忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

OZ−5「麻薬」

署長の従兄弟というふれこみのマークストラムが自殺に見せかけて殺される。麻薬の仕入れルートのことでシベッタに試されていたことを知らずにまんまとひっかかってしまったため。が、なんとマークストラムは潜入捜査官だったと。
シベッタの部下を他の区画へ移動させて黒人グループと手を組ませるよう仕向け、麻薬のルートをつかむことが潜入捜査の方法だったのだろうか。
刑務所内への潜入捜査というのはよくあることなのだろうか。(後にもでてくるけど)ばれないように麻薬を使用することに対してどんな気持ちなんだろう。「24」S3でのジャックもそんなこといってたけど。

今回気になったのはライアンとミゲルの麻薬の溺れっぷり。彼らはあんなふうに溺れていた印象がなかったので意外だった。見ていたはずなのに。特にライアンは策士だから頭をすっきりさせておくなんてことを言ってた気もする。
ビーチャーについてのシスターとマクマナスの見解、「彼はアルコールに溺れていたから麻薬も心配」ってそんな危険な区画に収容したのは誰ですか、と言いたい。ビーチャーのようにホワイトカラーの世界からいきなり犯罪歴もかなりな人達と一緒にされたらまともじゃいられないだろうに。

監房内でのシベッタのお食事風景。ガウンを着てナイフとフォークで何を食べていたのでしょう。優雅ですね。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]