忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

SIX FEET UNDER #61「一人」

みんなに見送られネイトは土に返りました。
3年前の手術の時に交わした生前契約で火葬を希望していたが、先日のやり取りで今の希望は樹木葬ということを知っているデイヴィッドはネイトの希望をかなえることにする。
案の定、ルースは反対。自分が何一つ知らない間に倒れ、手術、そして死となったこのこと自体を受け入れられないからだろう。
どうして主治医を呼ばなかったの? 術後の様子は本当に大丈夫だったの? 鬱陶しいけれど責める気になれない。
だって埋葬時はフィッシャー家のお母さんになっていたもの。
暴行犯の幻影に悩まされ埋葬に立ち会えないデイヴィッドを連れてきたのはルースだもの。
葬儀前夜、ネイトの身体を清めながら受け入れる気持ちになれたのだと思う。
臓器提供を希望していたとは知らなかった。
漠然とではあるものの、早く逝くことになるとの想いがあったのかもしれない。
一人で勝手に準備していたネイトとは違い、ブレンダは怒りを持つことでネイトの死に向かおうとしているかのよう。
マギーに暴言、マヤにはそのものズバリに粗相の叱責。
「身重の妻に他の女の娘の面倒見させて死ぬまでやってた」言葉にすると本当にえげつないけどその通り。
気持ちの向く先があるなら今はそれが怒りでもいい。
埋葬後どんな想いでルースにマヤを預けたか、やっと泣けたのがビリーの前だったとか考えると…お腹の子には辛いことがないよう祈るだけ。
兄さんの死で憔悴しきったデイヴィッドは暴行犯の幻影に悩まされるが、今度はキースだけじゃない、ダレルとアンソニーもいる。
ベッドサイドで気遣う様子にきっと大丈夫、と根拠はないけど涙…。
「デイヴィッドの火葬場案に反対する人がいなくなっちまった」というフェデリコの反応を一瞬咎めたヴァネッサ。
フェデリコの本心でもあるだろうけれど、心の置き場のなさ、どうしようもなさが感じられるシーンだった。
ジョージは治療を受けて正解だったのですね。落ち着いた義理の父親らしい態度で葬儀に参加しれくれました。
でもマギーはどうかな。出席すればブレンダが穏やかでないのはわかりそうなもの。
でも来なきゃ来ないで後ろめたい証拠と思うか。
どっちにしても怒りは買うことになるなら送る人が多いほうがネイトのためか。
今さらですが、SFUで死者が語るのは彼らに見ている人が言って欲しいことを喋らせているのですよね。
本心でなくてもそう言われた方が楽とか。
だからネイトがブレンダに不満をぶちまけ、ナサニエルもデイヴィッドに辛い言葉を浴びせるのですよね。
見ていて苦しくなるようなことの連続だったのに…ジョージとフェデリコが隣り合ったらフェデリコばっかりが重いだろ…(ネイト埋葬時)と吹いてしまい自分のつっこみ体質を呪う。

今日のマヤちゃん 
パパがいないことが寂しくてたまりません。
苛立つブレンダに不穏なものを感じるのかルースに預けられてもブレンダを振り返りませんでした。
でも「○○ちゃんのお母さんもそうだったでしょ?」と死というものを聞かされて「ほ~」と頷く顔はやはり大女優の貫禄でした。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2008/07/16(Wed)19:34
  • Edit
パパの帰りを待つマヤちゃんがせつなかった・・・
まだ何が起きたのかよくわからないでしょう。でもなんだか不安定になってるのは確か。
ここでルースに預けられ、ブレンダとマヤちゃんの親子関係は大丈夫かな。
そしてビリーの腕の中でついに号泣するブレンダを観てなんだかほっとしました。
ダレルとアンソニーはどんどんなついてきましたね。よかった!

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2008/07/17 12:14
わけもわからぬ不安を子どもにあたえてはいけません。
アンソニーの病院への恐怖もそういったことが関係しているようですし。
今はとてもマヤをみられないブレンダの気持ちもわかりますが、今だからこそ一緒にいなければならないようにも思えます。
正解なんてないからみんなもがくのですよね。
デイヴィッド母さんは、今は子どもたちにどっぷり甘えて誘拐犯を吹き飛ばして欲しいですね。

無題

  • by 夢野
  • URL
  • 2008/07/16(Wed)21:58
  • Edit
> 気持ちの向く先があるなら今はそれが怒りでもいい。

もしやそれはアボット先生のお言葉?感情はためずに、吐き出した方がいいんですよね。

フェデリコとジョージの身長差なんて、全く気づきませんでした。私の祖父のお葬式が土葬で、やっぱり男性が集まってお棺を運んだのを思い出してしんみりしてました。まぁ、カクテキさんたらっ。

死者が出てくるのはただの幻覚じゃ無かったんですね。あれは、自分の嫌な部分を戒めているのもあるんでしょうね。でも、あんな人気の無いところで突然車のエンジンがかからなくなったら、ビビりますけど。

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2008/07/17 12:29
>もしやそれはアボット先生のお言葉?
そう、アボット先生のパクリです(笑)。
出典書いておかないと訴えられちゃうかしら。
何かしらの感情の動きがないほうがかえって心配なので、今は憎みたければ憎めばいいし、許せるのなら許せばいいし、と思います。
>フェデリコとジョージの身長差
不謹慎でしょ、私(苦笑)。
フェデリコがバランスくずしたところなんて、言わんこっちゃないって思いましたっ!
夢野さんのお祖父様は土葬だったのですね。あのシーンには思い起こされてしまったでしょうね。
葬られ方なんて考えたこともなかったのですが、これを見て私も土に返して欲しいなと思ってしまいました。
> 死者が出てくるのは
今回ですね、痛い感じがしましたよ、デイヴィッドもブレンダも自分を責めてる感じがして。
デイヴィッドはこういうのに慣れてますけど、ブレンダは初めてでしょうからね。

TRACKBACK

Trackback URL:

Six Feet Under S5-#10 「一人」

  • URL
  • 2008/07/16(Wed)
ネイトの葬儀がしめやかに行われます。 まず本日の死者がいて、葬儀がエピソードのどこかに含まれるSFU。 ドラマの一部としてごく当たり前...

シックス・フィート・アンダー♯61

  • URL
  • 2008/07/16(Wed)
■シーズン5 第10話「一人」 ネイトのお葬式です。ディビッドがネイト遺志から、樹木葬で送ることに決める。

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]