忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

コールドケース5 #6「鳩」 Wunderkind &#7「火星人襲来」 World's End

#6「鳩」 Wunderkind
2002年、テランスという黒人少年が射殺される。5年後、テランスの父親だという男が息子の遺留品を引き取りたいとやってくるが、未解決事件の証拠品は渡せないと断る。ジェフリーズは「息子の社会保障番号を使っての詐欺行為の臭いがする」と調べてみると、既に光熱費の支払いに利用されていることが判明。

再捜査のきっかけがよくわからなかったのですが。未解決だけど死は確実なのにテランスの社会保障番号が使われていることで詐欺を取っ掛かりとしての捜査?それも殺人課の仕事?と。
でも考えてみれば、事件なんて「殺したかったから殺す」というものではないものね。お金や恋路が絡んだり、騙したり騙されたり、いろんなことが積み重なって事件となるのだから、この再捜査開始もありか。
あの年頃なら外の世界に自分の場所を求めても何ら不思議はないし、もう抜け出せないほど悪の世界に踏み込んでいたわけでもないのに…とはっきりしないテランスにイライラした。犯罪が引き合わせてくれたアドバイザーというのも素直にすすめを受け入れられない理由だったのかな。
真相は「おそらく」と思っていたことそのままだったので、次の回と一緒にすることに。


#7「火星人襲来」 World's End
古い井戸から50年以上経過していると思われる白骨が発見される。持ち物から1938年10月30日の夜、オーソン・ウェルズの「火星人襲来」のラジオ放送の日に行方不明となったオードリーとわかる。火星人にさらわれた等の噂があったが、実際は首を絞められて殺されていたのだった。パニック状態のあの夜に何があったのか、再捜査される。

オーソン・ウェルズ、悪いよね(笑)。リアルタイムで自分が聞いていたらと思うと心臓がバクついてくる。
大恐慌の時代、ラジオ放送が日常の一部だったからこその企画であり、引き起こされたパニック。時代をしっかり見ていたのだな、と悪さと鋭い眼力は見た目そのままだ。
恐慌のせいで仕事を失くした夫の代わりにダンスホールで働くオードリーは、そこで心が通い合う男性と出会ってしまった。
ダンスをして金を稼ぐことを体裁悪いと思っていた夫とは、一旦もめるが家庭の、息子のためにということで落ち着く。
しかし、火星人襲来を聞き、この世の終わりを覚悟した時にオードリーが選んだのはダンスホールで出会った男だった。最初で最後のダンス後、家に戻るが心がないことを察した夫はオードリーの首を…。
ダンスをしないことを防波堤にしていた二人の会話がなかなか。
仕事を失くした夫について、「彼が変わってしまったの?」の問いに「もともとああいう人だったのだと思う。変わったのは自分かもしれない」とオードリー。夫は「ヒーロー」のままだけどオードリーは別のヒーローに出会ってしまったのだろうな。
ずれてしまった心を騙しながら生きていくのはつらいと思うが、オードリーに許せない部分がある。彼女、裏庭の犬を迎えに行ったはず。犬は?逃げ出しちゃったの?そのままなの?(笑)

ダンスホールの男のオードリーへの想いを聞いたヴェラは、病院で再会したお隣さんのキーマトニとよりを戻すことに。トニじゃないけど、映画みたいだ(笑)。大切な人がわかったというのはヴェラには進歩だけど、アーミッシュの生活に感化されたり、クコの実をぱくついたりしたことを考えるとその場の勢いともとれる(笑)。まあ、がんばれ。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Anne
  • URL
  • 2009/08/28(Fri)21:56
  • Edit
こんばんは。
このラジオドラマ、実際にどんなだったのか、
きいてみたいですよね。わたしも当時だったならば、
きっとだまされてた気がします。
ヴェラがトニを迎えにいったのは、ホント彼にしては上出来。
相変わらずちょっと抜けてるヴェラには、トニはいいんじゃないかな。
離婚以来あんまりいいこともなかったし、たまには彼にも、
春が来てもいいですよね(たぶん)。

Re:Anneさん

  • by カクテキ
  • 2009/08/29 09:20
噂だけでそのものを聞いたことはないのですが、私だったら今でも信じてしまうかも。
そして悲観して無法地帯となった精神で何を仕出かすのやら少し楽しみだったりします(ウソ)。
あのタイミングでは本性というか、本当の心が曝け出されるというお手本のようなストーリーだったでしょうか。
ということで、ヴェラも自分をラジオ放送時においてみての結論が病院へ駆けつけるだったのでしょうね。
ヴェラもきっと今でも火星人襲来を信じるタイプと見ました(笑)。

6話を観ました

  • by ろびん
  • 2010/04/28(Wed)17:14
  • Edit
こんにちは。(*^_^*)
今日ようやく6話の「鳩」を見終えました。
もう少しどうにかならなかったのかと悔しい思いでいっぱいでした。

「火星人襲来」は、このシーズンで1番好きなエピソードでした。
ヴェラの恋が続いていくといいですね。単純で素直なヴェラが、このシリアスドラマの中でほっとさせてくれる存在ですね。

Re:ろびんさん

  • by カクテキ
  • 2010/04/30 11:43
火星人襲来、ヴェラの心に火をつけてしまいましたねえ。
彼のふつうなところが、アクセントになっているように思います。
感化されやすいともいいますかね?(笑)
鳩は、投げやりな書き方してますけど、今思うと重苦しさいっぱいでなんだか辛くなってきました(笑)。

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]