忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

HOUSE−16「肥満の原因」

10歳の女の子が学校で縄跳び中、心筋梗塞に襲われ倒れる。彼女は肥満気味。そのせいかと思われるがなにせ10歳。そこまでの症状がでるだろうか?こっそり痩せ薬を飲んでいたり、代謝異常を疑ったり、いつものように患者に危険が迫ったところで「肥満が原因の病気ではなく、病気の症状としての肥満では?」と思い当たる。MRIをすると下垂体に腫瘍が見つかり、クッシング症候群であることが判明。危険な場所だが摘出に成功し、彼女の肥満も解消されていくのでした。

子供の肥満は原因を突き止めることも大事ということがよくわかりました。生活習慣を見直してそれでも痩せられず原因がわからない時は、病気を疑うことも必要。心の健康まで損ないかねないもの。
クッシング症候群、下垂体や副腎の腫瘍が元のホルモン過剰分泌で肥満したり骨の発育が妨げられたりするらしい。尿や血液の検査でコルチゾールというホルモンの量を調べれば診断できるそうですけど。ぬかりがあったか?

ぬかりの一つや二つ起こりそう。リストラをチラつかされてるもの。フォアマンは意外と冷静。でもキャメロンとチェイスは火花バチバチ。フォグラーとの個別面談でやっぱりチェイスは密約を結んでいたことが判明。反故にされたようだけれど結局は守られてた。
キャメロンの提案の「3人分の給料を4人に分ける」をハウスは進言するがあくまでも人を減らしたいと却下される。これでまた次回に持ち越し。
フォアマン、元上司が好待遇で迎えるって言うんだから彼が移動すればギスギスしない気もしますが(笑)このチームが崩れることは本意じゃないですけどね。
そのフォアマンとハウスの会話。
ハウス「誰をリストラする?」
フォアマン「チェイス」
ハウス「意外だ」
フォアマン「キャメロンと言うと思った?」
ハウス「選べないと思ったよ」
嫌がらせですかね?フォアマンもハウスの性格からどちらか言わないと解放してもらえないと踏んでいたと思うんですけど。実際キャメロンにはそうしてたもの。
この後ウィルソンに「いやー、フォアマンは意外と腹黒だ」とつながるのが可笑しくて(笑)

確かに最近のチェイスはやさぐれてる。キャメロンとあんな張り合い方しない人だったのに。フォグラーに手を回しつつも張り合う意味もよくわからない。
そんなチェイスだけれど今回も診断の手がかり「病気の結果の肥満」に最初に気付いたのでした。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2006/11/24(Fri)20:13
  • Edit
いつも患者をギリギリまで苦しませてから、やっと正しい治療法を見出す展開は「またかよ!」と怒りつつ諦めてますが、やっぱり相手が子供だと観ていて辛いです。
今回の女の子は精神的にも十分苦しんでいたし。

リストラ計画、あまりごちゃごちゃせずにこの先も治療に専念してもらいたいです。
TBさせていただきます。

無題

  • by suubi
  • URL
  • 2006/11/24(Fri)21:55
  • Edit
ハウスと張り合える程の嫌がらせをやるフォグラー。
上司なだけに「目には目を」で返せないハウスは
ストレス溜まりそうですね〜。はけ口はどこになるのやら。
ハウスチームのモヤモヤが患者さんに悪い影響を
及ぼさないようにしてほしいです…。
TBさせて頂きます。

無題

  • by yasishi
  • 2006/11/25(Sat)09:53
  • Edit
◇Garotoさんへ
命に関わる状態まで正しい診断が毎回見つからないと、フォグラーがチームを解散したくなるのもわかる気がしてきます(笑)
ここはそういうものね、と諦めスルーです。
いつも患者を危険な目に合わせるとはいえ、今回はリストラに気を取られてだんじゃないの?と責めたいような。


◇suubiさんへ
リストラ騒動の悪影響、すでに出てますよ。
これ以上は何とかして欲しいものです。
利益が出ないチームだから、よりもハウスに対しての嫌がらせですかね。
まあ、助けていただいたという実感がないと好意をもつのは時間を要するとは想像できますが。

無題

  • by びち
  • URL
  • 2006/11/25(Sat)18:12
  • Edit
せっかく好きなドラマなのに、フォアグラオヤジのせいで、つまらなくなりつつあり、残念です。
早く違う金儲け先を見つけて、どこかへ行って欲しいものです。
ハウスは、ウィルソンにフォアマンは腹黒いなんてぐちってましたが、本気なのかしら。
チェイスのようなお坊ちゃんが(苦労はしてるけど)、裏でちょこちょこ動くとは思えないし、あれだけハウスを信じていたのに、裏切るとも思えない・・・だから急に脚本家さんが変わっちゃったのかなぁなんて、勝手に思っています。
そうじゃないと淋しすぎますもの!
TBさせていただきます。

無題

  • by KEI
  • URL
  • 2006/11/26(Sun)08:22
  • Edit
yasishiさん、こんにちは。
ご無沙汰していました。

この辺り、Houseたちが引っ掻き回されて見ていて辛いところがありました。
早くいつものHOUSEが見たいと思ったものです。

このドラマ、Houseのキャラクターに惹かれて大好きなのだけど、
医療ドラマを字幕版で見るのって気合が入ります。

無題

  • by yasishi
  • 2006/11/26(Sun)09:39
  • Edit
◇びちさんへ
チェイスパパとフォアグラオヤジの登場から違う空気が流れているように感じます。
チェイスは小賢しいことするタイプには見えないだけに「脚本ミスじゃないの?ぷんぷん!」です。
他に援助してくれる人を見つければサヨナラできるわけですね。
ということは余命わずかなチェイスパパが有力候補…?不謹慎ですね。

「フォアマンは腹黒い」は言ってみたかっただけじゃないですかね。


◇KEIさんへ
こちらこそご無沙汰しておりました。
最近、私ふざけすぎているようなで気後れしてましたもので。(苦笑)
LOSTなんて何一つ真面目に捉えてないですもの。

KEIさん、HOUSEはもう先にご覧でしたよね。
今のリストラ騒動あたりは我慢のしどころなのでしょうか。
私も最初は字幕での医療用語の乱れうちに閉口しましたが、
難しいことはスルーしてハウスの言動を楽しむことに専念してます。
気になる病気はチェックして調べてみたりもします。その時は「へぇ〜」なんて言ってますがすぐ忘れちゃうんですけどね。

無題

  • by Jasmine
  • URL
  • 2006/11/27(Mon)00:39
  • Edit
こんばんは〜
もっと早くに女の子の病気がわかりそうなのに
フォグラーの影響かチームワークが乱れてますね。
早くフォグラーとの対立が終わって欲しいです。
TBさせて頂きました。

無題

  • by yasishi
  • 2006/11/27(Mon)10:21
  • Edit
◇Jasmineさんへ
やっぱりフォグラーに気を取られてますよね。
失敗を狙った作戦なのでしょうか?
リストラの話を聞いて鼻息荒くなってしまったキャメロンにちょっとがっかりでした。

TRACKBACK

Trackback URL:

HOUSE「肥満の原因」

  • URL
  • 2006/11/24(Fri)
HOUSEって深く突っ込もうとすると難しすぎるので 率直な感想をいくつか。 ○無理して運動させちゃいけません。 「あともう一息!」って励ましたくなる気持ちはよくわかる。 でも心筋梗塞を起こすまでやらせるのは無茶。

HOUSE 第16話

  • URL
  • 2006/11/24(Fri)
『HOUSE』 第16話 “肥満の原因” 患者は心筋梗塞を起こした10歳の少女。年齢から、心筋梗塞は不自然だと 思ったハウスは治療にあたることに。 肥満気味な患者が服用していたダイエットの薬が原因かと思われましたが、 や??

HOUSE #16「肥満の原因」

  • URL
  • 2006/11/25(Sat)
10才の少女が心筋梗塞で運ばれる。肥満はあるものの年齢的に疑問を感じたハウスは、検査を始める。 一方で、ハウスはフォグラーから、リストラ人員選出をせかされる。そしてフォグラーは、3人各に接近し始める。次第にフ??

HOUSE #15・16

  • URL
  • 2006/11/26(Sun)
FBIの証人保護を受けているマフィアが昏睡状態で運ばれてくる。 裁判所命令でハウスが治療を担当することになる。 患者に付き添っている弟分で弁護士はマフィアなので威圧的。 ハウスには主治医なので一応、敬意をはらっていているが、 ビンタされたチェイスはお気の毒。 ハ..

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]