忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

急変しました

22日の朝にブログを書いた時には、とても予想できませんでした。
午後の散歩も大喜びで出発しました。
それなのに…

はじめて名前を書きますが、まさは22日夜に永眠いたしました。
うちに来て10年4ヶ月。年齢にしたら10歳半くらいかな。
先週食欲がでる薬をしてもらってからは、本当によく食べ、散歩も楽しみ、よく眠れていた。
午後の散歩の途中で急に歩けなくなり、帰宅すると息が荒い。
貧血が進んだとのこと。
止血剤を注射してもらったが、それで間に合う状態ではなかった。
そのまま家で息を引き取りました。
様子がおかしくなってから7時間程度ですよ。
散歩だって走って私を迎えに来たのに。
ウンチも健康そのものだったのに。

何も治療しなければ2〜3ヶ月の余命、発見された時点で転移している可能性が高い、元気そうに見えても病状は確実に進行している、
獣医の説明やネットで調べた血管肉腫の情報は本当だった。
何の治療もしないと決めたのは、切除すれば治癒の可能性がある他の腫瘍と違い、血管肉腫に待っているのは「いたちごっこ」だと知ったから。
疲れやすいものの、運動量にさえ配慮してあげれば普通の生活ができていたと思う。
出血しっぱなしなのかと心配されたけれど、それも治まり好きな場所で寝そべることができたし。
最期の数時間だけは苦しかったけれど、それまでは気分が悪いだけで痛みや苦しみはなかっただろうと獣医も言ってくれた。
まさもそう思っていてくれたかな。
一緒にいる時間数じゃなくて、楽しく一緒にいることを選んだのをまさはどう思っていたのかな。
苦しんでいるのに、撫でて手を握るだけだった姉を許してくれるかな。

私は人間だから、まさの匂いを忘れてしまうと思う。
あんなにいつもかいでいたまさの匂いでもだめだと思う。
大好きな匂いを覚えていられない、人間の嗅覚能力の低さが恨めしい。


病名に動揺して泣き言を書いてしまっても、あたたかい言葉をかけてくださったみなさまに感謝しています。
哀しい別れは誰にでもあること、自分だけに与えられたわけではないということも、書かなかったら気付くことさえできなかったと思います。
最期こそ辛かったですが、まさも私たちも仲良く楽しくいられました。
あのまま苦しいのなら翌朝には安楽死をも考えましたが、
私たちには決断をさせず、まさは自分で最期を決めて逝った本当にやさしい弟でした。
介護をさせてくれてもよかったのに、とも思いますがそれはまさが許さなかったのかもしれません。

もう少ししましたら、また仲間に入れてくださいませ。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Anne
  • URL
  • 2007/01/27(Sat)11:01
  • Edit
こんにちは。yasishiさん、お気持ちが回復されるまでには、ずいぶんとかかると思いますし、わたしの言葉に、どのくらいの効果があるのかはわからないですが、絶対にまさちゃんは幸せだったと思います。大切に思ってくれて、心にずっと置いていてくれる人に出会えただけでも、とても幸せなことだと思います。人間同士だって、なかなかそんな相手には出会えないものなのに。絶対にまさちゃんはyasishiさんに感謝していると思います。
こんなことしか書けなくてごめんなさい。支離滅裂です。すみません。

無題

  • by Azusa
  • 2007/01/27(Sat)11:43
  • Edit
こんにちは、おひさしぶりです。
まさちゃん、頑張ったんですね。最期は辛かったかもしれませんが、大好きなお母さんとの最後の散歩は楽しめたのではないでしょうか。
診断がくだされてからの毎日は辛いことが多かった思います。でもいつもどおりの生活をして、お母さんの愛情をいっぱい受けて旅立てたまさちゃんはとても幸せだったと思います。

まさちゃんの匂いは忘れてしまうかもしれませんが、それ以上に楽しかった思い出は確実に覚えていられるはずです。yashisiさんがまさちゃんにあげた愛情の分だけそれは鮮明なはずです。
立ち直るまで時間がかかると思いますが、姿が見えなくなってもまさちゃんは大好きなお母さんの側にいてくれていますよ。

私みたいな若輩ものが偉そうなこと言ってごめんなさい…。また元気になられたらお話しましょうね。

無題

  • by atsumi
  • URL
  • 2007/01/27(Sat)19:15
  • Edit
私が泣いてどうすんだ、でも
泣けてきちゃう。yasishiさん、
いっぱい思い出して、たくさん悲しんで
時間かけてください。
あーだめだ、鼻水でてきた、くそー。

無題

  • by suubi
  • URL
  • 2007/01/27(Sat)21:21
  • Edit
まさちゃん、yasishiさんの気持ちが安らかで
ありますように…。
すみません、あまり言葉が出てこないです…。

無題

  • by さとうさんた
  • URL
  • 2007/01/27(Sat)23:19
  • Edit
yasishiさん、本当にお辛いことと思います。私もお話を伺って胸が潰れそうです。
まさちゃんはyasishiさんと一緒に暮らせて幸せな一生だったと思います。

まさちゃんどうぞ安らかに。

そしてyasishiさんもお大事になさってくださいね。

無題

  • by nyan-routine
  • 2007/01/28(Sun)20:34
  • Edit
yasishiさんは、何年たっても、まさちゃんのことは忘れない、忘れられない。そのためにも、今は、まさちゃんとの日々を何度も何度も思い出して、臭いや、声や、感触を忘れないよう、じっくり時間を過ごしてください。

私は今でも10年前のあの日のことは、忘れてない。10年たったときに、はっきりと思い出せる、今の時間を過ごしてください。ずっと一緒です、まさちゃんは。。。

無題

  • by びち
  • URL
  • 2007/01/30(Tue)00:09
  • Edit
yasishiさん、驚きました。
お心お察しします。
でも大丈夫、まさちゃんの事、忘れるはずがありません!これは私が保証します。
私だって、もう14年になりますが、愛犬の事は忘れた事がありません。
何かあるたびに、チャックがね・・と話します。家族ですもの、においだって忘れられるはずがありません!
まさちゃんは亡くなってもyasishiさんの心の中にいます。「千の風になって」という曲が流行っていますが、あの通りです。
うちのチャックが逝ったのは2月3日でした。私も思い出して涙が出てきました。
一杯泣きましょう。そして、元気になってください。まさちゃんのためにも。

無題

  • by Jasmine
  • URL
  • 2007/01/30(Tue)11:38
  • Edit
最近は落ち着いてきているのかなと思っていたら
突然の事で驚きました。
まさちゃんはyasishiさんの家族の一員で
本当に幸せだったと思います。
きっとyasishiさんを見守ってくれていますよ。
また元気になれられて、いろいろお話出来るまで待ってます。
お体を大事になさって下さい。

無題

  • by Chocolate
  • URL
  • 2007/01/31(Wed)00:07
  • Edit
yasishiさん

驚きました。
まさちゃん最期まで頑張ったんですね。
きっとyasishiさんとの楽しい想い出をいっぱい持って
天国に行ったんだと思います。
暫くは辛いでしょうけど、気持ちが落ち着くまでyasishiさんも休んで下さいね。
まさちゃんのご冥福をお祈りします。

無題

  • by yasishi
  • 2007/01/31(Wed)17:01
  • Edit
みなさん、コメントありがとうございます。
みなさんに送り出してもらえて、まさも心強いと思います。
辛気臭くてごめんなさい。

◇Anneさん、
最近お近づきしていただいたばかりなのに湿っぽい話で申し訳ありません。

◇Azusaさん、
まさは一応弟なんですよ(笑)
そろそろ本番では?
また息抜きに来てくださいね。

◇atsumiさん、
泣けてきちゃいましたか。
atsumiさんこそ猫さんのことがショックでしょうに。
偶然ですが呼び水になってしまったようですね。

◇suubiさん、
こんな湿っぽい話を聞かされても…ですよね。
ただ、気持ちを吐き出したかったのです。お許しを。

◇さとうさんたさん、
誘拐される心配もなくなったので名前は公表しましたが、写真はどうしても載せる気持ちにはなれませんでした。
シロちゃんの写真は楽しみにしてますよ。

◇nyan-routineさん、
忘れることなんてできないと思います。
悲しみを引きずるのはまさのためにもならないとは思いますけどね。

◇びちさん、
チャックちゃんの命日近くに思い出させてしまったようで申し訳ないです。
犬は匂いを引き出しに入れておくように、閉まったり出したりできる能力があると聞いたもので、
私もそんな力があったらなあと心底思ったもので…

◇Jasmineさん、
私を引いて歩いていたのに、数時間後には自力で立てないという状態でしたのでショックが大きいです。

◇Chocolateさん、
苦しそうな様子をみて、「ガンバレ」とは言えませんでした。
ただ「ここにいるからね」としか…

無題

  • by ぽっこ
  • URL
  • 2007/02/02(Fri)21:29
  • Edit
ごめんなさい、私気がつくのが遅くて…。
一瞬目を疑いました。

まさちゃんというのですね。
まさちゃんは愛するYasishiさんたちに
見守られていたのですから
安心して天国へいったんだと思います。
でもまさちゃんはYasishiさんの心の中でいつまでもいっしょですよ。そう信じています。

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2007/02/02(Fri)22:07
  • Edit
遅ればせながらまさちゃんのご冥福を祈ると共に、たくさんの素晴らしい思い出を大切に・・・

無題

  • by yasishi
  • 2007/02/03(Sat)08:53
  • Edit
◇ぽっこさん、Garotoさん、
コメントありがとうございます。

落ち着いたかな?と見せかけておいて、急に逝ってしまいました。
救いなのは長患いでなかったということでしょうか。
でも、最期は苦しそうで苦しそうで。
助けることができない自分を呪いました。
予期しなければいけなかったこととはいえ、ぽっかり空いた穴は寂しいです…

無題

  • by rosedale
  • 2007/02/05(Mon)16:14
  • Edit
こんにちは。

私が旅行前に最後に読んだのは落ち着いたという記事だったので、突然の悲報に驚いてます。

部屋が寒くなった、時間の使い方がわからない等、うちも去年老犬がいなくなったばかりなのでとってもよくわかります。それだけ大きな存在だったってことですもん。苦しんでいた最後を忘れられないのもわかりますが、まさちゃんはきっと楽しかったことを思い出して欲しいはず。今は無理でも、少し落ち着いたら、まさちゃんがくれた楽しい日々をいっぱい思い出してあげてくださいね。

無題

  • by yasishi
  • 2007/02/07(Wed)10:09
  • Edit
◇rosedaleさんへ
お帰りなさい。
そしてお気遣いありがとうございます。
私も元気だという記事を書いたその日に逝ってしまうとは思いませんでした。
数時間前まで考えもしませんでしたよ。
注射が効いてくるのをまさと一緒に待ってましたもの。
日が経つほどにまさの存在の大きさを実感します。
あんな小さな身体で私を支えてくれていたんだなあ、と思うと感謝の涙があふれます。
今は痛みも苦しみもないところでお友達と過ごしているのだ、と言い聞かせてはいるのですが…
何もかもがまさに結びついてしまい、どうしようもないこともあります。
そのうちに哀しんでいい時期を抜け出せることを信じてます。
rosedaleさんも昨年亡くされたばかりなのに、想い出させてしまったでしょうか…

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]