忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

LOST−25「漆黒の闇」

ダイナマイト組。
持ち帰る途中、ダニエルのいうセキュリティシステム(?)に襲われる。
ロックが穴に引きずり込まれそうになるが、いいものを持っていたのでそれを穴の中に投げつけ何とか救出。
ゴーッてアレが動き出し「逃げろ!」となった時、何か違和感が。
そう、ロックはリュックをおろす。ジャックもリュックをおろす。がケイトはそのままダッシュ!
あんなに揉めてクジ引きまでしたのにリュックの交換をしたのかな?
と思ったがジャックが独自に交換していたようだ。
ここでジャックの責任感云々は触れませんが(笑)、問題なのはケイト。
彼女はダイナマイトを背負っているつもりだったということ。
それなのにダッシュ!危険だ!やはり彼女に背負わせなくて正解だった!
それを見抜いていたジャックは褒めてあげたいです(ホントか?)。

で、なんとかハッチに到着しダイナマイトのセッティングもできた。
導火線に点火しようというその時、
ハーリーがハッチに刻まれた問題の数字の羅列を見つけてしまう。
ハーリーの制止も効かず、点火され爆破。扉は開くものの、中はまさに「漆黒の闇」。

ダイナマイト組はハッチが開いて終わり、くらいの想像はできたが筏組の展開は盲点だった。
ダニエルのいう奴らが欲しがっている男の子は、アーロンではなくウォルトだった。
それはダニエルも想像していなかったらしい。
ロックの言うように「みんな、島に導かれてやってきた」のならば不思議な少年ウォルトを島からそう簡単に出すわけない。
意外にも早い救助に全身で喜んでいたのに、ウォルトはさらわれるし筏は爆破されるしでとんでもないことに。
マイケル、ジン、ソーヤーの無事はまだ確認されていないけれど、これはもう何とかして島に戻るしかない。
ちょっと前にウォルト要注意だって自分でいっていたくせに、すぐ失念するのでこの展開はちょっとびっくりだった。
どんな理由で島に戻ることになるのかな、とは期待してましたけどね。

その他の洞窟避難組みは、ダニエルのお言葉とアーロンの誘拐でとても不安定。
そんなところにサイードとチャーリーがアーロンを連れて無事に帰る。とりあえずはみな笑顔、ホッとする。
サイードに向かって駆け出すシャノンは、心細さが溢れ出そうだったことを思わせる。

いつも謎を引きずって終わるので、今回シーズンフィナーレだからといっても特別感はない。
いつもどおりの期待感かな。少し間が空く分だけあおられてますが。

しかし、チャーリーの怪我の応急手当、恐かった。
傷口を焼いて瘡蓋にしちゃったんでしょ?
ヘロインをこっそり持ち帰ったのをサイードに見咎められてのお仕置きも含まれていればいいのに。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by モリー
  • URL
  • 2006/05/13(Sat)18:03
  • Edit
リュックを交換したことに気がつきませんでした。
シーズン2の予告にあったようにジャックはリーダーという認識を強くもちそうですが、
それの前振りですかね。
鼻につく行動が多くなるかもしれないと思ってしまいました。
チャーリーの傷の手当ては恐怖かったですね。
薬がなければ飛行機に乗れないほどの不安定なチャーリー。
傷の手当ての恐怖心がキッカケでヘロインを持ち帰ってきてしまったのか。

無題

  • by KEI
  • URL
  • 2006/05/13(Sat)18:24
  • Edit
こちらにもお邪魔します。
謎だらけのまま終わってしまいましたね。

ウォルトがひたすら心配です。
彼には予知能力があるのかなと思っていたけれど…
ブーンが死んだ直後は不安がっていたけれど、
出発前は前向きでしたよね。
それがこんなことに…

>サイードに向かって駆け出すシャノンは、
心細さが溢れ出そうだったことを思わせる。

いい表現ですね。
ブーンに対して、あんな素直なところを見せてあげて欲しかったな。

無題

  • by yasishi
  • 2006/05/14(Sun)10:54
  • Edit
モリーさん
リュック、気付きませんよ。ケイトも気付いてないんですから(笑)。
ダイナマイト背負っているつもりなのに、そのままダッシュしたのがおかしくて…。
チャーリーのヘロイン持ち帰り疑惑は、
もしかしたら外見のマリア像だけなのかも、と良い方向に解釈することもできますが、
まず中身入りでしょうね。

KEIさん
サイードとシャノンはあまり応援したくない二人ですが
時々美しいシーンを見せてくれるのでそこの時だけは認めてあげてもいいかな、という気にさせます。
ずっとあの島で一緒だったらブーンに対しても素直なシャノンになれたかもしれませんね。

無題

  • by chocolate
  • URL
  • 2006/05/15(Mon)09:26
  • Edit
こんにちわっ。

ウォルト少年心配ですよねー。
otherが探していたのはウォルトだったんでしょうか。
でも彼には超能力じみた不思議な力がありますからね。
筏組みの今後の行方が心配です。
無事に島に戻れるのでしょうかねぇ。

無題

  • by yasishi
  • 2006/05/15(Mon)09:45
  • Edit
chocolateさん
筏組が戻ってこないと話が進まない、なんて無粋なことはいいっこなしですね(笑)。
しかし、筏炎上は想像していませんでしたのでびっくりです。
もうちょっとすると続きが見られるという珍しい待遇、力はいってますね。

無題

  • by rosedale
  • URL
  • 2006/05/15(Mon)12:46
  • Edit
こんにちは♪

「彼ら」は、ウォルトの不思議なパワーのことを知ってるんでしょうかね。狙われてる男の子がウォルトだとは思ってなかったので、そこだけは盛り上がりましたw。前回、子役の設定についてyasishiさんが触れてましたが…戻ってきた時に違う俳優になってたらイヤだなぁと思っちゃいました(^^;)。その前に、ちゃんと戻ってこれるのかどうかが心配ですが。

チャーリーの手当ては痛々しかったです。レスキューミーのフランコだったら間違いなく気絶してますね(笑)!

無題

  • by yasishi
  • 2006/05/15(Mon)23:11
  • Edit
rosedaleさん
そうです、ウォルトの不思議な力のことを失念していたので
狙われているとは想像及ばなかったのであそこはビックリしました。
戻ってきたウォルトが違う俳優に…
その展開にちょっと賛成してしまいそうです(笑)。

腰抜けフランコなら間違いなく!ですね。

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]