忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

ER11−22「自分への手紙」

S11の最終回。カーター、カウンティ最後の日。
サプライズパーティーがあることはお見通し。11年通っただけに感慨深いものがあるはず。同時に自身がケムとの新しい生活へ向けて希望に満ちているだけに湿っぽくしたくないという気遣いか「僕のサプライズパーティーに来る?」なんておどけてます。
そのパーティーの最中、レイとモリスが参加していたパーティーで木造テラスが崩壊するという事故が起きる。モリスは酔いつぶれていて頼りにならないが、レイは動揺しながらもその場を立派に取り仕切る。
この騒動でパーティー参加者達は全員カウンティに戻ってしまう。トイレにたったカーターを残して。
レジデントの契約を熟考中だったレイはこの騒動で真剣にドクターへの道を決意する。
モリス、カウンティに戻るのわざと遅れたな。いても頼りにならなかっただろうけれど。酔っていたという意味でね(ホントか?笑)
悪酔いする前、レイに自分自身の分析を聞かせているあたり、それほどバカじゃないことが判明。実力のなさは自分が一番知っている。その盾としてチーフのポストにチャレンジしたと。これじゃ普通に応援したくなっちゃうぞ。君はそんなキャラじゃないはずだ!
この事件を契機に反省したりせず、傍若無人なモリスとして活躍してくれることを願うよ。

荷物を取りに病院へ戻ったカーターはロッカーで10年前に書いた10年後の自分への手紙を見つける。そこに書かれたことはみんな体験してきた。もうカーターにはここで思い残すことはない。
その手紙の存在はカーターを導いてきてくれたグリーン先生、ベントン、キャロルそのもの。
パーティーでかつての彼らのスライドを懐かしく見たのと合わせてジーンとくるシーン。
インターン3人は急にドクターらしく落ち着いてきたし、プラットは新しいインターンを引き連れているし、病院内は着々と新体制になっている。カーターがいなくてもおそらく大丈夫。そんな気持ちの整理をつけて自分をカウンティから送り出すカーターなのでした。ルカの「また会うための別れ」の言葉を抱えて。

最後に診た少女が自分がここで取り上げた少女だったという、退場に餞となるエピソード。この回だけ見ると感動の最終回。
でも、ここを離れる決意がね、ちょっと問題ありだな。
クリニックを建設したり、チーフレジデントの選出に他人事だったのは去ることを決めているので心ここにあらず、だと思っていたので肩透かし。終身在職権の獲得に喜んでいるあたりから違和感が。そう、私の筋書きと違っているのですもの(笑)
モリスのチーフのことは本当の無責任で、フランスにケムに会いに行かなければ来期は助教授になっていたわけでしょ。
「準備なんだな…」と感傷的になっていた分、逆の意味で寂しい。勝手に先を読むな、という戒めでしょうか。

私にはグリーン先生亡き後のERは別物だった。でも見続けているのはカーターがいたからかも。これで本当にERは区切りがついてしまった感じ。
さようなら、ER。これ以上出演者の大きな交代があってもなくても、完全に別ドラマです。例えカーターがゲスト出演してもね。
カーターの隣に座るマリク、優しく見つめるヘレエ、もうこれで十分。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by まめ
  • URL
  • 2006/08/30(Wed)12:28
  • Edit
終わってしまいましたね〜
ひとつのERが終わった気がします
せっかくまるまる1シーズンあったのだから
もっとカーターくんの退陣への気持ちを描いてほしかったですね。
ウェンデルとかは、余計でした(^^ゞ

なんだかはじめてモリスの肉声を聞いた気がしますね
意外だった(笑)
でも、yasishiさんがおっしゃるように
これからは、また元のモリスであってほしいです(笑)
↑そうなればそうなったで、散々文句言ってますが(爆)

来年は新たな気持ちで、頑張ります!
↑視聴をがんばるってのも・・・(^^ゞ

無題

  • by うな
  • URL
  • 2006/08/30(Wed)13:05
  • Edit
ワタシもyasishiさんと同じく、さよならERな感じです。
カーターお疲れさん、と思うけど、ERを去る理由については、いつまでも不満が残りそうだなぁ。
モリスは、しっかりダメ感を出してますね(笑
このまま邁進して欲しいです。

今回はレイが男前で良かったですね。
今後は彼を応援しようかしら。。。

TBさせていただきました☆

無題

  • by yasishi
  • 2006/08/30(Wed)15:02
  • Edit
◇まめさんへ
この回だけ見ればいいんでしょうけれど、勝手に理由を憶測していたから面白くない一面が…
モリスも普通の人であったことが判明!でも早く元のモリスに戻って欲しいです。
そんなこと気にするな!そのキャラクターは貴重だぞ。
いっそ患者を診ないチーフというのもありにしてしまえばいいのに。


◇うなさんへ
うなさんも、さよならERと書かれていたので、感動でした(笑)
勝手に深読みして放り出されて、散々な気がします。
モリスのダメっぷりを楽しめればOKにしないといけないのでしょうか。
S12は評判が良いそうなので期待できるのかな。

無題

  • by josetangel
  • URL
  • 2006/08/30(Wed)15:13
  • Edit
私も「さよならカーター」と書きましたが。(爆)
もっと泣かせてもらえるかと期待したのですが、あっさりと(先輩たちもあっさりと去っていきましたが)去っていったカーターにとって、ERでの彼の役割はもうずっと前に終わっていたのだなと感じました。これから後はもうスピンオフですね。総入れ替えした方がドラマは作りやすいかも知れません。それでも、ノア・ワイリーにはご苦労様と言ってあげたいです。

無題

  • by yasishi
  • 2006/08/30(Wed)15:42
  • Edit
◇josetangelさんへ
見てまいりました「さよならカーター」(笑)
カーターじゃなく、ノア・ワイリーさんお疲れ様でしたという感じですね。
シーズンファイナルなだけなのに、なんだか喪失感。もうこれでERはERじゃないんだな、と複雑な心境です。
もしもモリスがカーターの後継者になるとするなら…鍛えがいあるでしょうね。鍛える方がまいっちゃうかも。

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2006/08/30(Wed)20:11
  • Edit
シーズンが進むごとに
ツッコミ度が増したERでしたが
カーターが去ってひとつ節目が来たのかなと思いました。
彼の去る理由は金持ちはいいなぁの一言で片付けたくなりますが
彼の成長を見続けてきたという点では
めでたく門出を祝福してあげようとも思います。

同じようにデイヴィス&カルロスの成長物語だったTWは
彼らの門出と共に終わってしまいましたが
ERは先があるんだよね。
これが気になります。
みなさんに別の意味で期待されてるモリスがどうなっちゃうのか、
やはり彼のためにまたツッコミつつ
観続けてしまうのかも。

こちらにもTBさせていただきます。

無題

  • by yasishi
  • 2006/08/31(Thu)10:03
  • Edit
◇Garotoさんへ
カウンティを去る理由はともかく、晴れ晴れとしたカーターは祝福してあげないといけませんね。
この先のER。続きというより完全に仕切り直しです。
なのでモリスがチーフというのもありなんじゃないかと(苦笑)
S12は評判が良いそうなのでたぶん見ることになるんだろうなと思いつつ、もうしばらくは喪失感が続きそうです。

TRACKBACK

Trackback URL:

ER11??22話「自分への手紙」

  • URL
  • 2006/08/30(Wed)
NHKのサイトに、平田さんのインタビューがありました♪ 平田さんまでモリスを心

ER11#22(終)

  • URL
  • 2006/08/30(Wed)
ER11 #22「自分への手紙」 (以下ネタバレ) ...

ER「自分への手紙」

  • URL
  • 2006/08/30(Wed)
ファイナルは一応きれいにまとまってました。 このエピは昨年8月15日に韓国で NHK−BSで映ってるERS10「卒業」のエピを観た後 そのまま米軍放送に切り替えたらオンエア中で 後半ちょっぴりだったんだけど観てしまいま??

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]