忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

OZ−15「獣達」

アルコールを飲んで叱られたビーチャーだが最近のゴタゴタからシスターに大目に見てもらい、病棟で休む。そこへシリンガーがやってきて奥さんの自殺に関して意味深なことを言う。案の定ビーチャーは「もしかして…」と不安に。
こんなに計画が順調でシリンガーは嬉しくてたまらないみたい。
おまけにB区画に入ってきたシリルをいいようにしている様子。それを察したライアンはシリルを暴れさせ懲罰房に入れ、シリンガーの毒牙から逃れるように計らう。
「なぜおまえの弟だけ守ってやる必要がある」とライアンに言い放つマクマナス。そりゃそうだけれど、囚人の人権を考えたら何か手を打ってあげるべきでしょう。シリルは成人男子の思考を持ち合わせているとは思えないもの。シリルのためでもあるし、他の囚人のためでもあるのに。思考はついていかなくても力は立派なものですから。

性犯罪者の神父のお話。仮釈放になるというのに誰も彼を許していない様子。ムカダ神父でさえも彼のしたことが許せないという。彼も神父だからこそなのだろうが。
性犯罪者の登録制度というのはいかがなものなのだろう。刑期を終えても乗り越えられないというのは。殺人や強盗とは違って性癖という面も考慮するとやむをえないことなのかな。

リバドーの孫が白血病であると知り、ホイットがカンパを進言する。ケニーは子供だから茶化しているだけだろうが、他の人は概ね賛成する。皆さん親切ですね。自分の家族に重ね合わせてしまうのでしょうか。刑務所内で皆さんがあんなにお金を持っているというのは…。マクマナスも黙認してるし。
このシーン、覚えてましたが言い出したのがホイットだったとは気付いていなかった。彼の育ちの良さを表すエピソードですね。しかしたくさんの刺青。「尊敬」と読めましたが。

アデビシが女死刑囚の仕打ちに不安定になったり、ポエットが戻ってきてプライドを傷つけられたサイード、看守の目をくりぬくよう命ぜられたミゲル、と不安定な人がたくさんです。ミゲル、早まるなと言いたいのですが。

イタリア系のリーダーとしてナッパが登場する。刑務所内を仕切るために犯罪者になるのかって感じもしますが。
ナッパはどうしても清水圭さんに見えてしまう。ペリカン親分と彼のことを呼んでいる。ずっと以前に誰かが清水圭さんのことをそう言っていたのがとても気に入ってしまったので。

ケラーはまだ懲罰房にいるようでお休みでした。



Unknown (ゆうき)

2006-01-27 17:47:12

こんにちは。
TBありがとうござました。こちらからもさせて頂きました。
お金は、刑務所での労働から得た賃金ではないでしょうか? あまり映りませんが、一応働いてますし。もし可能ならですが、家族が送ってくれたりする事もあるのかもしれません。
イタリア系はナッパの入所でちょっとは地位が持ち直すでしょうか。



あ、そうか (yasishi)

2006-01-27 22:08:12

ゆうきさん、こんにちは。
そうでした、刑務所内で働いているはずでしたね。
目にすることが少ないのですっかり忘れていました。


コメントありがとうございました (kao)

2006-02-27 21:55:40

英語に四苦八苦しながら、今、このエピソードが終わりました。
アデビシですか!名前がどうしても聞き取れなくて。やっとわかりました。どうもありがとうございました。
この役者さん、演技力ありますね。
すごく頭が悪そうなのに、女性死刑囚に傷つけられてからは、人間味があるように感じ始めました。そういうふうに演技しているのでしょうね。

出演者の演技力に感服しつつ、「字幕が欲しい」と願う昨今です。



Unknown (yasishi)

2006-02-28 12:51:55

kaoさん、こんにちは。
おいでいただきありがとうございます。
英語で見てると余計に演技力に目が向くかもしれませんね。
また進行状況をお知らせください。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]