忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

ダルジール警視 #37&38「法の裏切り 前後編」 Above the Law

EU議会選挙立候補予定のクリスティーナ・チャンスの夫で判事のジェリーが殺された。
彼は麻薬事件の裁判で脅迫を受け警護されていたが、謎の人物との約束のために警護を断った隙のことだった。
裁判絡みの線から捜査は進むが、クリスティーナは夫殺害の理由となる脅迫状を見つけ死の真相に気付き、ダルジールの元へ向かう途中で事故遭い、脅迫状も盗まれてしまった。


ややこしかったですわ。
ランサムが黒い利益を貪っていた、とまとめてよろしいでしょうか。
お互いを尊重してはいるものの、そこに男女の愛情はなかった判事夫妻が正直者に見えましたよ(その通りだからっ!・笑)。
夫婦関係といえば、パスコーとエリーですよ。
エリーはロンドンの大学で職を見つけ、夫婦がやり直すには「ダルジールから離れるべき」との決断を迫りましたよ。
そんな状況なのに、犯人射殺で「勲章がもらえるかも!勲章刑事の妻になれるんだぞ!」でエリーを引き留められると思っているのが不思議。
人生初の躓きで(おそらく)冷静な目ではないのでしょうね。
このまま離婚となるかはわかりませんが、とりあえずこの夫婦は別々に歩んでいくことになりそうですね。
確かパスコーはエリートだったはずなので「妻の仕事についていく」と転属を願い出れば(シュトッキーみたいにね)失職することもなかろうにと思うのですが。
エリーの突き付けた条件は「仕事か家庭か」ではなくて「ダルジールか家庭か」の二択だったのですね。
刑事の妻がイヤなのではなく、ダルジール付きのパスコーがキライなのではなかろうか。
万が一パスコーがロンドン行きを承諾したらしたで出発の日になって
「本当は一緒に来て欲しくない」と言われただろうな。
あれ?こんな話、どこかで聞いたことあるぞ?(WATのジャックに心から同情しましたよ)。

パスコーはこんなだし、警視は国の利益を優先した警察組織に怒り退職すると宣言、次のシーズンはどうなることやら。
意地悪な私はシリーズが続いているということが先にあるので気にもしてませんけど。
あ、どんな理由で戻っているのかは気になりますよ(笑)。

余談
警視のところに居候しているからてっきりパスコーは追い出されたのだと思っていたら、 エリーは娘を連れて家を出ていたって?
じゃあ、あの家はどうしてたのさ、寂しかったのか?
とにかくこのシーズンのパスコーはキャラクターが変わったかのようでした。
ホワイトボードをきっちりまとめるような男に生活能力が欠けていたとは…。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by さとうさんた
  • 2011/03/09(Wed)00:41
  • Edit
優等生だったパスコー、すっかりダルジール化が進んでしまいましたね。

>「勲章がもらえるかも!勲章刑事の妻になれるんだぞ!」でエリーを引き留められる
全然エリーの心境がわかっていませんね。
本人随分得意そうでしたけど。
あの調子では関係の修復は難しそうです。

このエピソード、やたらダルジールのアップが多かったような気がしました。随分意固地になっていますが来シーズンどのように思いとどまるのでしょうね。

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2011/03/09 13:19
パスコー、どうしちゃったのでしょうか。
しっかりもので優秀エリートだったはずなのに、家庭もだめだし仕事もいいとこなしです。
刑事の嫁なのはわかっていたはず、とエリーを責めることもできますが
今のパスコーを見ているとエリーに分ありですね。
ロンドンに行こうとは思わないパスコーは自分のダルジール化に気付いてもいないのですね。
これもちょっとがっかりです。
>やたらダルジールのアップが多かったような
画面が窮屈でしたよね。
アップもそうですが、音を立てて何かを食べながら喋っているシーンに本気で嫌悪感を持ちました(笑)。

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]