忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

CSI:NY2−6「青い血」

まったく、金持ちってヤツは…といいたくなりますね。
よかったことと言えば、ドンちゃんの出番が多かったことかな。
でもNYって、CSIシリーズの中で一番刑事の位置が下っ端かも。

金持ちオジサンが殺された事件、実はトバッチリ。
自分をバカにした小娘に仕返ししたかった方が先。
雇い主の方を先に撃ってしまっただけで、
あたふたしているうちにエレベーターの扉が閉まって完遂できなかっただけという、間抜け犯。
こっちの犯人は金持ちではないけれど、被害者の方ですよ。
50歳過ぎてるのに、若い女の子をとっかえひっかえ。
おまけに通りでも自宅でも場所を選ばず、連日のファイト(笑)
全然落ち着かない元気なオジサン。
本当の被害者になるはずだった高校生のうちも金持ちでしょ。
彼女のお父さん、自分も若い女を連れてるくせに(後妻?)「娘に手を出すな」って。
聞いてくれるわけないですよ。
あの高校生、成績良くて家も裕福。
何が哀しくてバーでオジサンハントするのかね。

もうひとつの方も、金持ち坊ちゃん達のイタズラが原因とは。
今の情報が溢れている世の中で、大学までいったくせにアレルギーの恐さを知らないなんてバカにもほどがある。
関心のないことにはとことん無知。
それでいて自分達が一番だと思って異端のものを排除したがる。
子どものままじゃないの。

金持ちの家の子ってなんだかよくウォールクライミングしてるみたいだけれど、気のせいかしら?

ところで新しい検死医、あのメガネを含めてロボっぽい部分がなんだかツボ。
あのメガネ、私も欲しいなあ。
でも私、一日中かけたままだからあのカチッとはあんまり楽しめないな。

最後まで残った疑問。
my箸?
あんな持ち方練習、私には新鮮だったな。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by ぽっこ
  • URL
  • 2007/02/14(Wed)18:45
  • Edit
NYはアメリカンドリーム目指してやってくる若者がいる一方で金にもの言わせて
堕落しきっている人達もいますね。
若者たちが夢を掴んだあとは
あの金持ちオジサンみたいになっちゃうのかもしれないと、心配したり。
そんなドリームにのれず、そのフリをした被害者には哀れみを感じます。

もうちょっとマシな人はいないのか…って思った今回のエピでした。

TBさせて頂きますね♪

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2007/02/14(Wed)20:07
  • Edit
ドンちゃん、まだ若いから?
いえいえ、他の捜査官たちがガッチリスクラム組んで働いてるので、入り込むのが難しいのではないでしょうか。
マイアミなんてトリップがいないと困ることが多いし。

でも今回のドンちゃん、見せ場が多くてよかったです。
ドンちゃんってマイアミカリーと話が合いそう。
二人で一緒に捜査させてあげたくなってきました(笑)

検死官オヤジの眼鏡、なかなかいい感じでしたね。彼のチャームポイントになりそう。
TBさせていただきます。

無題

  • by びち
  • URL
  • 2007/02/14(Wed)23:23
  • Edit
ドンちゃまが、がんばってくれると嬉しいです。マックについて、お勉強中って感じでしたね。
馬鹿オヤジの娘は、やっぱり馬鹿姉ちゃん。そしてつきあう男も馬鹿オヤジ。振った相手も馬鹿オヤジ。あぁ馬鹿の連鎖が始まってる!
マイ箸ね・・・しかも剥き出しのままポッケに入れちゃう。日本食なら、魚はつきもの・・って事はオヤジのポッケは、生臭い?!笑
TBさせていただきます。

無題

  • by yasishi
  • 2007/02/15(Thu)09:29
  • Edit
◇ぽっこさんへ
若いのもバカ、年取ってもバカ、とまともな人はいないのか?というNYです。
まともな人は事件なんて起こさないから、ここには登場しないんですよね(笑)
貧しいところから這い上がって何かをつかんでも、
感覚が麻痺してしまうってこともありますね。
もしかしたらパワフルオジサンはこの口だったのかも。だから喧嘩早かったりして。


◇Garotoさんへ
ドンちゃんは若いからだけではないものを感じます。
順調に出世したとしても下っ端感は消えないような気がします。
NYはCSIがキチンと仕事してるから「ドン、いなくても…」ということがたまにありますね。
検死官のメガネ、素敵ですよね。
今まで表に出ていなかっただけで、ホークス先生と同僚ってことでいいんですよね。


◇びちさんへ
当然のように作業衣を着て実験の助手を務めるドンちゃんが健気でよかったです。
違和感を持たないのか、ドン?(笑)
彼がお利口さんな分、出てくる事件関係者はバカのオンパレードでした。
マイ箸、ポケットにむき出しinでしたね。
箸箱一体型のジャケットくらい持ってそうですね、金持ちだから。
あら?ヒガミかしら。

無題

  • by Anne
  • URL
  • 2007/02/15(Thu)12:47
  • Edit
エレベーターのふたり、エレベーターに並んでるときから演技は始まっているんですよね。ある種のプレイみたいな感じですか? どちらにしろあの娘も、通報もせずに逃げた挙句にわたしは優秀なのっていわれてもねぇ。いつか同じ目に会うぞと思ってしまいます。
そして池の事件も、なんとも言えずいやな感じ。もう少しまともな犯人(?)はいないのかしら…。

無題

  • by yasishi
  • 2007/02/16(Fri)09:17
  • Edit
◇Anneさんへ
金持ち娘も池の事件の大学延長生も罪の意識なさすぎです。
感覚が麻痺しちゃっているのでしょうか。
なんだかおバカ度満点な今回のNYでした。
いつも一風変わった事件ですけどね(苦笑)

無題

  • by rosedale
  • 2007/02/16(Fri)11:01
  • Edit
こんにちは。
マイアミもNYもバカばっかりですね(笑)。
マイアミの人たちは見るからにバカだけどw。
やっぱり天候のせいかしら。
警察の人でさえ賢く見えません…。

あのロック銃、物凄い命中率だったのに、
一発しか詰められなさそうなのが残念でした(^^;)。

TBさせていただきます♪

無題

  • by yasishi
  • 2007/02/17(Sat)09:06
  • Edit
◇rosedaleさんへ
ハンドルロック銃、所詮素人の改造銃ということでしょうか。
しかし、バカばっかりでしたね。
あんなことを大真面目に捜査しなければならないCSIは本当にご苦労様です。
今見ているマイアミはS2がもうすぐ終わりなのですが、バカばっかりなのは同様ですが、あそこは時間の流れがおかしくないですか?
どうも笑っちゃうんですよね。

TRACKBACK

Trackback URL:

CSI:マイアミ4の#89とNY2の#29更新しました

  • URL
  • 2007/02/14(Wed)
マイアミ4 #89「独りぼっちの過去」 早朝、車を猛スピードで何かから逃げるように走らせる女性。つねに後方を気にしている。それもそのはず、他の車が彼女の車にぶつかってくるからだ。 ついに彼女の車は柱に激突する。 C

CSI:NY「青い血」

  • URL
  • 2007/02/14(Wed)
今週もNYの勝ちかな? っていうか毎週NYが勝ってる気がするけど。 一つ目は若い子趣味な金持ちオヤジがお手製銃で撃たれる話。 ドンちゃんが最初から最後までしっかりマックにくっついて銃を分析、 犯人逮捕にこぎ

CSI:NY2 「青い血」

  • URL
  • 2007/02/14(Wed)
 ペントハウスに帰ろうとした男性が、エレベータが開いた途端いきなり銃で撃たれて死ぬ。この場には、少女がいたが彼女は名乗り出る事はなかった。そして、調べを勧めていくうちに、凶器は普通の銃でない事が判明する。

CSI:NY S2 Youngblood

  • URL
  • 2007/02/16(Fri)
マイアミの住民はみなさん揃ってオバカちんですが、 NYのオバカちんたちはみんな金持ちでした(^^;)。金もあって勉強もできて毎日が相当退屈だったらしい贅沢な女子高生の趣味は、オジタマ漁り。連れのオジタマは、そんな高校生に無視されて逆恨みした男の襲撃を食らってあの世へ行ってしまった。ご愁傷様。女子高生の父親もこれまた若い女を連れていた。そういえばマイアミではまたホレイショの過去が明らかに。虐待親父に母親を殺されていたとか。みなさん壮絶ね(^^;)。でも・・・あんなブサキモな怪しいおっさんに「警察だから大丈夫。こっちへおいで」って言われてついてく子供はオバカさん。子供と喋る時、顔寄りすぎな...

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]