忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

まさか?と色めきたった「パラダイス・ロスト」 柳広司



「ジョーカー・ゲーム」
「ダブル・ジョーカー」に次ぐ、出てくる場面はほとんどないのに、強い存在感をみせつける結城中佐ファン待望の三作目ですよ。
「ダブル・ジョーカー」の読後、なんとなく「もう読めないのでは?」と思ったので、応募したまま忘れていたプレゼントが当選したような、妙な興奮がありました。
三話目以降に番外編的なイメージを持ったのはそのせいでしょうか。
三話目「追跡」は、「ついに結城中佐の過去が!」と色めき立ちましたが、まさかですよねえ。
知りたいけれど知りたくない、読者はみんなそんな気持ちですよ。
結城中佐の生い立ち解明にのめり込む男の気持ちがたいへんよくわかる(任務は別にしても)、そんな話でした。
ラスト二話の前後編「暗号名ケルベロス」、D機関の男が任務を遂行したかに見えたその後、予想外のことが起こるというのも毛色が違った感じがして好き。
任務外の独自捜査という変わり種ながら、そこにD機関の教え「死ぬな、殺すな」とは真逆の諜報活動が見られるのもまた結城の存在を強く感じずにはいられない。
教えと、「スパイ活動は汚い仕事、だから紳士にしかできない」、血が通っていながらのクールさに私は夢中なのだな、きっと。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by あみ
  • URL
  • 2012/07/20(Fri)08:52
  • Edit
>出てくる場面はほとんどないのに、強い存在感をみせつける結城中佐
露出が少ないからこそどんどん想像(妄想)が膨らんで行きますよね(笑)

>知りたいけれど知りたくない
私ももし結城中佐の過去が語られるとしたら、それはこのシリーズが終わる時か、番外編ではないかと思っているのでどちらかと言うと知りたくないかな(笑)

「暗号名ケルベロス」は読後の余韻がこれまでにないもので、私も気に入っています

Re:No Title

  • by カクテキ
  • 2012/07/20 14:12
結城中佐の存在感、すごいですよね~。
おっしゃるように妄想が膨らみ過ぎて困りますよ。
確かに、結城中佐の真実が語られるとすればそれはお終いの時かもしれません。
やっぱりそれは読みたくないですよね(笑)。

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]