忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

サード・ウォッチ6 #119「地に堕ちたヒロイン」 Rat Bastard

「モンローは内務監査の人間」とデイヴィスがぶちまけたことでモンローの味方はいなくなる。こうなることも承知なのにフィニー警部は異動の手段を選ばない。これはクルーズを捕まえられなかったことの逆恨みだろうか。こうなるとフィニーとクルーズの間に何があるのか気になる。素行の悪い刑事を調べているだけとは思えない。
モンローが何を調べていたのか不信感でいっぱいのパトロール警官、スワルスキーまでもが厳しいのは少し意外。「お前と組みたがるヤツなんていない」は正論だろうけど。ブレンダンが組めばいいって問題ではないような気がする。
仲間の緊急時に何をおいても駆けつけてきたのに、応援要請を無視する彼らを見るのはツライものがある。でも、「犯人知ってる」と言いながら、スワルスキーにも仕切るクルーズにも何も言わないモンローも問題あり(そういう演出だろうけど)。「ありがとさん、後は行くからデスクにでも」との皮肉の感謝で横取りされてもいいのに(笑)。
犯人との格闘シーンでも、股間を蹴り上げてうずくまらせたのなら、落とした銃を拾うよりもまず手錠だろ(だからそういう演出だって・笑)。ここのシーンは大人であるブレンダンを認めるためだったのかもしれない。

デイヴィスのパパ事件の真相書類をモンローに渡した元内務監査で今探偵の男が殺され、実行犯は刑務所で殺され、急に周囲が慌しい。証言する覚悟を決めたサリーも危ないだろうから、デイヴィスはさせないだろうな。…関係者一人ずつ消すよりも、穿り返している一人を消す方がいいような気がするのは私だけか?(笑)いや、デイヴィス消えろって意味ではなくて、フィニー警部の意図がわからないということですよ。

消防には、役作りの体験としてカーターという俳優がやってくる。やる気満々のようだったが実は崖っぷち。かつての栄光に縋るように、今は酒浸りの生活で飲酒事故を起こしたり、仕事に影響を及ぼしている。再起のために賭けている映画が近未来火星の消防士…。新人君、「酸素がないと火は燃えない」なんて言っちゃダメっ!
いくら体験入隊だといっても現場は命に関わるもの、酒の臭いをさせている男には任せられない!と新人君が決断して報告するかと思ったのに、「近寄らせなければいい」ということを選んだのはちょっとがっかり。
パトロール警官のモンロー無視、体験入隊の俳優、とどちらも命を預けあっている人たちの現場なのになあ…。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]