忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

アナコンダ2

アナコンダ 2
「異常犯罪捜査犯」のジャック・ヘイル役、ジョニー・メスナーが出演しているということでチャレンジ。

ボルネオのジャングル地帯に7年に半年だけ花を咲かせるという蘭。
この蘭の花の成分が細胞を不老化させることに目をつけた製薬会社&研究者チームが雨季にもかかわらず蘭の採取へと向かう。
メスナーさんは彼らを乗せていく船の船長さん。
その行く手には巨大なアナコンダが待ち受けていた。

いやー、でかい!人を丸呑みですよ!
蛇の生態はわからないが、本当に人間を襲うのだろうか。しかも餌として。
船上にまで攻撃してくるのは恐い!
でもタイトルのアナコンダが活躍(?)するのは映画のラスト近く。
そこまではチーム毎、またはチーム内での人間関係とか意見の対立とか。
船が壊れたため、仲間の船へと向かうために沼を歩いて渡っている間を縫うようにしてアナコンダが泳いでいくシーンは豪華だった。
あとは大量のヒル、滝つぼドッボーン、毒グモとジャングルパニック勢ぞろいといった感じ。
一人、また一人と命を落とし、人間関係の編成が変わっていく。これも辺境地パニックならでは。
欲を出して仲間を裏切り、蘭の採取を強行した男は、毒グモにさされアナコンダの巣窟へと落ちていくのでした。
で、ジャック・ヘイル船長さんは生き残った金髪のお姉さんといい感じになるのでした。
ここでもかよ!

ジャック・ヘイルinボルネオ!!
なんかジャックが出張中な感じだった。そう思って見ているからだろうが。
お金につられて危険を承知で川登を強行し、結果滝つぼに落ち後悔している表情などジャックそのもの。
だって同じ俳優なんだから。
またこの映画もドラマと同じで純粋なファンからは怒られるような楽しみ方。
楽しかったですよ。アナコンダがウワーッ!てすごい勢いで飛び出してきたり、船長さんの飼っているおサルさんが可愛らしかったり。
巨大蛇の裂かれた腹から人間の足が突き出ているショッキングなシーンも満載だし。
でも何故かワッハッハ映画なのでした。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by びち
  • URL
  • 2006/06/01(Thu)18:32
  • Edit
いやぁ、ジャックが退職してボルネオに行ったって感じでしたよね〜笑
でもそんな所が◎な映画でした。
いいわ〜ジョニー・メスナー♪
益々好きになってしまったのでした。
でももっとあの肉体を駆使してくれてもよかったかなぁって思いません?!
蛇って基本的に締め上げてから、丸呑みなはずなのに、いきなりガバっていっちゃってて、かなりダイナミック。
それでもパート1のアナコンダよりは、リアルになってましたよ〜
これから、新ジャック・へイル映画&ドラマを探そうかなぁって思っています・笑

無題

  • by yasishi
  • 2006/06/02(Fri)10:05
  • Edit
びちさん、おかえりなさい。
ホント、ジャックそのままでしたね。
確かに、メスナーさんの見せ場は、ワニを仕留めた所だけだったような気がします。
あの体格なのにもったいない!
やっぱりそうですよね、蛇って締め上げますよね。シャーッ!といってガブッ!じゃないですよね(笑)。
そういった生態のリアルさのなさが勝因でしょうか。
でもアナコンダのつくり自体はリアルに進化しているのですね。以前の映画雑誌にも「1」のアナコンダは酷い、「2」はアナコンダはいい、でもストーリーは盛り上がらない、出演者に華がないと書かれていました。
楽しかったのですからいいじゃないですか!

無題

  • by びち
  • URL
  • 2006/06/03(Sat)17:23
  • Edit
まだこの映画を引っ張ってもいいでしょうか?笑
蛇と格闘して、金髪美女を助けるメスナー氏を見たかったなぁって、未だに思います。
映画雑誌の評論、的を得ているかも!
1は、ジェニファー・ロペスが綺麗だったからそれだけで○だったような。
2は、確かに華がない。。。涙
2の敗因は、ジェニファーだけでなくて、もしかしたら蛇の量かなぁって思います。
なにせ小さいのからデカイのまで、そりゃぁうじゃうじゃ出てましたから♪笑
でも私は2が断然好きです!

リンクありがとうございます!
これからも色々お話してくださいm(_ _)m

無題

  • by yasishi
  • 2006/06/03(Sat)22:04
  • Edit
びちさん
どんどん引っ張ってください(笑)。
この映画雑誌は愛読している「映画秘宝」です。
その見解が当たっているとすると
アナコンダにお金をかけてしまったので出演者に回す分がなくなったから…と想像しちゃいます。
確かにメスナーさんしか見たことないなあ。
でもワッハッハでOKだったですけれど。
勝敗を決めるために「1」もテレビで放送したら(笑)見てみることにします。

こちらこそ、リンクありがとうございます。
何だか人と違うところで楽しんでしまうヘソマガリですが
よろしくお願いしますね。
度が過ぎていたらご指摘ください。

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]