忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

トゥルーブラッド2 #1(13)

インチキ霊媒師殺害事件、監禁されるラファイエットたち、太陽教団にのめり込むジェイソン、サムが怯える(そう見えるだけ?)マリアンの正体等々、今シーズンも楽しみ。
ジェイソンがお勉強を始めてしまった太陽教団は反ヴァンパイア、でも妹スーキーはヴァンパイアと付き合ってる、矛盾を感じて困惑したりしないのかな?
今のところは、おじさんの遺産相続で研修費用のあてがついたことを素直に喜んでいるので問題なさそうですが。
「私はいらない」というスーキーに「半分にしようよ」というお兄ちゃんセリフに感動さえ覚えたので、酒と女を目の前にしても拒否できる彼の信じる道を応援したい。
でもああいう協会っていうか団体はまずインチキ(笑)。
がんばれ、ジェイソン!

そんな中、一番気に入ったのはビル。
新人ヴァンパイアのジェシカを教育する姿が、新米パパのようで微笑ましい。
ヴァンパイアにしてしまった事情に比べると、あまりにもホームドラマでほのぼのする(ゴミの分別・笑)。
ビルは妻と離婚、その前妻が死亡したために娘と暮らすことに。
小学校入学前に別れた娘はもうティーンエイジャーで、反抗期に疎遠だったパパへの感情がプラスされ…といったストーリーが浮かんでにやついてしまう。
スーキーの協力も得られるようなので(ってことは脳内では後妻スーキー・笑)「きょーいく」がうまくいくといいですね♪

余談。
できればエリックには腕を隠す服を着ていただきたい。
一番いいのはエミー賞の時に見たタキシード姿かな。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

あの地下牢。

  • by atsumi
  • 2011/06/12(Sun)06:50
  • Edit
ラファイエットたちが捕らえられてる地下牢のメリーゴーランドみたいなやつ、あそこまでしなくても(苦笑)いかにも『ダンジョン』て感じで古典的ですが。
ボンタンのゴミ分別の説明には興味津々、どこまで細かく分かれてるかなーって期待しちゃいました。そういう生活ドラマじゃないってば。
ジェイソンの教団教義へのハマり具合は、世の新興宗教の持つ『魔力』のいい例ですね〜ああやって崇めていくんだろうな。
濃いTBを月曜10時に見て、ユーリカは録画に。TBを録画にするとためてしまいそうなので、濃すぎて。

Re:あの地下牢。

  • by カクテキ
  • 2011/06/12 09:57
監禁されている地下牢、まさに!という感じで好きだったりします(笑)。
「ゴミの分別」という言葉がこのドラマから聞こえてくるのは意外で、かなり食いついてしまいました。
そのせで、ビルを見る目が変わってしまいそうです。
ヴァンパイアになったのもすべてこの真面目な性格故なのだと再認識できました。
ジェイソンもある意味大真面目な人なので応援してあげたいのですが、太陽教団は胡散臭いお手本のようなところなので楽しみでもあります。

え、ユーリカって月曜日なのですか?
私、土曜日の回を見てました(録画で)。
そんなギリギリの回を見ていたなんて知りませんでしたよ。

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]