忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

SIX FEET UNDER #63「未来」

個別に話が進行しているようで常に物足りなく思っていた今シーズンでしたが、このエンディングのためだったのですね。
ばらばらのように見えたのは大切な存在を思い起こさせるため。
物足りなさが一気に解消され、満たされた最終回でした。

最終回なのに暴言吐くネイトしか見えないブレンダが気掛かりでたまらなかった。
優しい、愛したネイトに出会えたのが、母親としての自分を取り戻したルースに触れたからというのが深くて愛しくてたまりません。
全てにおいてネイトと意見が食い違ったままで、中でもウィラの健康問題には命の責任もある。
ブレンダにどれほどの重圧だったかは暴言ネイトを見れば、見ている方にも痛いほど。
マヤとウィラの母として、やっと戻ったネイトの母の愛に触れて、ようやくブレンダの愛したネイトに会えた、「この子を愛してる」と。
生きていても、障害があってもネイトはそう言ったと思う。
ブレンダの心を支えたのが母親ルースだったように、クレアも母に勇気づけられ旅立ちの決心。
職場のピンチを後押ししてくれたのはネイトだけど。
「自分は外に出なかったことを悔やんでる、娘にはそんな想いはして欲しくない」、鼻の奥がつんときた。どれほど聞きたかった言葉か。
デイヴィッドが赤フード男と対峙できたのもあの家にルースがいたからなのかも。
赤フードの幻影をふり払えた時に微笑むネイトも印象的。
もういじめっ子が現れても大丈夫、稼業は続ける、と自信に満ちていくデイヴィッドの顔なんて忘れてた。
ヒステリックで、乙女チックで、不良の遊びを覚えて、厄介なことの多いルースだったけれど彼女が家族みんなに与えていたものの大きさを感じました。

ルースはジョージと子どもたちとナサニエル、デイヴィッドは若き日のキース、クレアは白内障で目はくもってしまったが撮り続けた写真、ブレンダは語り続けるビリー(ですよね?・笑)、それぞれが最期に目にしたのは愛する家族。
これ以上の幸福はないかもしれません。
死は誰にでもやってくること、恐怖を拭いさることはできないがそれだけではないと刻まれたような気がします。

デイヴィッドとキースの結婚式とか、クレアとテッドの再会とか、夫婦の絆を強められたフェデリコとか、クレアのプリウスとか、幸せだったと言えたマギーとか、ブレンダに「はじめまして」のナサニエルとか、胸に積み重なってどうしていいやらわかりませんが最後にこれだけは。
今日のマヤちゃん 
パパに乾杯!

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

終わっちゃいました

  • by 夢野
  • URL
  • 2008/08/01(Fri)21:02
  • Edit
こうやって見ると、ルースはいい母親なんですね。子供たちの力になり嫁を助ける。こんな母を見て育ったディビッドも良き母になっていくのでしょうね。
とりあえずの問題は片付いて、最期も愛する人に看取られてましたが、この間も紆余曲折あるんですよね。これが人生だ、と思いました。

「はじめまして」のナサニエルは、ブレンダもフィッシャー家の一員と認められた証なのでしょうか。

Re:終わっちゃいました

  • by カクテキ
  • 2008/08/02 09:53
ルースも気付いていなかったのでしょうけど、ルースがフィッシャー家の骨だったのだなあと思えました。
>こんな母を見て育ったディビッドも良き母になっていくのでしょうね
お母さんの素質十分だったわけですね。
死は哀しみしか残らないものではなく、受け入れられるものなのだという意識をネイトの死がもたらしてくれたように思います。
>「はじめまして」のナサニエル
多くを語るより、とてもステキなシーンでした。

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2008/08/06(Wed)11:31
  • Edit
ルースの存在の大きさを実感し、クレアが旅立っていったと思ったらその先にみんなの最期の姿が。
みんな幸せな人生を謳歌できたのだろうと思ってほっとしながら観終えることができました。
個人的にはデイヴィッドとキースに一喜一憂させられてましたが(笑)じっくりと楽しめた素晴らしいドラマだったと思います。

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2008/08/07 11:25
噛み締めるような最終話でした。
死の哀しみは時間が解決するのではなく、時間と共に受け入れられる気持ちができるのだなと感じ入りました。
いろんな世界の一員であるために自分と向き合うことの大切さ、少ない言葉で多くを語る素晴らしいドラマでした。
感動と喪失感の同時に襲われている気がします。

TRACKBACK

Trackback URL:

シックス・フィート・アンダー♯63 最終話

  • URL
  • 2008/08/01(Fri)
■シーズン5 第12話「未来」 ついに最終話。 ブレンダはウィラを出産。2ヶ月も早産で小さく産まれましたが、ICU入り治療後無事に退院。 ...

Sux Feet Under S5-#12 「未来」

  • URL
  • 2008/08/06(Wed)
ブレンダの赤ちゃんはようやく生まれたものの 呼吸をしてない状態で、ブレンダとルースは心配します。 ブレンダは赤ちゃんにウィラと名づけ...

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]