忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

TV Bros.にマシュー。



コラム雑誌として読む「TV Bros.」。
今週号、「バレンタインデー直前 乙女に贈る気になる男子特集2015」として二人がチョイスされています。
そのうちの一人が、「ダウントン・アビー」のマシュー、Dan Stevens です。
マシューって、好みかどうかは別にしても、絵に描いたようなハンサムですよね。
こんな人が向こうから歩いてきたら笑ってしまうくらいに。
そんなマシューであることしか知らなかったのですが、彼、天に二物を与えられたのですね。
有名なことなのかもしれませんが、これまでノーマークでしたので。
ケンブリッジで、フットライツとは!
おまけにブッカー賞の審査員を務めたこともあるですって?
どうかしているとしか思えませんっ!
このインタビューを読んだ後に「ルイス警部」を見たら、ハサウェイだってケンブリッジ!と思うものの、ホントじゃないんだよな…世の中にはホントの人もいるんだな…と少しさみしくなったとか、ならないとか(笑)。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

えーーー!

  • by ami
  • URL
  • 2015/02/09(Mon)21:22
  • Edit
恥ずかしながら「ダウントン・アビー」は未見なのですが^^;
ダン・スティーヴンスは「ザ・ゲスト」と言う映画で見て、
完璧なイケメンなのに、どこかチープな感じがいいわ~wwなんて思っておりました。
それがケンブリッジ!おまけにブッカー賞の審査員ですとーーーー!!
「薄い」だの「小ぶり」だの「チープ」だのと言いたい放題だった私^^;
穴があったら入りたいです(恥)

Re:amiさん

  • by カクテキ
  • 2015/02/11 10:57
ダウントン・アビー、ふだん見ているものとはかなり異質なのですが、見てよかったな~と思ってます。
amiさんも機会がありましたら是非おすすめします!
ダン・スティーブンス、ハンサムすぎてイマイチ関心なかったのですが、インタビューで経歴を知って、つい食いついてしまいました。
私、けっこう、学歴に弱いのです(笑)。
ブッカー賞の審査員というのもすごい経歴ですね。
調べたら、審査員にも選考会があって、複数回はまず選ばれないのだとか。
英文学への視点を評価されるほどの活躍があるということなのでしょうね。
ホント、驚きました。

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]