忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

サード・ウォッチ−28「秘密」

街中でブロックを投げつける事件が頻発。この日も運転席に投げ込まれ、怪我人が。
その取材中のヘリが川へ墜落。現場にいたデイヴィスは飛び込み、パイロットは救えなかったがリポーターの救出には成功。
その様子がニュースで流れ、ヒーローに。
気分のいいところに若い女性が訪れる。ニュースで自分のファンになったのかと益々上機嫌。
しかし一緒にコーヒーを飲みに行った店で見せられたのは、自分の父親と仲よさそうに写る彼女の写真だった。
彼女は腹違いの妹、デイヴィスのパパは家庭を二つもっていた…

冒頭これで、後は捻くれ墓荒らしデイヴィス。
彼女が名乗るのを聞き、真意を悟ったサリーはなんとか会わせないよう画策するが及ばす。
デイヴィスが何を気に入らなかったのは、自分一人だけがこのことを知らなかったということ。
お母さんもお姉さんも、サリーまで知っているのに。
デイヴィスが11歳の頃のことで、深刻な家族会議が開かれていたらしい。その間、お子様だったのでお祖母さんのところに預けられ蚊帳の外。
家を出て行くのは勝手だけれど、サリーへの八つ当たりはどうかなあ。
妹もお姉さんとランチを何度かって、それでデイヴィスには会ったこともない。
このへん、デイヴィス家は話すタイミングを見計らっていたのか、そのつもりがなかったのか不明。
妹は会いたかったのならお姉さんなりお母さんなりに仲立ちを頼んだらいかがかな。警察の周りをうろつくんじゃなくてさ。

ブロック投げつけ犯人を捕まえるものの、荒れてるから過重暴行寸前。
お仕事的にはお手柄続きでも荒みきってる。
ヘリの事故や、元彼女を訪ねた時、ブロック事件の現場、墓地、とチラチラしてた男性は犯人ではなく、デイヴィスのパパだったのね。
墓を倒して気持ちの整理がついてるといいけど。

お父さん、賄賂受け取り警官だったんじゃないだろうか?
家庭が二つあったらそりゃ経済的にたいへんでしょ。
疑われたことはあっても証拠はなかった、サリーはそう言ってたけれど状況証拠が見つかっちゃったぞ。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]