忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

ER15 #14「長く不思議な旅」 A Long, Strange Trip

そ、そんな診断ミスあり?
末期の肺癌と思われていたのに実は結核なんて。
息子の言うように、治療ができることはよかったと思えるけれど、じゃあ脳や肝臓の状態は何なのさ?
セカンド・オピニオンの重要性を伝えたかったのか?
突き放すかのようなドゥベンコと固執するブレナーが対照的でした。
最近のドゥベンコは、もうちょっと空気も読めるいいドクターだと思ってたのに…何があったのでしょう?
人事のことで頭を痛めているのか?
ブレナーはニーラの前で張り切っちゃってるのかな?という気がしましたが…そうか!それが気に入らないのか、ドゥベンコ先生!(笑)

肺癌が実は結核と見抜いたのは、ホームレスと思われていたおじいちゃん。
身寄りがなく認知症の症状もあるが、実は元ドクターで救急治療の必要性を説いて実践していった尊敬されるべきオリバーさん。
今はモーゲンスタン先生が主治医であり後見人の様子。
今ERが機能しているのはオリバーさんのおかげだと尊敬の念を込めて語るモーゲンスタン先生の姿は懐かしかったです。
ベントン先生のことで少し存在が揺らぐようなこともありましたが、モーゲンスタン部長は常にこうやってあたたかく見守る人だったような気がします(老犬顔のせい?)。
「外傷1号に」と聞いて「おいおい、上に運んで静かに寝かせてやれよ!」と思いましが、「あなたが作ったERですよ」と見て感じさせてという思いやり、最期の場所に自分でここを選んだ気持ちを尊重してあげたのですね。
知ってるのがチュニーだけだったとは、月日を感じました。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by 夢野
  • URL
  • 2011/01/20(Thu)21:42
  • Edit
結核菌が脳や肝臓に広がっていることもあるそうです。クリニックの先生が最初に思いついちゃったのだ癌だったんでしょうね。怖い怖い。ドゥベンコのあの態度は大人げなさすぎですよね。ブレナーが嫌いでも患者にあんな態度をとるのは、彼らしくなかったです。

オリバーのエピソードはとっても良かったです。彼の直接の死因は結局老衰だったんでしょうかね?

Re:夢野さん

  • by カクテキ
  • 2011/01/21 12:52
>結核菌が脳や肝臓に広がっていることもあるそうです
そうなのですね。
それにしても末期の癌患者から、重いかもしれないけれど治療できる結核へと喜んでいいやら何やらの結末で、患者さんと息子の精神状態も心配です。
おそらく、本当に向かうつもりだった病院で正しい診断が下ったとは思いますが、やっぱり怖いですよね。
ドゥベンコ、やっぱりへんでしたよね。
患者さんの前であんな感情のない話し方する人ではなかったはずなのに。
この前の鎌状の女の子には、占い遊びにまで付き合ってあげてたのに…ニーラの夢の中のことだったのかしら?
オリバーさん、病気を抱えていたかもしれませんが安らかな最期を迎えられてよかったです。
後付けに決まってますが、ERがこうして始まった的なことを見せてくれたのは素直に喜べました。

TRACKBACK

Trackback URL:

ER15 ♯14「長くて不思議な旅」

  • URL
  • 2011/01/20(Thu)
ニーラとブレナーはラブラブみたい。というかアレばっかりしてる。ドゥベンコはやきもちをやいて、ブレナーに冷たく、ブレナーの患者に対しても親身になれず、ひどい対応をする。その患者ドナは肺がんの末期で、脳や骨などに転移し、余命わずかといったところ・・・。積極的治療を考慮することなく、誠意なく余生を過ごす方法を考えるように伝えるだけだった。

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]