忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

SFU−26「最期」

ラビに紹介された生前契約で知り合った末期癌の青年。容態が悪くなり眠りにつく。
火葬は、米国ではあんなにもおざなりに扱われるのか。火葬の国の住人としては彼の扱いを寂しく感じる。

彼の死に立ち会ったネイトは、そこからもう自分のことを彼と重ね合わせずにはいられない。
リサと赤ちゃんマヤに会いに行く、デイヴィッドに生前契約を依頼する、クレアとたまにはおしゃべり、ブレンダとの話し合い。そしてルースに病気と手術の告白。
デイヴィッドもクレアもすでに知っていると聞かされても、車中では怒らなかった。自宅に帰っても手術の日の段取りを仕切っただけ。
でもやはり心中穏やかではなく、当日自分だけ知らされていなかったことでネイトを詰る。
あの瞬間、ネイトとルースは間違いなく愛し愛されている親と息子だった。
デイヴィッド等には、たいした手術じゃない、と言っているがルースにここで「恐い、死にたくない」と告白したのが自身もわかっていなかった気持ちだろう。
エンディングに登場したバスにネイトは乗らない(たぶん)。でもブレンダは別の車に乗って行ってしまう。

キースは停職処分になったことが引き金で、テイラーを自分の両親に預けることにしてしまう。デイヴィッドに相談もせずに。
「振り回されっぱなし」
「見つかるように、こっそり泣いていた」
「兄さんの手術のことでだ」
「知らなかったから」
「気付けよ!」
一見大喧嘩ですが、破局にはならないのでしょうね。
停職解けても警官に戻るつもりはないらしいが、どうするんだろう。
とりあえずフェデリコの共同経営者への昇格で、夫婦揃っての失業からは免れたが。
S1とは違い、苛立つことの多かったキース。頼もしい警察官でいて欲しいけれどな。

クレア、面接で大失敗と言ってたが、結果はまだでしたよね。合格できてることを祈ります。
やっぱりクレアもデイヴィッドも、ニコライのこと好きでなかったのね。

スーパーチャンネルが、必ず続きを放送してくれることを信じてます。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by chocolate
  • URL
  • 2006/04/03(Mon)09:45
  • Edit
こんにちわっ。

私も見ました。
超クリフしたわけじゃないけど、
なんかずっしりくる終わり方でしたね〜
ネイトはきっとあのバスには乗らないですよねっ。
私も続きを是非放送して欲しいです。(^・^)

無題

  • by yasishi
  • 2006/04/03(Mon)23:23
  • Edit
ネイトは乗らない、ブレンダは乗って行ってしまう。
妄想と現実という違いはありますが、この対比が印象的でした。
きっと放送しますよね。

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]