忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

OZ−29「悪魔」

ビーチャーの誘拐された子供の行方はわからない。
切断された手が送られてきてからというもの、起きていれば放心状態、
夜になれば悪夢にうなされる、とどうしていいやらわからない状態。
そんなビーチャーにシスターは手をさしのべられないという。ケラーがらみで。
そんな中、息子が遺体で見つかる。その事実を前にもうビーチャーは泣くことができない。
妙に落ち着いてしまっていることが、余計に哀しい。
みかねたムカダ神父はシリンガーに、ビーチャーがハンクを捜し出した理由を説明する。
エンディングで、娘は生きて返すように電話で指示を出していた。
神父の言葉が届いたのだろうか。
子供に対してこれ以上の酷い行いは止めたようだが、ビーチャーに向けての復讐はやまない。
ちょっとスティーブン・キング似の囚人から、ケラーがこの誘拐の首謀者だとビーチャーに告げさせる。
もちろん不安定なビーチャーは信じたくもあり、信じられなくもある。
信じられない部分の方が多いのか、ケラーに攻撃する。
仲直りしたばかりなのに。ケラーは心配してたのに。
この二人の愛憎ドラマはホント、激しい。

ネイサン先生を暴行した男がオズにやってくるけど、
被害者と加害者が顔を合わせる危険をわざわざつくらなくても…。
カークはどこまで知っているのか、ライアンに彼を紹介する。
再放送を見返してよかった。カークのあちこちで火種を撒いて歩く姿が見られて。
終盤の印象しかなかったけれど、ポイントで結構活躍していたのね。

ベリンジャーを妊娠させた男のヒント、雨の日も雪の日も
やはり神父には想像ついていた。郵便配達を意味するのですね。
ということは本人は否定していたけれども、シリンガーなのかな。

とても活動的になってしまった、リバドー。
いじめられっ子の逆襲のようだけれど、ちょっと違う。
シスターに死が恐くないと告白したり、パンカーモにもっと殺しの仕事を要求したり。
人格が変わったようですよね、仕方ないけれど。
早くネイサン先生のところへ!と言いたくなります。

クアーンズのエムシティの改革が始まる。
今までのどの人種も一緒に仲良く方式はとらないと宣言。
エムシティの黒人の割合が増えていく。アデビシと通じて、何かが起こる前兆。
マクマナスもイヤだけれど、クアーンズだとマクマナスに戻って来て欲しくなる。
B区画で荒れてたなあ。マーフィーにも筋違いな怒りをぶつけてたし。
まだ反省できていないようなので(笑)、もう少ししてから戻ってきてね。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]