忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

ER15 #13「傷つけ合う愛」 Love is a Battlefield

自転車で車にはねられたジョディ、すっごくカバンと電話を気にしていたからクスリの運び屋なのかと思った。
でも電話に出たら相手は本当に恋人。
これでもまだ「彼氏が売人でその運び屋」だと(笑)。
彼氏登場でようやくDVなのかな?とたどり着きました。
電話に早く出ないと後で何をされるかわからなくて、カバンが重要だったのも彼からのプレゼントだからなくなったら大変なことになるという恐怖だったのですね。
早くに気付いたモリスはさすがです、立派なドクターになりました。
精神科医に「どんな方法が?」と聞かれて「知らないよっ!」と、モリスらしさも失われていないのがいいですね。
話したいのに話せないジョディに胸騒ぎを感じ追いかけると、お父さんが彼氏を殴って瀕死の重傷、ジョディも呆然としてました。
問題が明らかになったことを救いととるべきなのでしょうか。

3回も結婚と離婚を繰り返している老夫婦(女性の方はエバーウッドのエドナだ)は、死に直面した今、やっぱり彼(彼女)でなくちゃ、とプロポーズ&承諾(今は隣に住んでるけど離婚中)。
それを目の当たりにしたサムとゲイツはちょっと微妙。
まあ、お互いへの愛情を認めたということでしょうけどもね。
それにしてもダリアはわかりやすい。
あれでは救急車前でのいちゃつきを見てなくてもサムは勘づくよね。
ということで、サムはゲイツ、ニーラはブレナーがいいんですってよ。

バンフィールドは残念でした。
誤解が解けてからの日々が楽しくて子どもがなくても幸せだと言う旦那さんとなら乗り越えて欲しいですね。

今回ヒドイと思ったのは、シラミ男への対処。
他の人にうつってしまうかもしれないのですからもっと早くになんとかして!
富くじ(宝くじじゃだめなの?)店主がテレビに出た後3回も幸せ病でやって来ている間ずっと放置ですよ。
NHKなんかちゃんと「シラミの男」と認識してくれているのに。
自分があの患者だったら、わざとあちこち移動したり、スタッフに抱きついたりしてやるっ!(笑)

予告によると、次回は懐かしいあの方の登場のようですね。
益々老犬顔に磨きがかかってました(笑)。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by 夢野
  • URL
  • 2011/01/11(Tue)00:13
  • Edit
モリスが熱血医師になったんですね。時間外じゃなくて勤務中に抜け出すところがモリスっぽいですけど。父親が気付いてくれて良かったと思います。あのままじゃジョディが取り返しのつかないことになっていたかも。

シラミの件納得できません。お金を払うべきはトレーシーじゃないですか!(そこ?)グレイディは悪くないのに人がいいから、押し付けられてかわいそうでした。富くじが当たったおじさんにも、その都度優しく接していて好感持ちました。それにしても富くじは古くさい表現ですね。宝くじが商品名で使えないのかな?とも思ったけれど、そうでもないようです。

Re:夢野さん

  • by カクテキ
  • 2011/01/12 11:00
ジョディの話は非現実的と思いながらも、モリスがいてくれてよかったとも思えました。
そうそう、勤務中に出かけるところがモリス的には現実っぽいです。
シラミ患者の話はいろんな意味で納得できないですよね。
放置しておくのもそうだし、お金で解決するのも、その金を払った人も(笑)。
>富くじ
私も宝くじが商品名なのか?と思いましたけどそうではないのですね。
ではなぜに富くじ?と疑問ですが、あのおじさんにはその方が似合っているような気がするので追求しないことにします。

TRACKBACK

Trackback URL:

ER15 ♯13「傷つけ合う愛」

  • URL
  • 2011/01/10(Mon)
自転車に乗っていて車と事故を起こしERに運ばれたジョディ。自分のケガより、電話のことばかり気にしている。

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]