忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

CSI:NY−17「転落」

マック&ステラ&ドン
高級ワイン店の店員が強盗に射殺される。
息を引き取る直前に現場に来た警官に手がかりを話す。
が、警官はそれを隠蔽する。
何故なら自分の息子が強盗の一味である可能性を指し示していたから。
かつて自分を指導してくれた警官に疑惑をもつドンの苦悩。
でもドン、感情に押し流されずに頑張りました。
強盗事件の解決の目安がたった後、警官を逮捕に向かうというマックにドンは頼み事をする。
あれは逮捕される前に依願退職させてあげるようにしたのですね。
温情というか。
でも自分と関わりのない警官だったらそんなことはしないんだろうな、と思うと…。

ダニー&エイデン
パーティー会場のテラスからの映画プロデューサーの転落死体。
職業柄と人柄から敵は多かった様子。
香水の匂いがついていたり、ハイヒールでの蹴り後があったりと怪しい手がかりが次々に見つかる。
でも事故死。テラスの上方にお菓子の隠し場所があって手すりをよじ登って食べてたら、酔っていたこともありぐらついて落下。
かっこ悪いけれど。
皆が嫌っていたが、ハイヒールで蹴り上げた奥さんだけは本当に彼のことを愛していた、という皮肉な結末。
健康上、お菓子を止めさせるためのお仕置き。愛ゆえの蹴り上げ。

車にお菓子を常備してあることを告白したり、恐がりな側面をアピールしたりと
最近おとぼけキャラと化していたドン。
今回は感情に流されそうになりながらも、自分の本分激しく悪を憎むを貫いた刑事ドンでした。
激しくはなかったな。やっぱり陰で泣いていたのではないかと思わせます。

警官の本分から外れてしまった男と、文字通り落ちた男。
二つの意味がタイトルに反映されていました。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by うな
  • URL
  • 2006/05/02(Tue)13:31
  • Edit
ドンちゃん、いい脚本もらいましたね、今回。
昨今はすっかり癒し系キャラになっていましたが、
キャッチコピーを取り戻したようです。

パーティの事件、奥さんの"蹴り"には笑いました。
ダンナが窓の外のチョコを嬉しそうに食べてる図も笑いました。
事故で終幕にしても…やれやれな事件です(笑

そういえば、今回の組み分けが連続してますね。
マックの単独捜査がそろそろ見たいな〜。

無題

  • by yasishi
  • 2006/05/03(Wed)11:39
  • Edit
うなさん
癒し系でしたか…。私はオトボケ系かと思ってました。
ドンって刑事なんだと思い出させてくれるお話でしたね。

3つの偶然な事件の時にも思ったのですが
解決するのはいいですが、こんな真相?これでいいの?
となることが多いですよね。
事実は小説より奇なり、ですかね。
いや、ドラマなんですけど。

第1話を思うとマックの単独捜査は危険な気がします。
歯止めが利かなくなって撃沈しそうです。
ということはステラの役割は…。

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]