忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

11月のまとめ

すっかり頭が疲れちゃって、小説読めない状態ですよ…。
こんなこと言うとキミコには失礼かもしれないけれど、キミコの本はもう一冊読むから許してね、今月三冊も読んでるし。

小説読めない…といいながら、「ミステリマガジン」2014年1月号は買ってしまった。
そう、年末恒例の(恒例なんだよね?恒例にするんだよね?・笑)「ミステリが読みたい!」特集だから。



あまり新作追いかけて読むタイプではないので、みなさまのおすすめと目録として、つまり私にはガイドブックなんですよ。
ちなみに、ランクインしていて読んだものは海外編の「緑衣の女」「コリーニ事件」のみ。
日本編は全滅。
まだ紹介読んでないけれど、この中から読みたいもの出てくるかなあ…?

というのも、こっちの本が実に興味を持たせる書き方で、全部読みたくなってくるのですよ。



「あらすじ」があり、「鑑賞術」として著者やその周辺にまつわる話が披露され、「さらに興味を持った読者へ」として著者の別名義作品や、紹介した本とテーマが似ているとか、同時代の作品だったり、一冊の本からの膨らませ方が憎い。
それもこれも、万年初心者の私だからなのかもしれないけれどもね。
バリンジャーやスレッサーも読み返したくなりましたよ。



2013年11月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1453ページ
ナイス数:25ナイス

苦手図鑑 (単行本)苦手図鑑 (単行本)感想
靴下の話に大共感!!!でも、キミコのお父さんならかわいく思えるのでOK。
読了日:11月25日 著者:北大路公子
英国一家、日本を食べる英国一家、日本を食べる感想
見慣れないものにぎょっとする、というような異文化ショックを期待していたら、日本の食文化と真面目に向き合っている様子にこっちが逆ショック(笑)。初めて知ることも多く、たいへんに感心させられる本でした。
読了日:11月19日 著者:マイケル・ブース
びっくりどうぶつフレンドシップびっくりどうぶつフレンドシップ感想
本来、敵どころかエサであるはずなのに仲良しだったり。そんなありえないふたり(?)が寄り添う写真は見ているだけで幸せな気分。
読了日:11月12日 著者:ジェニファー・S・ホランド
枕もとに靴―ああ無情の泥酔日記枕もとに靴―ああ無情の泥酔日記感想
表紙につっこんだ自分を反省。真の酒飲みにはかないません。ウソ日記でほろりとさせたり、かなりずるいですな(笑)。
読了日:11月11日 著者:北大路公子
生きていてもいいかしら日記 (PHP文芸文庫)生きていてもいいかしら日記 (PHP文芸文庫)感想
犬の吠え声の話はツボだった。近所の犬もそうだと思うと怒る気になれない。吠え止みの続きを待ち構えてしまうくらいだ。
読了日:11月3日 著者:北大路公子
暗黒女子暗黒女子感想
それまでの矛盾の理由が解かれるところで納得。まさに暗黒でした。
読了日:11月1日 著者:秋吉理香子

読書メーター

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

英国一家私も読んだよ!

  • by atsumi
  • 2013/12/02(Mon)13:15
  • Edit
読んだ、というか超猛スピードで流したが正しいかも。
食へのこだわりが氷点下の私としては、異国の人がここまで日本を食べ尽くすのは驚き。胃腸丈夫なんだね羨ましい。カクテキさんのおっしゃる通り、真面目ですよね、スタンスが。百科全書的?な態度で、全ジャンルをきっちり食べきっちり学問する、みたいな。
苦手図鑑、注文出しておこう。(うちではないです(苦笑))

Re:英国一家私も読んだよ!

  • by カクテキ
  • 2013/12/04 14:25
異文化体験記のつもりで読んでみたら、予想以上にしっかり真面目で逆に驚きでしたよね。
日本人よりもきちんと勉強されていて、頭が下がります。
でも、やっぱり面白かった!
変なオニイチャンにつきまとわれてしまうところとか(笑)。
苦手図鑑、面白いのは面白いのですが、少しパワー足りないかも…?と思ってしまうのは一気に読み過ぎのせいでしょうか。

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]