忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

ER14 #16(306)「誤解が招くもの」 Truth Will Out

韓国人留学生のしこりをめぐってのことで、ニーラはブレナー(アンスポーの甥っ子だったとは!)を激しく糾弾してましたが、昔彼女は同じ事をしてましたよね?だから私、彼女が嫌いなのですけど(笑)。
詳しい病名は忘れてしまったが、「○○の患者がいると聞いたので見に来ました」と処置室に入って来たのですよ。突然の告知に患者パニックですよ。
今回のブレナーとどこが違うのでしょうか。同じ失敗をした人は人を糾弾する資格なしというわけではないですが、ニーラは自分のしたことを忘れちゃってるように見える。当時、記憶を消す薬をスタッフに投与されたのかしら?(笑)
告知は正しい手順をふんでされるべきですけど、薬でやり直すというのはどうなのだろうか。薬のリスクを承知というのはニーラじゃなくて、留学生の子が承知かどうかではないのかな。

そんなニーラは前回診た、四人の子どもを抱えた大学生シェリルの術後感染の告知には慎重。ある意味筋は通っているけど、留学生の子には無神経という気がしてならない。
シェリルは「あんな大きな手術で命が助かったのだから今度も大丈夫」と逆にニーラを励ますような人なだけに何だか解せない。
前回、「シェリルはソプラノズのジャニス」と夢野さんに教えていただいたので確認できましたが、それがなければ今回こんなにはっきり顔が見えても「こんな前向きで人を気遣える人はジャニスではない」と脳がシャットダウンしていたかも。だって、ジャニスは移動遊園地の手抜きを訴えようとした人、術後感染なんて聞いたら病院を訴えないわけありません。

アビーとルカのところは、新しい仕事と部屋を探すルカ、カウンティでのスタッフドクターに意欲を見せるアビー、と完全にすれ違い。元はクロアチアで依存症以外の秘密を曝け出したからのようなので、ルカにしてみれば当然のことなのか。これが冷却期間なのか離婚前提なのかはまだ不明。ジョーのことが一言も出てこないのは夫婦としてどうかね。

ドゥベンコがヤキモチ焼いてスカイに捨てられてしまうとかはどうでもいいや。私の好きなドゥベンコにはそういう方面入ってないみたい(笑)。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by 夢野
  • URL
  • 2010/02/12(Fri)19:19
  • Edit
ニーラもそんな失敗してましたね。ダメ出し前に「私も失敗したけど」と一言あっても良かったですのに。ブレナーの言い方も「癌だからもう終わり」みたいなバカにした言い方もいけませんでした。改まって「家族の方も呼んで説明します」と先生に言われても、その時点で「悪い病気」とわかっちゃうからドキドキするには変わりないんですけど。

シェリルはジャニスなのにいい人でしたね。あのニーラの言い方だと、限りなくダメ・・・に聞こえました。私だったら希望を無くしているでしょう。まだこの話は続くみたいですね。

Re:夢野さん

  • by カクテキ
  • 2010/02/13 09:39
しつこいと思われても、私にとってのニーラはアレがほとんど全てです。
何か素晴らしいことをしたとしても、全部あそこに結びついてしまうのですよねえ。
ブレナーもひどかったのですけれど、その後のニーラの薬投与とか、糾弾の姿を見ていたら、ブレナーなどアンスポーの傘に入っているだけの小物にしか見えませんでした(笑)。
シェリルへの術後感染の説明、あんなふうに泣きながらされたら患者が不安になるじゃないですかっ!
それなのに前向きなシェリルには頭が下がります。ホント、別人だ(笑)。

TRACKBACK

Trackback URL:

ER14 ♯16「誤解を招くもの」 

  • URL
  • 2010/02/12(Fri)
コバッチュ家がシカゴに帰って来ました。

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]