忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

FBI失踪者を追え!2−13「人生のルールと嘘」

人は見た目が○割、なんて本もあるけれどそう思うことって確かに多い。
今回失踪した人のお兄さん、私は絶対ロブソンだと思っていた。
なので「この人は絶対犯罪に加担している」と決め付けて見ていた。
犯罪に関わっているのは正解だったけれど、ロブソンはハズレ。
どこまでOZ好きなんだか、あきれる。似てたと思うんだけれど…

失踪者は自己啓発セミナー「ライフルール」講師ウィル・スターリング。
むかえのリムジンに乗ったが、直後に本当の迎えのリムジンが到着したことで誘拐の疑いが。
ウィルの周りには疑わしい人物が。
元幹部で今はネット上でライフルールを批判している男、
ライフルールのCMに起用されているが、ウィルに付きまとっていると思われる女性。
ライフルールの金の動きを調べると、批判している元幹部や、売れない俳優ポール・モスコウィッツに多額の給料が払われている。
派手に見えてはいるが財政面はかなりのピンチであることもわかる。

金の流れを追跡するとポールは幹部ゲイリー・モスコウィッツの弟。
でもポールは病院で昏睡状態、しかもゲイリーとは人種が違う。
問い詰めると、失踪したウィルこそがゲイリーの弟ポール・モスコウィッツ。
病院で昏睡状態なのがウィル・スターリング。
モスコウィッツ家は里子を迎え入れていてウィルもそのうちの一人。
薬で昏睡状態になったのを利用して、カリスマ講師ウィル・スターリングを誕生させたのだった。

里子と今でも仲良しなんて本当はそう悪い人じゃないんだろうな。
おまけに途中参加の腕力系のワルには講師の腕をふるっておとなしくさせちゃうし。
講師としてのウィルが一人歩きし、セミナーにも宣伝活動にも主導権を発し始めたことが引きがね。
失踪は宣伝のための狂言。
里子だった男を計画に引き込んだら兄ゲイリーの知ることとなる。
こちらはもうちょっと悪だったから傲慢になりつつあった講師ウィルを消すチャンスと考えた。
ジャック達にバレバレなのに「まだ大丈夫」と自分に言い聞かせるように自分の子分と話すのがすごい。
さすがケチな詐欺として自己啓発セミナーを計画した人だ(笑)

結果、誰も命をおとさずに関係した悪人を逮捕して終わり(失踪者含む)
すごいのは最後まで説教し続けた講師ウィル。
売れていないとはいえ、俳優だけあって役にのめりこんじゃったんだろうね。
ある意味、彼に向いている職業だったんだ。

CMに出演した女性はただ心酔したストーカーだったのかな。
思わせぶりな登場でしたが。

ダニーは、ふざけて持ち帰ったんですよね?
もしくは捜査官としての糧にするためですよね?
セミナーに頼らなくても、ダニーには教会があるんだから。
対してサム。セミナーにはまっていた時期があるとか。今でもわりと肯定的?
なのにセラピーには難色を示したわけだ(笑)
結局はおとなしく受けましたけどね。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by まめ
  • URL
  • 2006/07/03(Mon)20:43
  • Edit
こう読んでみると、計画したものの
バレそうになって弟を殺そうとした兄が
一番の悪党ですね。
ケチな詐欺師は、考えも狭くなっちゃうんですね(^^;

ダニー本気で持ち帰ったんだと思ってた(笑)
セラピーをいやがっていたサムも
やりはじめたら、あっと言う間にすっきりしちゃったみたいで
影響されやすい二人なのかな(笑)

TBありがとうございました♪

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2006/07/03(Mon)22:06
  • Edit
今回はお気楽にのんびり見てしまいました。
このくらいわかりやすいお話の方がほっとします。

ロブソンか・・・なるほど。
怪しげな部分は似てましたね。
ダニーは単にコレクションを増やしたかっただけでしょう。
それってやっぱり反則ですよね?

TBありがとうございます。
こちらからもTBさせていただきます。

無題

  • by KEI
  • URL
  • 2006/07/04(Tue)09:48
  • Edit
こんにちは。
こちらからもTBさせていただきました。

わたしもまめさんと同じく、ダニーったらハマったわねって感じていました。
同志を見つけたとばかりのサムの嬉しそうな表情も可愛いなぁと思ったし(笑)

とにかく、気楽に楽しめるエピソードでした。

無題

  • by yasishi
  • 2006/07/05(Wed)09:14
  • Edit
まめさんへ
「バレそうになって弟を殺そうとした兄」これが一番の悪党だったとは
やはりお気楽なエピソードだったということでしょうね。
ダニーの持ち帰りの真相ははかりかねます。
でもうれしそうだったのは事実ですね。


Garotoさんへ
たまには気の抜けるようなお話も必要ですね。
まったくどこまでOZに洗脳されているんだか、自分で哀しくなります。
「移植された歯茎が…」とかどんどん妄想が膨らんでました。
たどりやすい話でよかったです。


KEIさんへ
ダニー、はまっちゃったのかしら?
いたずら小僧のような表情に真相が隠されてしまってますね。
でもダニーには教会があるからなあ、と思ってしまいます。

無題

  • by びち
  • URL
  • 2006/07/05(Wed)20:25
  • Edit
あーホントだ!ロブソンっぽい!
私はウィルは、OZに入ったらクルティエの次のカリスマになれるんじゃないかなぁって期待しちゃってます。
バイカーあたりに受けるんじゃないかなぁって・笑
私も犯人を見ると、すぐにOZでどんなポジションにつくのかなぁって想像します。
あの中で生き残れそうな人ってなかなかお会いできないけど。
なんだかんだ言ってウィルの見た目にはまりそうな私です・汗

無題

  • by yasishi
  • 2006/07/06(Thu)10:08
  • Edit
びちさんへ
昨日OZを見て、ロブソンの登場に
「おまえのせいで先入観で見ちゃったじゃないか」と叱っておきました。
正解だったんですけどね。
ウィルは大根だけれど俳優なので見た目はOKですから。どこでもモテモテでしょう。
カリスマにまつられちゃうのもわかります。本人が一番その気だし。

TRACKBACK

Trackback URL:

FBI失踪者を追え!S2-#13.人生のルールと嘘

  • URL
  • 2006/07/03(Mon)
WIHTOUT A TRACE S2-#13.Life Rules 英語視聴時の...

WAT「人生のルールと嘘」

  • URL
  • 2006/07/03(Mon)
先週に比べてずっとわかりやすくてよかった! 久々にオヤジキッドにも出会えたし。 兄の企んだ金儲けのために 自己啓発セミナーのカリスマに仕立てられてしまった弟。 最初は嘘の履歴に罪の意識を感じていたかもしれない??

FBI失踪者を追え!2-13 「人生のルールと嘘」

  • URL
  • 2006/07/04(Tue)
ダニー、ハマッた? BS2 FBI失踪者を追え!2先週のと違って、肩の力を抜いて見れたエピソード。 自己啓発セミナーにサムがハマってたとはね。 「騙されやすいんだな。」 そうジャックが言うと、何だか意味深(笑) 今回の失踪者は、NYを中心に展開されているそのセミナーの人気講師、ウィル・スターリング。 元は、兄に言われるまま他人のウィル・スターリングになりすまし自己啓発の教祖となった売れない役者。 それが、本当になりきってしまったのだから、大したもの。 それでも、妻や人々を騙して来たのには変わりない。 そして、偽ウィルが過去に出演したドラマは、...

FBI失踪者を追え 「人生のルールと嘘」

  • URL
  • 2006/07/05(Wed)
ほぼ1週間遅れで、やっと見る事が出来ました。 「異常犯罪捜査班」が終わってまともに見る番組は、このWATだけになってしまいました。 今回のお話は少し気楽に見る事が出来ました。 あらすじ 自己啓発セミナーを運営す??

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]