忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

シークレット・ウィンドウ

シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション奥さんと別居中でだらけた生活を送っている作家モート。
彼のところにシューターという男が「俺の作品を盗作したな」とやってくる。
シューターの持参した原稿は確かにモートの作品と酷似している。
「俺の作品なのだから、結末を元通りにして俺の名前で出しなおせ」とシューターは執拗につきまとう。
有名になるとストーカーまがいの人に苦労するのね、と思いきや…

ジョニー・デップ好きなので彼の映画はたいてい見る。
日頃、変わった嗜好を指摘される私ですがこれは否定されない(見ている箇所は違うかもしれない)。

テーマが盗作。もう少し早く見ていたらあの絵画事件とリンクしてしまうところだった。
映画は盗作のようで盗作ではないのですけれどね。
そんなに時間は長くないし、だらだらしてなくてよかった。モートはだらだらした作家だけれど(笑)
スティーブン・キングの原作だし、お話の想像はつくがそれでも楽しめる。
やっぱりジョニー、いいなあ。
お気に入りシーンはシューターに追い込まれるモートが顎をうがうがさせるところ。
顎の不具合をかかえる私にはリアル…

書き直しをせまるシューターがジョン・タトゥーロ。彼もまた怪演。
「名探偵モンク」を知る人には
アンブローズ、外に出られるじゃない!と余計な突っ込みの楽しみも。

しかしキングは壊れてしまった作家を描くのが好きなのかなあ。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]