忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

コールドケース2−19「チェス」

42年前、黒人青年の他殺体の発見者となった12歳のジェフリーズ。発見現場を再び訪れたことで事件の再捜査へ。
殺されたのはジーク16歳。航空機のエンジニアの父が工場に招かれたため家族で引っ越してきたばかり。南部より進んでいるはずの北部フィラデルフィアでも人種偏見は日常的なことだった。それに立ち向かったジーク。

「42年前に来て欲しかった」再捜査を始めたジェフリーズにジークのお父さんは言う。しかし42年前では調べたところで解決はされなかっただろう。それどころか新たな犠牲者が出たかもしれない。
ジークにチェス仲間として友情を感じている白人の奥様もいた。でもそれぞれがそれぞれの人種との交際を快く思ってはいない、そんな時代。
GFが雇い主の銀行家に暴行された事件絡みで留置されたジークを釈放してくれたのはチェス仲間であるその奥様。しかしかけられた言葉は「街を出て行きなさい」。GFもジークもショックを受けた言葉。でもこれは身の危険から救うため悪者になったに過ぎなかった。
それなのに、娘と引き裂かれる恐れからジークの居所を口にしてしまう。結果…
銀行家の夫、弟、その仲間がジークをリンチ。殺す気はなかったものの、暴力には屈しないジークの態度にブチキレた弟達が吊るし首にする。
銀行家の夫、娘の見てる前でさせるなよ!しかも自分は早々に退散。
ジークの遺体発見現場に毎年花が添えられていたのに今年はない、というのは銀行家が死亡したからでしょうね。そこまで罪の意識を抱えるならどうして吊るし首を止められなかったのか。幸せな銀行家として亡くなったその時までよくぞ精神が持ちこたえられたものだ。目撃した娘も然り。

前回エリッサの死に向き合う覚悟ができたと思われたスコッティだけれど、どうも違う様子。酒の匂いをさせて職場に来る、証人が見つかった連絡を忘れる、と仕事に集中できていない様子。カウンセリングを進めたのに断られ、更にこんな態度をとられたんじゃボスも怒るよ。ヴェラの忠告もしつこいって怒るし、どうするんだよスコッティ!あの反抗的な表情には頬っぺたに渦巻きを書いてやりたくなったな(笑)やっぱりお前はそういうヤツか!って。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by びち
  • URL
  • 2006/11/08(Wed)21:57
  • Edit
またも辛い事件でしたね。
ホント!娘さんの前でのリンチは、同時に彼女の心も殺してるって思いました。ひどすぎます。
なるほど、お花を供えていたのは、あの夫だったのですね。そこまでは理解できていませんでした。
前回、見逃しちゃったんですが、何かあったんですね!急にスコッティ刑事が壊れちゃったので、どうしてかなぁって思っていました。
再放送は、毎週放送時間が違うので、気を抜けません。。。

無題

  • by yasishi
  • 2006/11/09(Thu)09:41
  • Edit
◇びちさんへ
銀行パパは最後の最後にまでは手を出せず車の中で子供を抱いて泣いてましたが、直接手を出さなければいいってもんじゃないです。
森の奥で吊るし首にしたのに発見現場は街の中。少女も乗ってるあの車で一緒に運んだってことですか?

前回はスコッティにこれといった出来事はなかったような…
強いて言えば結果を持ってきた警察ラボの人に「彼女の自殺は残念だったわね」と言われたら「事故かもしれないんだ」と即座に切り返したことでしょうか。
その後、エリッサ事件の資料を手にしていたので自殺かもしれないと受け止められるだけの準備ができたのか、と明るい材料と捉えてました。それがコレですからね。前回見た私にもどうしてなのかわかりません。

TRACKBACK

Trackback URL:

コールドケース2 「チェス」

  • URL
  • 2006/11/08(Wed)
リリーとウィルが捜査で訪れた場所は、42年前に少年だったウィルが死体を見つけた場所だった。ウィルは再びこの事件解決に当たる。 死体発見場所は、ギャング団のテリトリーだった為に、麻薬がらみの事件だと思われていたが

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]