忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

BONES−22「マルコとポーロの再会」

見てはいるもののストーリーの魅力に入っていけず、ふざけたことばかりに目がいってましたがシーズンファイナルとなるこのエピソードは私好みでした。

ブレナンが裁判で証言することになっているのでブースが迎えにくる。そういう時に限って忙しそうなブレナン。出かける支度中、ふとアンジェラの立体複顔に目を向けるとそこには見知った顔。ザックが調査中の頭蓋骨から復顔したもの。出かけることも忘れ遺留品を調べるとそこには見覚えのある品々が。調査中の骨は行方不明のブレナンの母のものだった…

立体復顔を見た途端にブースが全てを察し「博士は裁判に行けなくなった」と電話を入れるのは名シーン。この後もブースは東奔西走、お兄さんのラスを連れてきたり証人保護を受けている関係者との面会にも成功。とても優秀な捜査官ぶりを発揮。服装がスーツだったりラフだったりするのは、仕事としてと自分の時間を使っても尽力していることの表われか?

教師と会計係だったはずの両親の隠された顔が明らかになる。貸金庫専門の窃盗犯。しかも別人に成りすましている。普通のサラリーマン家庭の失踪事件ではなかった。
ラスの覚えていた関係者はお母さんの死の説明をしてくれる。「自分とお母さんがテンペランスを連れて逃げるつもりだったが、お父さんに見つかって殴られた。目覚めると二人がいなかった」…ブースは信用できないと見る。案の定、家宅捜査すると頭蓋骨にある傷の凶器候補が見つかる。
「この凶器のことに触れないのなら真実を話してやる」と言われるが「証拠から真実を見つけてみせる」と真っ向から対峙する決心をしたブレナン。
気遣いながらも事実を隠さずに教えてくれた仲間達に応えるためにも、プロの顔を取り戻した彼女が素敵に見えました。

みんなが私を捨てていったと思っていたが次々明らかになる新事実。そんな中でもお兄さんとの関係が修復できたのは大きな心の支え。家族だものね。
で、ラスを自宅に招いてという時に留守電を再生すると「事件を調べるな」とのメッセージが。それはなんと父親の声!

これでお終い。続きは次のシーズンへ。
妙にトリツカレタ「異常犯罪捜査班」でも犯罪者家族の謎があった。しかし打ち切りのため放り出されたまま終了。でもこちらはクリフハンガーとしてしっかり盛り込まれてます。う、羨ましい…(笑)
ブレナンが外に出すぎることが不満なBONESですが(もっと骨に執着して欲しいのですよ)、今回は捜査ドラマとしての盛り上がりもあって楽しめましたよ。できれば前後編の方がよかったけど。早く続きを知りたいからかな。

「マルコ」「ポーロ」というのは米国で一般的な合言葉?「山」「川」みたいなものでしょうか。それともブレナンの兄妹間だけで通じるのかしら。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by josetangel
  • URL
  • 2006/12/04(Mon)17:52
  • Edit
オレオレ詐欺じゃないけど、子供の頃に別れたきりの父親の声がどうしてわかるんだ(笑)、とつっこみたくなりますが、それでも総じて合格点のシーズンフィナーレだったと思います。
願わくば始めからこのレベルを維持できたら良かったですね。とりあえず2シーズンはこの調子で少しでも多くの人に見てもらいたいです。
TBさせていただきました。

無題

  • by Jasmine
  • URL
  • 2006/12/04(Mon)22:22
  • Edit
こんばんは〜
いつも通りに終わるのかと思ったら、予想外の展開で面白かったです。
ブレナンの両親が連続強盗犯とは驚きました。
事件は解決出来なかったけど、ラスと仲直り出来たのが救いかな。
TBさせて頂きました。

無題

  • by Chocolate
  • URL
  • 2006/12/06(Wed)07:32
  • Edit
こんにちわっ。

シーズンファイナルでしたね。
私はこのドラマ結構好きでした。
最初はハマれなかったけど、見ていくうちに。

意外な展開でしたね。
ブレナンの両親は窃盗犯だったのかー。
でもお兄さんと再会できたのが救いでした。

このドラマってセカンドシーズンもあるのでしょうか?
ちょっと楽しみですー。

無題

  • by yasishi
  • 2006/12/06(Wed)12:08
  • Edit
◇josetangelさんへ
あー、確かにオレオレ詐欺かも。
なかなか良かったお話の流れにすっかり見逃してました。
S2はこの続きからスタートしてくれるんですよね?
ブレナンが外に出すぎる、というのは捜査に加わりすぎる、という意味でした。
もっと骨、骨、と言って欲しいなあ、ブースとの対比を強めるためにも(笑)


◇Jasmineさんへ
お兄さんとの気持ちの行き違いが解消されて何よりでした。
両親の謎の失踪がいきなり強盗犯の失踪事件に変わり、まして父親からの脅迫電話?と今までためておいたものを全部出してしまったかのようなシーズンファイナルでした(笑)


◇Chocolateさんへ
BONES、S2放送中らしいですよ。S1よりも評判いいという噂も聞きます。
最初設定が面白く、途中で何かつかみどころないなあ、とリタイアしかけました。
でもブースの設定を自分なりに決めてみたら面白いのなんのって(笑)
最終回は純粋に面白かったです。ブースやチームの仲間想い、ブレナンのプロ意識、バランスとれててよかったです。
このまま続いてくれるといいんですけどね。

TRACKBACK

Trackback URL:

BONES #22 「マルコとポーロの再会」

  • URL
  • 2006/12/04(Mon)
シーズン1・フィナーレ。BONESクリエーターのHart Hansonの脚本。だから本筋エピソードです。 変な邦題ですが、そのままの内容でした。犯罪捜査ドラマとしてぎこちなかったこのシリーズもだんだん良くなって来たように思います。それなのにこれで最終回とは辛いです。早く....

BONES #22

  • URL
  • 2006/12/04(Mon)
ブースは裁判で証言してもらう為に、忙しいブレナンを研究所から 連れ出そうとするが、ブレナンはアンジェラが再現した画像の 人物を見て動揺する。 困惑するアンジェラたちから再現した画像を見せられたブースは すぐにブレナンは証言できないと電話する。 その再現された人..

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]