忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「第一容疑者」の記事一覧

第一容疑者「消えた幼児」

朝、ベビーシッターがスーザンの家を訪れると頭から血を流して床に倒れているスーザンを発見。家を調べると生後14ヶ月のヴィッキーの姿が消えていた。スーザンはシングルマザー、身代金目的でもなさそうなことから、性犯罪者や子ども欲しさの両面からの捜査を始める。

おそらくテニスンは中絶手術を受けた直後でこの事件を担当することが心にこたえている、という設定のよう。
近くに住む小児性愛者を詰問し、犯人と決め付けている捜査に圧倒されたけど。
男が押し入った、公園で不審な男を見た、というスーザンからの情報だけで捜査していることを誰も不思議に思わなかったのかしら?と思っていたら案の定だ。
だいたい、スーザンの家を捜査している気配がなかったものな。
赤ちゃんの夜泣きに疲れふつうでない精神状態のスーザンが、川に投げ捨てたのが真相。「行ったら死んでいた」というのを信じてあげられるかどうか…。
スーザンの証言・面通しだけを元に追及されることになった男は不幸だ。
過去に逮捕歴があったとはいえ、今は工場で地道に働いていたものを。もうあの家族とは暮らせないな。
しかし、精神科医の診察ビデオを見ると犯罪を未然に防げたのかもという気がする。やってもいないことで裁かれるのは違うけど。
小児性愛者は病気だということが裏付けられるような告白ビデオ。「好きな子といられるならたいていのことは我慢できる」と悪びれずに語る様は恐ろしすぎる。子連れの女性と恋愛してるふりをするってことでしょ。
このビデオに異常に反応してしまったマディマン。自身の辛い経験を思い出し、診察ビデオで嘘の証言を誘い出してしまう。
そんな過去は唐突過ぎる気もするけれど「(性的虐待の経験者が)みんな犯罪者になるわけではない!」と強い口調で語ったことに、逸脱した行動の理由が隠されていたとは。もうこれでマディマンはおしまいかな。
審問会らしきものを待つ彼にテニスンも言葉くらいかけてあげればいいのに。
今回から1話完結形式で、声優陣も微妙に変化。テニスンはともかく、ハスコンズが老け声になってしまいがっかり。

拍手

PR

第一容疑者3 後編

オトリーの極秘捜査からパーカー・ジョーンズが以前の勤務先で性的虐待の容疑で取り調べられていたことが判明。当時訴えた少年に話を聞くと、警察に出向いたら私服の刑事に別室に連れて行かれ、そこで虐待を受け訴えを取り下げるよう脅されたという。パーカー・ジョーンズと警察幹部とのつながりが見えてきたところへ、上司から警察幹部の追及は止めるようお達しが出る。「コニーを殺した犯人を捕まえたいだけ」と譲らないテニスンだったが警視正の席に空きができるという情報を自らアピールしなんとなくそういうことに。

ジョーンズとつながりのあった元幹部はとっくにそういう少年愛好家組織の一人としてお咎めを受けていた。世間に知られたくない警察は内々で済ませることにして両者円満のはずだった。
ダルトン投入はそれをテニスンに嗅ぎつけられては困るから。
最初から情報を出してもらえれば遠回りすることなく解決できただろうに。
虐待事件の真相を告白した青年は飛び降り自殺未遂、ジョーンズから逮捕されれば洗いざらい話すとでも聞かされたのか元幹部は自殺、自分が殺してしまったと思い込んだベラは自殺未遂、これらの不幸な出来事は防げたはず。
テニスンとの会話でベラがいつも怯えているのはジャクソンを恐れているのではなく、自分が灰皿で殴ったことがコニーの死因だと思っていたせい。
嘘をつき続けていたのだから責められるのは当然、でも「私のことが好きなわけじゃなかったのね」という言葉は寂しすぎた。テニスンが死因を明らかにしてあげていれば、と思うと。
灰皿で殴った理由も「二度と会えない大切な家族の写真を盗られたから」だもの。女性になりたいことを家族に受け入れてもらえなかった哀しみを物語っている。それを踏み躙った女性記者の手癖も事件の引き金だったとはね。
1や2とちょっと違うのはいくつものことが重なって殺人がおきたということ。
そのせいか、コニーの背景が弱かった感じ。金欲しさのしたたかさしか伝わってこなかった。
1も2もとりあえず犯人逮捕できたけれど、今回は逮捕すらできなかった。
「警視正の席はオアズケね」というテニスンに部長は「そうでもない」。評価してるんだか釣りエサなんだか。
上昇志向のかなり強いテニスンもあまり好きじゃないな。子どもを産まない決心をそこに置き換えてるのかもしれないけど。
HIVの少年に手を噛まれたダルトン、親身になってくれた彼女に応えるように捜査が元幹部にたどり着かないようにするのが任務だったと白状。検査結果は知らされなかったけれど次に続いたりするのだろうか。

ハスコンズともう一人の助っ人の女装潜入シーンは…サービス?(笑)
ハスコンズはともかく、もう一人はかなり似合ってた。そいういったオファーが相次ぎそうなくらい。
彼らを案内したゲイの刑事、部長から「もう来なくていい」と言われてたけれどこれは…?先日のRMで「ゲイを理由に解雇できない」が頭に浮かぶ。これは1993年だからなあ。

拍手

第一容疑者3 前編

ソーホー署風紀課所属となったテニスン警部は、売春取り締まり作戦を命じられる。着任日の早朝、女装歌手ベラのアパートが燃えコニーという少年の死体が発見された。コニーは売春取締り地帯で生活する少年だったため、風紀課が事件を捜査することに。

コニーは自分の顧客に警察や政府のお偉いさんがいることを記者に売ろうとしていた。口封じで殺されたんだろうな。犯人はポン引きの真似事してるジャクソンなのか、表の顔は信頼篤き更生センター長ジョーンズなのか?ってところか。
だいたい連絡場所に更生センターの掲示板使ってるっていうんだもの、お偉いさん達からの指示をジョーンズがジャクソンにやらせたってことなのかも。なんでもジョーンズは嘘の経歴を振りかざしているらしいし。
少年売春組織の顧客に警察幹部がいるのを知りながら、テニスンが嗅ぎ付けないように見張ってる上司がおかしい。上司が捜査班に付きっ切りなのは変、という理由でスコットランドヤードからダルトンをスパイとして潜入させたりして。彼だけでは怪しまれるってことでハスコンズ(劉青雲)たちも呼んだのかな。よけいに怪しいぞ。私は嬉しいけど。

移動先の部下にオトリーがいるなんて配慮ないな(笑)。どういった経緯でオトリーが異動させられたか知らないわけないだろうに。
今のところは助っ人ダルトンが共通のたんこぶのようで支障はなさそうだ。でもこっそり前任者に当時の捜査状況を聞きだそうとしてる。遺恨のせいというわけではなく、単にまわりを出し抜きたいだけかも。仲良くやってたはずの同僚にも内緒だから。小ズルイ男なわけだ。

スパイを潜り込まされたテニスンがどうジョーンズの嘘を突き崩していくのかな。スパイ=ダルトンがHIVの少年に手を噛まれたことがポイントになるかもしれない。感染の不安から送り込んだ上層部を逆恨みしてテニスンに手を貸すとか。
テニスンといえば、毎回違った恋のお相手(笑)が登場するのはどうなんでしょ?今回の人はかつての恋人のようだけど。おまけに妊娠しましたよ。誰の子かはわかってるのかな。相手が誰よりもまず彼女は産むことを選ばないだろうな。

拍手

第一容疑者2 後編

ボブが強引に逮捕し取り調べていたトニーが監房で首吊り自殺。
ボブがトニーに執着している間、テニスンは病院でハービイの甥っ子立会いのもと「少女を自宅に誘って殺し、埋めたのは私です」との供述を得る。
何かしっくりこないテニスンはハービイの自宅を再検分し、思わぬ手がかりを発見する。

ハービイの自白は甥っ子をかばったものだった。
甥っ子の乱暴の場に居合わせたトニーとセーラのアレン兄妹、後始末を手伝ったハービイというのが真相。
トニーは殺してはいないものの、乱暴された少女を放って家へ帰ったこと、翌日の庭の穴掘り作業から事件を推測できたのに沈黙を通したことで精神のバランスを崩してしまった。
兄妹二人で心に蓋をし合っていたが、死体発見からトニー逮捕、そして自殺。
真相を語り「これからトニーなしでどうすれば」と泣き崩れるセーラ。
子どもだったとはいえ何があったかは十分推測できたものね。
前編では甥っ子の怪しさなんて皆無だっただけに唐突な印象。
病気のおじさんに食事を届ける優しい青年だったのに。運命共同体をもてなしていただけだったのかな。
いや、テニスンたちに対しても実に普通だった。警察を欺く演技ということなのかな。

引き続きあると思われた地域住民、黒人白人間の差別騒動はなかった。
別口で、正常な精神状態になかったトニーを問い詰めたことの方が問題になるが検視審問でも自殺とされる。
この検視審問ってイギリス独特のもの?「殺人作家同盟」でも出てきた気がする。
アメリカドラマは省略ではなくてそもそもないのかな。

取調室でのボブの暴走を止めようとしたバーキンに「前編と違って刑事として正しいじゃないの、差別意識の塊じゃないんだ」と思ったが自分の判断でボブを止めなかったことをテニスンに叱られていた。あわわ…(笑)。
バーキンに向けて「助っ人の黒人が明日の朝までに事件を解決してしまうのが気に入らないんだろう」ってのはひっかかる言葉。セーラが「黒人は家を二つ持ったらいけないのよ」と同じ意味かも。

解決後、祝杯をあげようとすろ捜査本部に部長が上司を引き連れて登場。
「部長は警視正になる、後任は今回内務調査にあたったソーンダイク」と発表。
後任への推薦を期待していたテニスンはソーンダイクとそりが合わないので即座に異動を願い出る。
せっかく馴染んだサウサンプトン署ともこれでお別れだ。
劉青雲似の人も一緒に異動しないかな。見慣れてきたらあまり似てないというオチ付きだけど(笑)。

拍手

第一容疑者2 前編

ある家から後手に縛られた女性の白骨死体が発見される。他警察へ取り調べ研修で出張中だったテニスン警部が呼び戻され捜査の指揮を執る。そこは黒人住民が多く人種偏見と警察への不信感が根強い地区。捜査陣にも黒人に敵意を示すものがいて先の思い遣られる滑り出し。以前、所有者だったアレンが白人男性ハービイにその家を貸していたことがわかる。ハービイの供述には嘘が含まれ、問い詰めると発作で入院。死を覚悟した中であの家で何があったのか告白を始める。

難しそうな事件とみるや、部長は出張中のテニスンを呼び戻している。
ということは前回の事件で手腕を認められたということか。
部長も警視正への昇進がかかっているから話題性だけで事件を任せるとは思えないし。
2年前に娘が失踪した母親が死体発見の報に自分の娘だとしか思えないのが哀れ。
遺留品を見る前からそれは全て娘のもので、試しに見せたテニスンの腕時計も「私が買ってあげたもの」。
これではあてにならん、とため息をつくテニスン。案の定、白骨死体は別人。
複顔の写真で見つけた本当の被害者少女と、ハービイに家を貸した男の息子トニーとの接点が見つかり、臨時捜査員ボブが執拗に張り付き逮捕する。
ボブとハービイの告白につながりがあるのか…というところで後編へ。

前回はトップに立つ女性の苦悩、今回は人種問題がテニスンを悩ませる。
死体発見現場は黒人の多い地域、そこで偏見をもつ刑事が暴走。
テニスン自身も、臨時捜査員となったボブと研修先で火遊びだ。
部長はそうとは知らずに「優秀で黒人だから」という理由で採用したらしいけど。
バーキンのように偏見をもった刑事もいるが、差別されていると感じている側の被害者意識も強く出ている。
テニスンには出張時のお遊びの相手がたまたま黒人男性のボブだったが、ボブは黒人男性だからお相手になったのだ、仕事の割り振りも黒人だから能力に見合ったものが与えられないと思い込む。
手順で大家時代を捜査しているのに黒人は家を二つ持ってはいけないのよね!と吐き捨てるアレンの娘も。
う~ん、テニスンに差別意識はなくてただ警部と一刑事の火遊びを体裁悪く感じてるんじゃないかなと思うけど。
これはこれで別のハラスメントか。
部長の警視正への昇進の話を聞くや否や「後任に推薦してくれますね?」だもの、かなりの上昇志向の持ち主だものな。
ボブがトニーを逮捕したことで住民の反応はどうなることやら。

前回書き忘れていたこと。
とりあえず主要刑事だけれど未だ誰なのかよくわからない人の声が平田広明さん。
俳優がわからないのは声が聞こえると無意識にカーターやダニーを探しているせいかも(笑)。
すみっこの方で話してる人から平田さんの声がするのは何だか新鮮。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]