか。
自分だって相当だったくせに今はシドを抑えようとするホークス先生も何だか変です。

追いつきました

  • by うな
  • URL
  • 2008/01/29(Tue)20:11
  • Edit
カクテキさん、こんばんは。
やっと追いつきました。4話イッキ見。はぁはぁ。
ホークス先生、シリーズの最初の頃は自由に変人ぶりを発揮していたのに、シドにはそれを許さないって可笑しいですね。今はすっかり捜査官だけど、骨を煮たりしてた頃が懐かしくないのかな。
シェーンってエドワード・ファーロングだったんですね。
顔はかわいいまんまだけど、太っちゃったからわからなかった~。

>刑事さんに任せて下さい
ホントですね(笑)そこはドンちゃんにやらせてあげてー。

Re:追いつきました

  • by カクテキ
  • 2008/01/30 10:58
うなさん、こんにちは。
4話一気はたいへんだ!へんちくりん事件に酔いませんでしたか?
自分の変人さ加減を忘れてしまったかのようにシドをたしなめるホークス先生って、それがもう変ですよね。
それもこれもNYということでしょうか(笑)。
シェーンの人、俳優さんに思いいれはないのですが美少年といわれていたことは覚えているのであの逃走シーンの腹の揺れにはショックでした。
おかげでドンちゃんの走るシーンの危なっかしさを見逃してしまいました。

TRACKBACK

Trackback URL:

CSI:NY3 #4「見せしめ」

  • URL
  • 2008/01/28(Mon)
 大学のパーティー会場で、首なしで照明に逆さまに吊されている死体が発見される。彼女の首はバーナーで切られていた。パーティー会場にい...

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]