忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

デッドウッド #10「ウーとの約束」

中国人を仕切っているウーが、白人二人組に子分を殺されクスリを奪われたことをアルに訴える。二人の処刑を強要するウーだがアル「犯人とクスリは必ず探し出す、殺されたのは一人、二人殺すとまた別の白人が殺しに来るぞ」と約束&アドバイス。町としてデッドウッドが認められるよう賄賂を要求した判事から手紙を預かった者がやってくる。町のことはなんとかなりそうだがアルの殺人をなかったことにするにはもっと金が必要らしい。

デッドウッドのチャイナタウン、けっこうな人数がいるのですね。
今でこそ言葉は学ぶ気になればどこでも学べるが、この時代の移民のコミュニケーションはたいへんだったろうな。
で、日常語から接すれば悪い言葉から覚えるのはいつの時代も同じだ。
ウーよりもアルのほうが相手に伝えようといろいろ駆使してるのがちょっと笑える。
そんなアルでも掟に厳しく、自分の手下ジミーとサイの手下レオンの犯行と突き止め、どちらか一人ウーに謝罪しろと命じる。
それはくじ引きで決めるというがどっちなのかは既に決定済み。
ウーの引き受けてくれるのは裏仕事であるがゆえに肝心なことなので安泰な関係が大切だもの。
ファーナム町長は「賄賂の金をくすねるなよ」と全く信用がない。
公衆衛生局長セスの「ゴミ集積所と診療所のために税金を」を「賄賂のための税金を寄越せといいやがる」となんとも不思議な難癖。
セスの提案、「ゴミのルールを守らなかったら罰金、罰金は集積所の維持と診療所のために使う」は基本の基本。
できれば今の世の中もここからやり直したい。
そんなセスは死んだ兄さんの人生をたどっているにすぎない自分に迷ってる。
ソルの「人の人生から学ぶことは多い」と返すところに二人の結びつきを感じた。
おまけに「ギャレット夫人はキレイだよね」ってセスの気持ちを先回りしてるし。
スミス牧師はもうどうすることもできないのかな。
神の言葉を懸命に説いてきた結果が…と嘆いていたのに今はもう聖書を抱えているだけ、記憶もあやしくなっている。
察してあげられるセスとソルはやっぱりお友だちなんだろうな。
それが今牧師には聖書より大切。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]