忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

約三十の嘘

約三十の嘘 特別版

こっちに引っ越してきて、初めて映画のことを書きます。なかなか見る機会がなくて困りものです。

詐欺師5人が集結。3年前に組んだ仕事で金を持ち逃げされて以来らしい。
粗悪寝具を売りつけるために、列車で目的地へと向かうが、途中から3年前の失敗の原因である女が合流。
粗悪品販売は成功するが、帰りの車中で金を入れたトランクが紛失する。お互いを疑うのだが、そこはみんな詐欺師。何が本当で嘘なのか、わからない。
犯人を捜す過程で、この6人の人間関係が伝わってくる。恋愛感情、それを超越した仲間意識。
恋愛感情を持ち込むと、ちょっと甘すぎる気がしないでもないけれど、あれがないとこの騙し合いが成立しなかったのかもしれない。
ほとんどが列車内。限られた人間、空間で見せてくれます。
CKBの音楽もカッコ良く、面白かった。
日本の映画って、最近の若手俳優がボソボソ喋るのが聞き辛くて敬遠してますが、これはそんなことなくて良かったな。
田辺誠一さん演ずる詐欺師が、牧場経営なんて胡散臭そうなパンフレットをうっとり見ているシーンがお気に入り。あんた詐欺師だろ、しっかりしろよ!と突っ込みました。

この映画、脚本が土田英生さんだということで気になってました。
舞台の脚本を書かれているそうですが、知りませんでした。
出会いは図書館の新しく入った本のコーナーに燦然と輝く、自家中毒という本。土田さんの、お悩み相談という体裁のエッセイ。
全く知らない人なのに、何故かこの本が私を呼ぶので借りたところ、とても面白かったのです。
それ以来、気になり続けていました。ツッチャーの映画だ、と。
ついでに本も紹介。

自家中毒―ある劇作家の肖像

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]