忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

ベルベット・レイン

ベルベット・レインベルベット・レイン
トウ・チーロン ウォン・ジンポー アンディ・ラウ

日活 2006-02-10
売り上げランキング : 28767

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

劉徳華と張学友、友情と仁義。
「いますぐ抱きしめたい」をイメージせずにはいられない。
兄貴分とやんちゃな弟分という役柄もそのまま。
うれしくなるじゃないですか。
でも…これは…

いいんですよ、アンディは魅力的な若きボスだし、
ジャッキーも俳優としての力も見せつけてるし。
ただ時間が二つ流れていたにしてはツライ。
だって若者の服装、どうみても20年前には見えない。今風すぎる。
チンピラに襲われたターボが顔は無傷で右手を執拗に攻められる、
イックに助けられた後に発した「家族皆殺しだ」、
この種明かしまでわからないっていうか、
そう思いつつも映像に時代変化が感じられないのが哀しい。
あえてそうしているのだったら、イチャモンでしかないですね。
でも違うんじゃないかなあ?
話の流れは好きだったのに、コレが気になっちゃって…

俳優陣の魅力は十分堪能できる。
だから余計気になる。
「いますぐ抱きしめたい」が見たくなりました。
この映画のアンディとジャッキーの関係は最高です。
いや、ベルベット・レインの二人もそうですが(笑)

いますぐ抱きしめたいいますぐ抱きしめたい
アンディ・ラウ ウォン・カーウァイ マギー・チャン

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2006-06-23
売り上げランキング : 52444

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2007/03/03(Sat)19:41
  • Edit
「ベルベット・レイン」映画館で観ました。
学友のハジケ具合はなかなかお茶目でした。
でも内容的にはもっとマイナーな映画「姐御」の方が面白かったかも。
「今すぐ抱きしめたい」は名作でしたね。
そして「欲望の翼」みんな若くて素敵でした。

ともあれ四大天王が頑張ってくれるのは嬉しい事です。

無題

  • by yasishi
  • 2007/03/03(Sat)20:17
  • Edit
◇Garotoさんへ
学友はいいですよね。
歌手としても俳優としての彼も大好きです。
シリアスものも「ハイリスク」のおバカさもよかったです。

で、「ベルベットレイン」ですが。
内容はがっかりというよりも肩透かしです。
「いますぐ抱きしめたい」の記憶から期待しすぎちゃったのかな?
四大天王と持ち上げるのには引いちゃいましたが
今も輝き続けているのはさすがです。
本物だったんだなあ。
「姐御」はこの監督の2作目のですよね。

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]