忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

知らない国の文化に触れるのも楽しい「湿地」 アーナルデュル・インドリダソン



単純な老人殺害事件と思われたものの、被害老人の本当の顔がわかって事件の見方が変わってくる。
本当の顔に関係した人物をたどるとまた違った側面が見えてきて…事件の重なり具合が広がっても混乱することなく気持ちよく読めました。
内容を考えると気持ちよくは語弊がありますが。
タイトルの意味、その重要性がわかるタイミングが私は好きでした。
焦らされもせず、いきなり?という感じもなく、そのまま受け入れられるような、見事さがあったと思います。

ヘニングマンケルっぽいと比較されているのを見ましたが、こちらの方が読みやすいと思います。
しかしヘニング・マンケルのヴァランダーの方が私は好み(笑)。
まだ一冊目なので単純に比較はできませんが。
本筋の老人殺害事件だけでなく、元嫁の知人の娘が結婚式から姿を消した件も内密に頼まれており、これって必要?と首を傾げました。
が、読後、娘との関係性を語るのに何気に重要だった気がしました。
そう、これですよ。
娘との関係に明るい兆しがあるのですよ。
だめっぷりが低いともいえるから、ヴァランダーに軍配を上げてしまうのですよ(笑)。
また、この「湿地」はエーレンデュル刑事を主人公にした3作目だとか。
できれば最初から読みたいですよねえ。

アイスランドの小説は初めて読みました(たぶん)。
新鮮だったのは、「緊急事態に犯罪捜査官は青いライトを車の屋根に載せて交通ルールを無視して走行してもOKという新ルールを初めて利用した」というところ。
外国の映画でそんなことをしているのを見たけれど、レイキャビクで使うことなんてあるのか?と鼻の先で笑った、とあります。
主人公はベテラン刑事でありますが、「新ルール」というからには数年の間のことでしょう。
この小説が2000年のものなので、1990年代後半でしょうか。
物心ついた時からサイレン音も高らかに赤灯、青灯がくるくる回っているのを見ていると信じ難いですよ。
「その国のことを知るにはミステリを読んでみるのがいい」というのがわかるような気もします。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

うらやましい

  • by 沙樹
  • 2012/07/29(Sun)16:53
  • Edit
湿地、読まれたのですね。

私も、ヴァランダー大好きなので、ヘニングマイケルと同じ作風らしいと聞き、読みたいと思っていたのですが、何故か私が立ち回りする本屋には置いてなくて・・
普段ならCWAとかの受賞作、置いてないなんてことないんですけど(^_^;)

北欧のミステリー、今のところ外れがないので、安心して読めます。
やはり、探して読んでみようと思います。

ミステリーは、食べ物や生活習慣、宗教観など、本当に、その国のことわかりますよね。
小説そのものも楽しめて、お得・・・ですね(^^ゞ

Re:うらやましい

  • by カクテキ
  • 2012/07/30 09:34
>立ち回りする本屋には置いてなくて
ちょっと前に新聞に東京創元社の大きな広告が載っていたのも関係しているかしら?
私もあれでやっぱり読んでみようと思った口なので。
ヴァランダー好きなら楽しめると思いますよ。
ただ私には主人公のだめさ加減が足りないような気がします(笑)。

ところで、ヴァランダー好きということはドラマもご覧ですか?
本家スウェーデンのものは挫折しましたが、BBCのケネス・ブラナー版は楽しみにしています。
今週末S3がWOWOWで放送ですよね、楽しみです。
でもその前にREXベストエピソードが5時間あるので来月に見送るかもしれませんが(笑)。

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]