忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

サード・ウォッチ−37「夢へのレクイエム」 38「かけがえのない時」

これは前後編みたいなので二つまとめて。
人物関係がわからないうちに見た最初の感想もあります。37話38話

どうしてポーリーに怒りながらも面倒を見ずにはいられなかったのか、そこらへんの状況はシリーズ通してみてこないとね。
ポーリーの登場はこれが初めてなので二人の友情はここでしかわからないけれど、ボビーが世話焼きである理由、兄マティとの関わり、恩師の最期の頼みに悩む姿などを見ていないと厚みがない。
少年の頃のボクシングの試合に負けた翌日、お父さんは家出。家出は負けた自分に絶望したため、と思い今日まできてしまった。それがボビーをずっと縛り付けていた。この胸のうちを明かしたのはポーリーにだけ。ボビーにとってポーリーが、ポーリーにとってボビーがどんなに大切な存在だったのか、頭の中でどんどん肉付けされていく。
「お前のせいじゃない」とお父さんの口から聞けて「会いたかった」「一緒にいたい」と言えたボビーは一番の心のつかえが取れたんだよね。


カルロスの挙動不審は一目で助からないとわかってしまったからだと思っていたけれど、ちょっと違ったかな。助からないとわかってしまった自分が仲間じゃないのかも、といった気持ちの揺れもあるのかな。
新入り時代、ジェリーが撃たれ大騒ぎする仲間が家族みたいでうらやましかった。1年以上経ったのに今も家族になれない自分を見てしまったのかも。カルロスの気持ちを察したドクはいい上司だった。この人は相変わらず自分がメインでない時はいい役だよね。

電話を待つテイラーの複雑な表情も、「解き放つ心」でのキスや付き合いだしそうでいて踏み切れないでいたところを見てないと。ジミーが病院へ行けば、と気遣うのもわかるというもの。

前は全然わからなかったサリーとタチアナの関係。
「愛してる」から困った時は援助してあげたいサリーと「愛してない」けど何かと便利だから結婚したいタチアナ。「今は愛していないけど後でそうなるかもしれない」ってはっきり言いすぎだよ、タチアナ。彼女にすれば誰でもいいわけではない、サリーだからってことだろうが愛していないと言われたサリーの気持ちはどうするんだよ。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by rosedale
  • URL
  • 2006/11/09(Thu)13:37
  • Edit
このエピを見て以来、エンヤの曲はいつ聞いても泣かずにはいられないんですが、先日エステでかかっていて・・泣きながらボディトリートメントを受けました(苦笑)。そういやボスコはこんなエピでも熱かったですね。

最後、ママに泣きつくキムの大根役者ぶりに一瞬どん引いたのを思い出しますが、キムさんてば24では涙出てましたね。役者として多少成長したのかな。

OZ再放送の最終2話と同時期に見るなんてタイミング良すぎですよーwww。

無題

  • by yasishi
  • 2006/11/10(Fri)10:09
  • Edit
◇rosedaleさんへ
エンディングでの曲はとても印象的でした。
エステで泣きながら…(笑)そういう時だからこそイメージが膨らんでしまうのでしょうね。
「NYは広い」と夜が明けても捜索を続ける熱いボスコでした。勤務終わりに着替える表情までもが語っているようで、今回脇でありながらもいい存在感で嬉しくなりました。

最後のキム、あれやっぱり泣けてませんよね(笑)
ドラマや映画で涙するシーンは「死んだから」や「泣いてるから」ではなくその過程にあると思うので、ここで泣いた!なんてのは信用しないヒネクレモノなのですが(苦笑)、このキムだけはいただけなかったです。
お父さんへのわだかまりが消えて息子として死を迎えられたボビーを思えばこその涙なのに。あれじゃ誰も泣けないぞ!涙が引っ込んじゃうぞ!と叱り飛ばしたくなりました。

OZは放送どおりに見ていましたが、TWはため録りを小出しにしている状態。それなのにこのタイミング!
TWデビューのエピソードといい、呼ばれているとしか思えません。

TRACKBACK

Trackback URL:

Third Watch S2#16 UNFINISHED BUSINESS

  • URL
  • 2006/11/09(Thu)
ボビーの、本当の最終回。前エピに続いて連投でっす。 ポーリー宅へボビーが押しかけ、撃たれてしまう前エピの最後のシーンから始まります…。*****ボビーを撃ったポーリーは川に銃を捨て、薬を求めて町中を歩き回る。手術中のボビーは生と死の堺を彷徨いながら子供時代を回想。ボビーママも病院にかけつけ、チャペルでボビーの回復を祈っていると医師から呼び出される。 夢の中でボビーは実のパパと話をしている。パパが家族を捨てて家を出て行ってしまったのがボビーがボクシングで負けた翌日だったから、ボビーはずっと自分のせいだと思っていた。でも、「お前のせいじゃない、俺の人生で誇れるものはお前だけだ」とパパ...

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]