忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

CSI:NY3 #17「ノアの方舟」

紙幣に埋もれた男の射殺事件
被害者は世界の終わりを説いており、庭には動物と人間のカップルを乗せた方舟があった。しかしこの男はいくつもの名前を使い分ける詐欺師として手配されていた。今回も「方舟に乗るには夫婦で10万ドル」という多額の詐欺だったのか?詐欺だとすると本物の方舟と動物たちの乗船の理由は…?
方舟も詐欺だとすると資金使いすぎ。これは本物なのでした。
精神に異常をきたしたとか心底改心したとかではなく、手術の器具の置忘れが脳に影響したとか。
終末を唱えるのは行き過ぎかもしれないけれど、かつての詐欺の被害者にお詫びの印に無料で受け入れますとか人としての心は取り戻せていたわけでいいのやら悪いのやら。
札に埋もれていた真相は、昔の相棒が「足を洗うなんて許せない」と来たので手切れ金として乗船者から受け取ったのを渡したらそれが偽札、騙されたと思った元相棒が怒りに任せて射殺。
どうして信仰心の篤い乗船希望者が大量の偽札を持っていたかというと警察の払い下げの車を買ったらいろんなところに隠してあり神の思し召しだと思ったそうです。悪意はゼロのようです。つまり警察の手抜かりですね。

タバコの気ぐるみ男性事件
タバコ会社の前で嫌煙運動をしていた気ぐるみ男が何者かに火をつけられ落下して死亡。彼の素性もわからないでいたが会社に乗り込んできた奥さんの言葉からタバコ会社の宣伝担当社員と判明。タバコ会社社員が何故嫌煙運動を?と疑問は増えるが新商品の逆宣伝だった。会社は殺しには無関係。では犯人は…?
気ぐるみ労働者の組合を作ろうと働きかけていたドラキュラが話を聞こうともしないタバコさんの心変わりを期待しての行動が死につながったということでした。
同じように相手にしなかったら首に噛み付かれたコスチュームウェイトレスの証言で判明。NYらしいとしかいいようがない(笑)。
タバコ1本に含まれるニコチンを少なくしても喫煙者は今まで取り込んでいた分を欲しくなる。結果的にタバコの本数が増える=収益アップという図式なのか。商売なんだろうけれど吸わないものにはわからない世界だ。
思いっきりテレビで糾弾できるってのもすごいけど。

冒頭でステラはHIV感染の可能性の経緯をマックに白状。しかしシドの緊急事態に人工呼吸。
涙ながらに謝罪するステラにシドは医者らしく感染の可能性はゼロに近いこと、それよりも命を救ってくれたことの感謝を告げるのでした。
NYはみんな大人で見ていて安心できる。
そして唯一お子様っぽい人は何だか目立たなく、2週続けて寂しくなりました。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by josetangel
  • URL
  • 2008/04/30(Wed)18:10
  • Edit
NYは扱うテーマ自体が「この世の終わり」的な感じなので、この回の事件はまさにぴったり。しかも動物付き。(笑)
タバコは公共の場でどんどん閉め出されているけれど、吸う人はやはり多いと言うことでしょうね。会社がなくなることはなさそうです。
HIV感染の報告については、一時ほどは話題にならなくなりましたけど、警察内での内規みたいなものはないのでしょうか。やはり危険はつきものですよね。

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2008/05/01 10:04
>NYは扱うテーマ自体が「この世の終わり」的な感じ
とんでもない事件だな、といつも思ってますがそうか、「この世の終わり」だからなのですね。
あえてそういう事件を選んでいるのだと思えば納得です。
タバコって不思議ですよね。ここまで糾弾されているのに会社としては大企業のままなんて。
依存性が高いというのがデータよりも信憑性があるように思えます。

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]