忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

タッチング・イーブル #1・2「神の目 前後編」&#3「危うい炎」

捜査中に頭部に銃撃を受けたクリーガンがOSC(連続犯罪捜査担当らしい)捜査官として捜査に復帰。銃撃の後遺症か感情のコントロールに問題を抱えるクリーガンの型破りな捜査方法に相棒のブランカやチームの仲間は戸惑いを隠せない。

試しに見てみたら早速容疑者としてZeljko Ivanek(以下ゼルさん)が登場。ゼルさん強化週間だ♪
しかし事件の解決方法は…あれでいいのか?結果的に犯人が自殺したうえに誘拐された子どもたちも助かったけど。あ、これも問題だった。クリーガン、子どもたちを見つけた途端諦めちゃって泣き出してたけれどまず生死を確認しなくちゃ。
犯人、銃で自殺したらしいがついこの前のCSI:NYで「拳銃自殺で銃を握ったままなのは珍しい」と聞いたばかりなのでその後の膨らみを期待したのに何もなかったというのも肩透かしの原因か。

「危うい炎」の方も、動きが鈍くなってる妊婦がガソリンまくのを黙って見ていたらいけないと思う(笑)。
百歩譲って目の前で眠らされている人を守るためとしても睡眠薬を受け取る時とか火傷を負う前にかなりチャンスはあったはず。
ブランカも何してたんだ。まだ意志の疎通ができていないということか。

クリーガンの抱える闇が見え隠れするところがないと、捜査だけ見ていると「異常犯罪捜査班」のよう。ゼルさんの車から降り際につばを吐きかけ「だっせー車!」と言い捨てるのも含めて(笑)。
きっとクリーガンを見るドラマなのかもしれない。もう少し見てみよう。
前回ゼルさん、今回シリンガーの息子(犯人ではない)と、捜査モノはゲストが楽しかったりするから。

あと気になるのはクリーガンのお友だちシリルの人の眼球運動だ。あれは演技ではないですよね?

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

クリーガンを楽しむドラマ!

  • by ろびん
  • URL
  • 2008/04/24(Thu)15:28
  • Edit
たびたび失礼します。
カクテキさんが書かれているようにクリーガンを楽しむ
ドラマなのでしょうね。
もっと早く犯人を捕まえられていましたよね…。
何も両足火傷を負うことはなかったのに…と思っていました。

クリーガンのお友だちの俳優さん、他の映画などでも
瞳を動かしていたのを見ました。ご病気なのかもしれませんね。
技だったら凄いです!

Re:クリーガンを楽しむドラマ!

  • by カクテキ
  • 2008/04/25 13:06
>もっと早く犯人を捕まえられていましたよね
チャンスを逃すクリーガンでしたよね。
そんな穴だらけの捜査ばかりが気になってどうしようかな…と思えてきました。
>クリーガンのお友だちの俳優さん
他の作品でもそうでしたか。ご病気だとしたら不自由はないのかしら?とまた気になることが増えてしまいました。

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]