忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

サード・ウォッチ−42「幸福の探求者」 43「マインド・ゲーム」

幸福の探求者
ドクがモラレスにプロポーズ。彼女の返事もイエス。嬉しい話はそれだけではなく、彼女に故郷フィラデルフィアの病院でERを任されるという昇進の話も。二人して面接に出かけ、モラレスは気に入られ好感触。ドクもフィラデルフィアで救命士の仕事を続けられそう。いい条件だし、お互いにいいお話だと思うんだけどね…

モラレスは昇進で給料は倍、そして出世する。ドクもシフトが楽になって給料も上がる。何が気に入らないの?男が女を養うってことに固執しているとしか思えない。変なプライド。カルロスのOM(オトコメカケだそうです。こんな言い方するのかな?)って言葉に反応しちゃってさ。それなら最初から医者と結婚しようなんて思うな!自分がモラレスのオマケかと一瞬でもかすめたらもうお終い。何もかもがそう思えてくる。病院のお偉いさんとの食事会のあとの「おめでとう」も婚約のことに対してなのに「俺に相談なしで仕事を決めたのか!」とお怒り。お偉いさんはちゃんと「こんな素敵な人を射止めて」って言ってたよ。
NYに戻ったドクの仕事の様子で生まれ育ったこの街が、仕事仲間が好きというのはわかるよ。でもフィラデルフィアに行けない理由の大部分を占めているのはこのことではない。
ヨーカスに彼女の家庭の様子を聞きだすのもフレッドを下に見ているようで嫌な感じ。家庭に貢献して何が悪いの?給料を出動回数で割って1回当たりの賃金を出すような男にはわからないのか。
モラレスは仕事で成功したい、ドクは理解し難い理由で婚約は解消。こんな歪を抱えたままだと破綻は目に見えてるからかえって良かったんじゃないの?
良いといえばボスコ。事故現場を茶化す手を失くした傷痍軍人を本気で相手にする。障害あろうがなかろうがその対応に差別感はゼロ。うじうじドクを見た後だと清々しさ倍増(笑)ボスコ、髪のびてますね。



マインド・ゲーム
ヨーカス夫妻は週末子供を預け二人きりで休暇を過ごす予定。しかし突然フレッドがトラック争奪大会に出たいと言い出す。休暇を台無しにされた、と怒ったフェイスは濃い化粧に派手めの服装で友人を誘ってバーへ繰り出す。そこで写真家と出会う。

フェイス、資産家だったんだ(笑)日常を忘れて違う自分を演出したかったのね。だから友人の愚痴もシャットアウト。この写真家、下心ゼロで被写体としてフェイスに興味があったようだ。資産家じゃない、とプロの目で見抜いてたんだろうな。現像した写真を受け取る時に資産家ではない、普通の子持ちだと告白するのに驚いてなかったものね。
居合わせたダイナーに入ってきた男達を見て、休暇前に起きた事件の犯人グループだと察し、機転を利かせて逮捕にこぎつける。フェイスは休暇でも日常から離れることはできないのでした。
一方、フレッドのトラック争奪大会。話を聞きつけて何故かボスコも参加。車にずっと触っていられた人がその車をもらえるというやつ。ニュースかなんかで見たことある。フレッドは大人しく触っているだけだがボスコはライバルを蹴落とすことに懸命。うるさいのなんのって(笑)小細工に忙しいボスコでしたが、ライバルの仕掛けた偽ひったくりに引っ掛かりあえなく脱落。車はもらえなかったけれど正しい警官であることは証明されたね。
で車はというと見事フレッドの手に。休暇を台無しにされたことを非難されながらも続けてたんだね。さすが我慢強いぞ!この車の維持で揉め事がないといいけど…

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]