忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

マクベス巡査 #5「ジョックに捧げる哀歌」

そのうちに新シーズンが始まりそうなものを優先していたので久しぶりに見たら…
ショーック!!この村の主要登場人物が死んでしまうなんて!
犬好きにツライ出来事ですがロックドゥのみんなにヘーミッシュもジョックも愛されていることがよくわかる素敵なエピソードでもありました。
車に撥ねられたジョックをドクターに診せるのに痛みが少ないよう抱き方の上手な人に運ばせたり、みんなが野次馬とは違う気持ちでドクターのところについて行ったり、埋葬のバグパイプに想いを向ける姿とか、ジョックの幸せな日々が想像できてうるうるきた。
難癖つけるとすれば、ドクターが待合室にいるヘーミッシュに安楽死の相談をしなかったことかな。最期のお別れさせてあげてもよかったのに。

人情味溢れているのと同時にロックドゥに不思議なことが起きるというライトミステリーゾーンの趣も(笑)。
TVジョンがジョック殺人犯に復讐するヘーミッシュの夢を見てしまい、捜索隊を結成して山に探しに行く。
この捜索隊、何故山歩きにキルト?ヘーミッシュを思い止まらせるのに民族として訴えたかったとか、みんなが同じ意見だと主張したかったとか、そういう改まった気持ちの表れですか?私には息子ラーキーの寝袋にくるまる気持ちの方がわかる。キルトへの想いがわからないからただのスカートオヤジ団に見えて困った。
そしてこのキルト団は人選もイマイチ。ひき逃げ目撃青年を加えた方がよかったのでは?少なくとも息子ラーキーより。
偵察に行ったら帰る方向わからなくなって太陽見上げてくるくる回ってるのはすっごいベタとは思いつつも笑わずにはいられなかったけど。このためか、このための息子ラーキーか?

不思議なことを体験したのはTVジョンだけではなく、ヘーミッシュも。
車の故障で困っていた犬連れのご婦人は、ジョック殺人犯+7年前の交通事故死を隠した脱走犯たちに導いてくれた幻の人(事故に遭った子のおばさん)。TVジョンにも見えてましたね。
ジョックの死は脱走犯の交通事故告白に必要なことだったのか…。
悲しみにくれながらも遺体が見つかったご両親に脱走犯の酌量を求めるヘーミッシュは大人だった。息子が見つかったことが最も大切と言うご両親はもっと大人。っていうかヘーミッシュ警察官だし(笑)。
そしてちょうど一匹だけもらい手がいない子犬がご両親からヘーミッシュの元へ。ジョックⅡとしてロックドゥで愛されていくことになる模様。
というように不思議な運命の物語でありました。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]