忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

シャッタード 視聴終了

あるところにベンという少年がおりました。
彼はママの再婚相手に日々いたぶられ、逃げ出したいと思っていました。
するとそこにテッドという少年が現れてベンを継父から逃れさせてくれました。
しかしテッドはベンの別人格でありました。
テッドはキャロルという親切な女性に助けられ、安心できる生活を手に入れたと思ったらいなくなってしまい、ベンだけが見知らぬ公園に残されました。
失踪届も出されていないベンは(キャロルのところではテッドだったし)養護施設で育てられ、成人して立派な刑事ベン・サリバンとなりました。
ベンはエラという女性と結婚し、かわいい息子アダムを授かりました。しかし、突然の継父の訪問でアダムへの危害を恐れたベンの元へ何十年かぶりにテッドがやってきました。
テッドはアダムを継父から遠ざけて守るためにキャロルのところへ預けます。
そしてそこが安心できる場所だと知っているテッドは、今度は早々に姿を消してしまいました。
そしてベンが目覚めるとアダムの姿がありません。
継父が誘拐したのだと怒ったベンは問い詰めますが何も手がかりがありません。
そしてアダム誘拐事件に悩むベンは頻繁に記憶が飛んでしまうという悩みを抱え、エラとの関係も危うくなってしまいました。


ってのがこのドラマが始まるまでの物語だったようです。
てっきり誘拐事件の苦しみから別人格が生まれたのかと思ってましたが、幼少時の虐待がきっかけだったのですね。
つまり「誘拐事件はなかった」と。

最終回で20年前の姉さん殺人事件の真相を知りたい女性がセラピーを受けて記憶が捏造されたのでは?という疑いもかけられ、甦りだした継父の記憶に自分もそうなのでは?と疑ってみたり、リンチの元恋人が「愛してる!許せ!」と殴るというのを聞いて、エネルギーが無くなったが故のような継父の「愛しているよ」という謝罪と重ねたり、暴力と愛憎というテーマが流れていたということですね(ホントか?)。
アダムとベンの涙の抱擁という美しいシーンで終わりましたけど、エラはベンを許せるのでしょうか。
許せても一緒に暮らせるのでしょうか。
もう継父という恐怖はいなくなったし、ベン自身がそれを理解できたので大丈夫だよ、と弁護してあげましょうか。

それにしてもベンさんの記憶をさらに刺激することとなった「姉さん殺人事件」はひどかった。
おそらく刑事も知ってたのでしょうね。
幼い子どもに罪の意識を持たせるよりは町の不良に罪をかぶせちゃえという見下げた正義感ですよね。
お父さんが姉さんの死体を捨てに行くのに妹を連れて行くのがものすごくひどいと思われましたけど、事故とはいえ姉さんを殺した妹に何かするかもしれない妻を見たから、ということで納得できました。
飲んだくれと評判のお父さんでしたが家族を見る目は間違っていなかったようです。

アダムが小児性愛者グループ(奥さんが趣味として容認していたのには開いた口がふさがりません)に囚われているというのはベンの見間違いだったのですね。
でもそのおかげておしゃれ刑事ホールのタックルという見せ場がありました♪
でも、またジャケットのお直し代を請求しそうな汚れっぷり。
クリーニング代だけですむかしら?(笑)

で、最後から2話めでリンチが急に食いしん坊になっていたのは何だったのでしょうか?

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by さとうさんた
  • 2011/02/26(Sat)01:44
  • Edit
カクテキさん
最終回にダーっと纏められた感じでしたね。

>エラはベンを許せるのでしょう
あの夫婦、今後どうなるのでしょう...
それにしてもエラはベンの過去など何も知らずに結婚したのでしょうか....
彼女はハリーなどベンの他の性格についても知っているようでその所もっと知りたかったです。

>「姉さん殺人事件」はひどかった
罪をきせられたチンピラが気の毒でした。

おしゃれ刑事、ラストに見せ場があってよかったです。

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2011/02/26 10:34
終盤、かなり急いでましたよね(笑)。
エラはベンの他人格に気付いているふうでしたよね?
それなのにそこらへんのことがざっくりなしというのはちょっと解せないです。
あの幸せそうに抱き合う親子で終えてしまうのはもったいないというか、そうじゃないだろっ!というか(笑)
おしゃれ刑事もすっかり身体自慢しか役割がなくて気の毒でしたよね。
離婚を繰り返してる友人刑事も「いい人」でしかなかったし。
しかし二人とも最終回では、犯人にタックル!と回想シーンでの微妙な若作りと見せ場があったのは救いでしょうか。

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]