忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

暑いからか?北欧ミステリ「特捜部Q」 ユッシ・エーズラ・オールスン






未解決重大事件を扱う新部署「特捜部Q」を任されたカール・マーク警部補。
オフィスは使っていなかった地下室、アシスタントは謎のシリア人アサド、と実際は殺人課から厄介払いされたのだった。

そんなシリーズの一作目「檻の中の女」と二作目「キジ殺し」を読んだ。
この設定、「ニュー・トリックス」のサンドラですよね(笑)。
事件を解決したら評価が高まっているところも含めて。
「檻の中の女」では、カールとアサドだけだったチームに、「キジ殺し」ではローサという秘書が加わる。
彼女、警察学校で優秀だったのに自動車運転免許を得られずに警察官になれなかったという素晴らしい経緯の持ち主。
さらには前任署でなにやら問題を起こしてカールのいる警察署にやってきたらしい。
終盤で明らかになるけど…やらかし屋さん?(笑)
ちょっとがさつなだけで魅力がイマヒトツに感じましたが、次作以降に期待かな?

このチームのやりとりは、とても愉快なのに追う事件は真逆もいいところ。
誘拐され何年間もの監禁、金持ち寄宿学校の特異なグループによる連続暴行、どちらにも狂気が混ざっていて精神的にかなり厳しい。
チームと事件のアンバランスがチャームポイントなのでしょうか?

カールの心の闇、小出しにされるアサドやローサの情報も気になるところなので、三作目「Pからのメッセージ」も読んでみようかな、と。


拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]