忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

BONES−16「地下の住民たち」

最近見るだけになってます。そして見るたびに何故か「異常犯罪捜査班」の名作っぷりを思い出してしまいます。全然違うのに。
今回書き出したのはエピソードの展開というよりも、以前ブース窓際説を撤回したものの、再浮上の兆しがあったもので。
窓際捜査官だと思っていたブースが外国大使の息子の事件を担当させられていたので、窓際だったら任せられないだろうとの推測から撤回。
しかし、今回やはり窓際疑惑の出来事が。

FBIのオフィス。カップにコーヒーを注ぎ自分のオフィスへブレナンと話しながら向かうブース。その間、誰も彼に顔を向けないぞ。これはみなさんが相当忙しいか、ブースが無視されているかのどっちかなのではないだろうか。
一端そう思ってしまうと、ブースのオフィスも実は個室が与えられているのではなく、彼らに区切られちゃったのでは?あそこはただの資料室なのではないか?と次々に浮かんでくるから不思議。
今回の遺体発見現場にしても「ここはFBIの担当です」と言われてたが出向いた捜査官はブースだけ。これも下見に行かされたのかと思ってしまう。
ブレナンは骨を調べて捜査に協力するものと思えば、協力どころか捜査にいつも同行してるし。
ケチをつけるわけではなく、そうやってみると面白いというか、ブレナンのチームと仲良しなブースの気持ちがわかるというか…

ツッコミを探しながら見ているからなのだろうけれど、今回のブースのこと然り、逮捕された男と対面するのに警官が同席していないとか、似顔絵なのに顔だけじゃなくて上半身みんな入っちゃってるとか湯水のようにどうでもいいことが目に飛び込んできてストーリーを追えないのですよ。
もっと挙げると、頭部にあいた穴がピッケルの跡ならもっと早くわかっていい気がするし、押収したビデオテープは早く見ておいたほうがよかったんじゃないか、膝から下の骨折と頚椎圧迫骨折なら被害者は落ちたとき生きていたんじゃないか、とか。
?と思うたびに窓際だから鑑識を使わせてもらえないんだろうね、と余計な心配へと心は向かうわけで。
見方が間違っているのは十分承知だけれど、これはこうやって見たほうが私には楽しめるんだよなあ…

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by atsumi
  • URL
  • 2006/10/26(Thu)20:29
  • Edit
yasishiさん、こんばんは〜!
もう私なんてホント見てるだけですよ。
皆さんきっちり記事をあげてすごいなぁと
嘆息の日々。何か一つこれ!というポイントを
決めて統一した見方(って何やねん?)を
したらいいのかなー。

無題

  • by びち
  • URL
  • 2006/10/27(Fri)00:44
  • Edit
いえいえ、お2人とも素晴らしいです。
私は録画が溜まりまくりです。
でも消すのももったいないし・・・
>>「異常犯罪捜査班」の名作っぷり
本当です。あの番組の後じゃなければもっと楽しめたかなぁって感じ。
しかしあれは凄かった!今でも再放送を見ていますが、見れば見るほどツッコミ所が増えているような気がします。
すみません、テーマが違っちゃって。

無題

  • by yasishi
  • 2006/10/27(Fri)10:53
  • Edit
◇atsumiさんへ
捜査物としてみるには不満だらけになりそうです。
なので書こうとすると↑のようになります(笑)
でも今回チラっと見つけたことで本筋とは関係なく窓際捜査官説に火がついてしまったものでして。
こうやってブースを設定してみるとあら不思議!首を傾げるところが面白くなってしまいます(笑)


◇びちさんへ
テーマ違ってませんよ。大丈夫です。
再放送効果なのか、アクセス解析の検索ワードで「異常犯罪捜査班」がらみが増えております。でもふざけたことしか書いていないので反応は…とほほ。
確かにあの番組の後だから苦戦しているのかも。質云々ではなく勢いですよ!

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]