忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

OZ−36「武装」

そういえばブシェミが監督してたなあ。それがこの回でしたか。

とうとうシリンガーの息子ハンクの死体が発見される。
対話プログラムが穏やかに進んでいたのに元の復讐合戦に戻ってしまう。
ビーチャーは反省しているがどうしようもない。
そんな彼を救うのが喧嘩中のケラー。
自分の罪を認めることは拒否したのにビーチャーの罪を被る。ヘッドバットまでして自分の意志を貫く。
クルティエを通じてシリンガーに「ハンクを殺したのはケラー」と伝える。
一瞬復讐に色めきたったものの、その言葉を信じ復讐合戦の終息を宣言するシリンガー。
憎しみ以外の感情が欲しい、と。
ケラーはこの結果を見越していた。全てはビーチャーを守るため。
こんな愛情の表現、ケラーにしかできません。受け止められるのもビーチャーだけでしょう。
喧嘩中なのがウソのような最後の抱擁…
深い愛情を再確認したものの、ケラーは別の州で裁かれるので離されてしまう。
いろいろあったシスターも全てお見通しのよう。
事を治めるためにケラーの決断は正しかったと認めてくれたのか。
皮肉屋ケラーの素の顔が見られた一瞬だったかもしれない。

新薬の実験がすごいことに。
シリルが白髪に!鼻血を出して死亡するものも!
人間に投与するのは初めてだということなので思わぬ副作用。
シリルの老化は急激過ぎるが、薬の目的が老化させることなので何ともいえないが、死亡はねえ。
突然バッタリだもの。計画の頓挫が目に見えてくる。

ムカダ神父とクルティエ牧師のミニ宗教戦争、期待のエピソードです(不謹慎!)。
カークを間に挟んでムカダ神父が意外と大人気ないのが好き。
今回も一見にこやか、でもはらわたが煮えくり返っている神父の表情、たまりません。
クルティエもあのシリンガーを導いた実績があるから否定できないし。
ガンバレ、ムカダ!

所長の情報屋になることを条件に独房を出たミゲル。
探りに入ったモラレスには殺しを命じられるし、それを所長に告白すれば「残念だったな」で片付けられるし、八方ふさがり。
追い詰められたこの男はまた人を殺めてしまう。結局独房へ。
精神不安定に逆戻りしたのか、独房内に自らの糞便を塗りたくる。
偽物だってわかっているけれどうれしいものではない。
その様子を見た看守は知らぬふり…ネイサン先生を呼んでもあげない。
TWでダメダメなポーリーを見たばかり。
窮地に追い込まれて人を傷つけて自分は不安定…何故こんなに似ているのだ?

サイードの懐に入ることに成功したリロイ。しかし殺害の最大のチャンスを自ら逃してしまう。
このあたり「泣いた赤鬼」みたい。あ、また不謹慎かも。

みんなに注目されたいってだけでホワイトの対象に選ばれてしまったマクマナス。
刺されたのは気の毒だけれど、後々の中途半端な対応を思うとあまり同情できないな。

今回はなんといってもKさんとBさんに尽きる。
なので他はぼーっとしてたのでとりとめがありません。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]