忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

OZ−6「自愛」

自分は被害者だと思い、どんどん堕ちていくビーチャー。そんな彼にシスターは加害者であることを思い出させようとする。被害者の母親と面会させるんだけれど、それが良かったのか悪かったのか。椅子をシリンガーめがけて投げつけ、目に怪我を負わせてしまう。
今まではビーチャーに対してペットのような扱いだったが、これから様々な確執の始まりとなる。

ミゲルのお祖父さんは、ミゲルが収容された時には「俺がわかるか!」とすごんでいたのに、あっという間にあんな症状になってしまうのだろうか。アルツハイマーは短期間に進行する病気なのでしょうか。時間の流れも性格にはわからないけれど。
年老いた囚人にかかる費用は青年の3倍にもなるという。シスターと神父の「老人のためのケアができないから釈放するべき」というのはわからないでもないが、所長のいう「だからと言って罪が消えるわけではない」ということのほうが真実だと思う。

やはりライアンは仕切っているヤツが減ることを望んでいるのでしょうか。シベッタに取り入っていたのは、シベッタを始末するための助走だったのか。アデビシはライバルにはなりえないもの。

登場人物の関係は頭に入っているが、その出来事がどんな展開をしていくのかほとんど覚えていないことにびっくり。見れば「ああ、そうだった」となるが、そうなるまでちょっと先が思い出せない。その分新鮮に見られるということにしておきましょうか。



始めまして (がろと)

2005-11-20 14:58:49

こんにちは、ときどきこちらを覗かせていただいてましたが、改めてご挨拶に参りました。

今はついにOZ断ちをして全く観てないんですけど、S2が始まったらまた復活かななんて思っています。
観るつもりじゃなくても気になるんだろうな。

登場人物の関係、私ももう何度観たかわからないのに囚人の名前は覚えてないし、関係もあやふやだし。
突っ込まれたらわからない部分山ほどあります。
結局気になる部分しか覚えてないんだよね…と私の場合はすべてがビーチャーに行ってしまうのですが。

またお邪魔いたします。



がろとさんへ (yasishi)

2005-11-20 16:37:34

コメントありがとうございます。
くまぷーさんのところでお名前は拝見しておりましたが、こちらにも寄っていただけてうれしいです。

気になるドラマです。見たはずなのに何故か新鮮。自分が忘れているだけなのですが。
ビーチャーがお気に入りですか。私はミゲルとライアンですね。
前回、ビーチャーがシリンガーの目に怪我を追わせたのでこれから二人の確執が激しくなると思うと楽しみです(?)。
よかったらまたおいで下さい。



Unknown (ゆうき)

2005-11-21 16:59:58

TBありがとうございました。こちらからもさせて頂きました。
アルツハイマーって進行に個人差があるものなんでしょうか?先日レーガン元大統領のアルツハイマーのことを放送していたときはそう早い様子でもなかったのですが。TVでは5週でもドラマの中では結構時間が経ってたんでしょうか。老人用の刑務所って必要かもしれないですね。(現実ではすでにあるのかな?)



ゆうきさんへ (yasishi)

2005-11-21 22:54:34

TBありがとうございます。
アルツハイマーは徐々にわからないことが増えていくように思うのですが。あそこまで急に何もかもわからなくなるというのは想像できません。
もしかすると、独房に入っていたからまわりが気づくのがおそくなったのかもしれませんね。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]