忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

MAD探偵 7人の容疑者

MAD探偵 7人の容疑者 [DVD]
「MAD探偵 7人の容疑者 [DVD]」
 [DVD]
 レーベル:ケンメディア
 発売日:2011-08-02
 by ええもん屋.com

当事者と同じ状況になってみることで事の真相を見つけ出し、数々の事件を解決してきたバン刑事。
しかし、上司の退職祝いに自分の耳を切り取って差し出したことから職を辞することに。
5年後、退職間際2日間だけ一緒に働いたホー刑事がバンの元にやってきて、行方不明刑事の銃を使った連続強盗事件に行き詰っているので助けて欲しいと言われ協力することに。

…設定がわかるまで難しかった。いや、わかってからも難しかった。
でもそんなこと言わせないエネルギーが勝っているので問題なし!

バンは被害者の気持ちになって事件が見えるだけでなく、
人の性格が人物として見えてしまうという非常に特殊な能力も持っているのですよ。
なのでややこしい。
連続強盗事件も、容疑者(行方不明刑事の相棒コウ刑事)が7人に見えるのですよ。
リーダー格の女性、腕っぷし自慢、太っちょ大食い(そうです、ラム・シュウです・笑)、と実際に描かれているのは3人くらいなのであとはややこしさを増すためだけ?とも思えますが(笑)。
コウが口笛吹くと7人の口笛がはもったり、
車に乗ってると実はあと7人いるぎゅうぎゅう詰めたっだりして非常に愉快。

この「性格が人として見える」というのがとてもよく、
バンを信頼していたはずのホーが、途中少年の姿になってしまうのですよ。
どれだけバンのぶっ飛んだ捜査に怯えていたかがよくわかるというもの。
そりゃ怯えますよ、被害者になってみるのはバンのはずなのに逆に埋められて放っておかれたりすれば(真似ちゃだめだろっ!と正当につっこめます・笑)。

というわけで、バンに対して疑心暗鬼になったホーは、コウ側についたりして、「拳銃取り戻したら殺されちゃうよ」というバンの忠告を無視して本当に消されそうになってようやく気付くけど時すでに遅し。
複雑怪奇な撃ち合いで生き残ったのはホーだけ。
仲間が到着する前に、組み立てたストーリーに合致するよう、拳銃の指紋を拭いて持たせてみるも、「あ、これじゃだめか」とまた拭き直して持たせ変えてみたりを繰り返すホーの姿をひいてお終いですよ。
拳銃取られたり、貸したり、といろいろ複雑なので正解をさがしてみるのもいいかも!(私は放棄)
頭からしっぽまで混沌としており、たいへんに魅力的であります。
何故太っちょは銃を撃てない?とか、放りっぱなしのような気もしますが、気のせいでしょう(笑)。
バンが奥さんと会話してるけど本当はいないところなどはレストランの主人の言葉から
「妻の死で心を病んでしまった悲しいバン」を想像して、バイクで夜の街を走るところなんてホーと一緒にどじんわりしたりしましたが、違うじゃん!(笑)
勝手にいい話を想像させて突き落とされる感じもよかったですよ。
見えたものをそのままに受け止めることをお勧めします!

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]