忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

サウスランド5 #1~5

配信中のS5前半5話まで視聴しました。
クリフハンガーってこともないでしょうに、心配なところで終わってますよ。

相棒ルセロ(TWのカルロス!)のタックルをもろに受けてまたもや背中を痛めたか?のジョン。
幸い、軽傷とのことで痛み止めもイヴプロフェン。
バイコデインも提示されたけれど、「イヴプロフェンで」と選んだことにやや安心。
元嫁ともいい関係は続いているようで何より。
ただ、私生活のパートナーが出て行った後はどうなのさ?と、ちょっと言いたい。
ルセロも自分のタックルが原因だと責任感じているところが好感もてます。

サミーは、元嫁タミーに暴行で訴えられ、親権を得るための家庭調査で修理しなければならない箇所が判明し、ますます金が必要なことに頭を悩ましてます。
セレブの警護でバイト代と名声を得ましたが、心が折れそうですよ。
タミーの連れへの電話、切なすぎ。

リディアは、赤ちゃんの子守りをしてくれていたママが急死。
刑事のシングルマザーは辛すぎでしょう。
救いなのは相棒ルーベンが理解者であるということ。
彼、いいですよね。
「友だちだからアドバイスするけれど正解かどうかはわからない」ってリディアの選択の余地もちゃんと残してあげてるし。
「既婚者との間に子どもを作ったのは君が悪い、でも子どもから父親を取り上げるのはもっと悪い、悪いのを繰り返さないで」って、死刑囚に身の上話聞かせてるリディアには必要な言葉だよなあ、と。
それに比べて赤ちゃんの父親はねえ…。
「シールド」のジュリアンだけど、どうやら女癖が悪いようで。
今の嫁と別れたからってねえ。

そしてデューイですよ!
これまでのシーズンは出ないエピソードもあったのに、今シーズンは今のところ皆勤賞。
朝礼では「デューイ、静かに」と名指しで注意され、素面なのに朝から絶好調。
奥さんが持たせてくれたケールをむしゃむしゃ、とすっかり生活も安定している様子。
何故かいつも新人と組んでるので教育係らしいというのもびっくり。
それなのに、犯人追跡中に心臓発作とは。
危険な状態だったらしいけれど、管つけたままでジョーク(しかも下品)も全開、安心していいのかしら?
ということで出演記録を見てみたら、大丈夫そうです(笑)。
ただ不満なのは、病室に嫁と娘二人と家族がいたじゃないですか。
彼の家庭は荒れていたはず。
送別会まで開いてもらって警察辞めると言っていた頃、「辞めたら離婚して退職金とられるから」と結局辞めなかったじゃないですか。
冷え切った家庭かと思ったのに、「辞めないで」という奥さんの愛情だったの?
なんか、デューイに幸せな庭は似合わないぞ…。
ジョンのおかげでアルコール依存症からすっかり更生したことが今の家庭ってことなのですかね。

で、おそらく主役であるはずのベン。
彼が新人として配属されたところから始まっているので、TWのようにカルロスやデイヴィスの成長が軸にあったように、ベンもそうなのですよね?
でも、彼、何か生意気で好きになれない(笑)。
耳の聞こえにくいおばあちゃんのそばで私用電話とか、先輩への言葉遣いとか(これは字幕のせいなのかもしれないけれど)、苦手タイプですよ。
でも、小学校で警察のお仕事のお話の時に、勤務中の先生から逆ナンされてたのは笑う。
刑事になりたいって話も、刑事時代のサミーの忠告なんて聞いてないよね。
高校時代の友人を麻薬課に売ったのも、刑事への道のためでしょ?
それを傍で察したサミーの表情がキツイですよ。
麻薬課が用意した祝杯の席でも、久しぶりのジョンとの同席が何かイヤでしたわ。

とうわけで、
ベンはどこに呼び出され、何が待っていたのか。
デューイは退院できたのか。
ジョンは本当にバイコディンに手を出さないでいられるのか。
後半の配信を待つばかりです。
ラッセルの再登場もあるしね。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]