忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

「田舎の刑事の趣味とお仕事」 滝田務雄

田舎の刑事の趣味とお仕事 (創元推理文庫)
「田舎の刑事の趣味とお仕事 (創元推理文庫)」
 [文庫]
 著者:滝田 務雄
 出版:東京創元社
 発売日:2009-09-29
 by ええもん屋.com

珍しく見ている日本のドラマ「デカ黒川鈴木」の原作。
飄々としているが観察眼の鋭い黒川(ドラマでは板尾創路さん)、おバカさんを絵に描いたような白石(田辺誠一さん)、真面目な赤木(田中圭さん)の三人が、ふだんは平和な田舎町で起きた事件を解決していくというお話。
本は買っておいたのですが、先にドラマが始まってしまい慌てて読み出す始末。
それが功を奏したのか、キャラクターがつかみやすくてあっという間に読んでしまいました。
話が進むごとに、黒川の奥さんの存在が増してます。
おバカな白石にキレるにはそれなりの家庭でのストレス(?)もあるのだな、と納得のいく壊れかけに思えました。
3話までしか見ていないドラマ上では、まだ黒川はそれほどへんではありませんが、本ではかなりいい感じです。
あとがきで著者は「黒川さんのポジションが弱くなってきた」と書かれておりますが、その困ったような壊れかけの感じが私は好きであります。
奥さんに対抗しようなどと思わずに、このままいい感じで困って欲しいなと思います。

おバカさん刑事白石役の田辺さんもいいです。
「~じゃなくね?」とか今風の若者言葉を使うのですが、どうも違和感あり。
使い慣れていないイントネーションのせい?と思ってましたが、発声だと思います。
抑揚の少ない平板な言葉をしゃべるには発生がよすぎるのだと思います(笑)。

どうでもいいことなのですが、ドラマ第1話のわさび泥棒の話。
子どものいない夫婦が養子をもらうのに何故に女の子?と不思議でした。
が、原作はそんな話ではなく、ドラマ制作上のことなのだなと納得がいきました(笑)。

というわけで、続編の「田舎の刑事の動物記」も黒川さんの、VS嫁、VS白石、VS事件を楽しみたいと思います。
そうか、黒川さんは忙しすぎるのですね。

田舎の刑事の動物記 (創元推理文庫)
「田舎の刑事の動物記 (創元推理文庫)」
 [文庫]
 著者:滝田 務雄
 出版:東京創元社
 発売日:2011-12-21
 by ええもん屋.com

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]