忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

ドラマに出てくる薬

「リベンジ」のタイラー、「クリミナルマインド6」#20「傷を負った女」での犯人、薬を呑もうとしてボトル(カメラのフィルムケースを大きくしたみたいなヤツ)を持ったら空だった、というシーンを最近続けて見ました。
この二人に限らず、たまに見かけますよね。
これ、私には信じられないです。
何の薬かにもよりますが、痛みを和らげたり落ち着きをもたらしてくれる薬が減っていくことは大きな不安。
事実、ある病気(ものすっごく痛いの…・笑)に対しての処方薬はお守り代わりに数回分キープ中。
これに手を付けたら病院へ、と思っているし。
なので、「空になった時に何も思わなかったのか?」とそのへんが気になって仕方ない。
最近見たこの二人よりも私の方が薬に頼りきっているということでしょうか。

あと、薬といえばウィーン。
昨日見たREXで、睡眠薬を砕いているシーンがありましたが、その粒のでかさときたら!
ちょっと前に出てきた治験薬もかなりの大きさだった。
ウィーンの錠剤は基本あの大きさなのだろうか。
だとしたらウィーンには住めません(笑)。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]